トレードで暴利をむさぼる方法

この記事は約4分で読めます。

誰しも夢見る資金爆増。

トレードの最終目標と言っても過言ではありません。

これは夢物語と言う訳ではなく、理屈に乗っ取れば不可能ではありません。

その理屈とは以下となります。

信じる・信じないはあなた次第です。

スポンサーリンク

手数は少なくて良い

デイトレードにおいて、手数が多いと言うのは単なる無駄です。

その無駄がどうしても必要なのであれば、仕方ありませんが。

手数は少なくとも良い。

むしろ少なければ少ないほど効率が良い。

日々、利益が出れば良いのです。

その理由は、利益を再投資することにより、加速度的に資金を増やすことができるからです。

加速度的と言うのは、以下のようなグラフを意味します。

資金の増加がこのような状況となる時、一日当たりのトレード回数なんざ、気にする必要はありません。

東証が開いている日は、年間およそ250営業日に及びます。

その間、やればやるほど資金が増加するのであれば、一日の手数を気にしても仕方ないのです。

そう言い切れるほど、東証は毎日開いています。

むしろ、資金増大の必須条件は以下となります。

損をしないこと。

損をしてはいけない

損をすると、右肩上がりの資金急増曲線が打ち止めになってしまいます。

私たちはその損を減らすために、やむなく損切りをしているだけです。

損さえしなければ、資金は増える可能性が高いと言えます。

理屈上は。

最優先の重要項目です。

そして、一日当たりの利益は極小で構いません。

それでも資産を急増させることは可能です。

例えば、100万円でトレードして、一日に0.1%資金が増えたとしましょう。

金額にして+1000円です。

1000円かよ!

それでも理論上は資金を急増させることが可能となります。

その理屈とは以下です。

0.1%で良い

0.1%1.284
0.2%1.648
0.3%2.115
0.4%2.713
0.5%3.479

上表は資金を数%ずつ増加させるとし、250回同じことを繰り返した場合の結果です。

最上段について言えば、資金を0.1%増加させ、250回繰り返した場合、増加率は1.284倍となります。

250回と言うのは、東証の年間営業日を参考に設定しました。

1.284倍は、ざっと3割増しです。

0.5%ずつ増加の場合には、3.5倍近くになります。

一年で資金が3.5倍になったとしたら、十分過ぎる結果と言えます。

ただし、これを達成するには条件があります。

利益を再投資しなければならないと言うことです。

利益は再投資する

100万円でトレードし、1000円儲けたのであれば、その利益を再投資しなければなりません。

次は100万1千円でトレードする必要があります。

その次も同じく。

最初の元手と増加分を全て使って、さらに資金を増やす必要があります。

そうしなければ、上記グラフのような増加にはなりません。

ここで手綱を緩めてしまうと、上向きの資金増加曲線が打ち止めになってしまいます。

ある意味、常に全力ポジが求められます。

それがこの理屈の難しいところです。

しかし理論としては正しく、実現できれば誰がやってもそうなります。

グラフは右に行けば行くほど、垂直に近いくらいの右肩上がりとなり、資金は爆増。

100万円が兆になる日も近いのであります。

兆?

実はこの説には限界があります。

図体がデカくなればなるほど、不利になると言うことです。

図体がデカくなるほど不利

資金増加のグラフの上向きが垂直に近くなるくらい、資金が爆増する。

何とも夢のあるお話ではありますが、それが可能であれば、資金はすぐに国家予算を超えてしまいます。

現実にはそれは不可能で、資金が増加すればするほど色々な制約が出てきて、増加率は頭打ちになります。

たとえば、いくら資金が多くても、ザラバで出ている板より多くの株は買えません。

買えないと言うことは、もはや資金を増やすことはできないと言うことになります。

とは言え、この理屈は資金を急増させるためのモデルとなるお話です。

そして、あえて当方は言いたい。

「全ての仮定法は意味を持たない」のであります。

成しとげた者のみが勝者となるのです。

さて、本日のデイトレードですが。

新規建て代金合計330万円。

トレード銘柄数1、売買回数1、損切りなし。

損益+2万円。

ワンショット金額増加の上、ピンポイント限定でインしました。

なお、本日デイトレにて投入した資金に対しては、約0.6%の増加。

今日も何とか助かりました。