コロナウィルス旋風続報|新型肺炎騒動を時系列で追って安心を得たい

この記事は約8分で読めます。

新型肺炎の感染者数の経緯や回復への途上をまとめます。

この騒動が収まるのはいつになるのでしょうか。

一説によるとピークは春、終息は梅雨頃との説も。

次々と現れるニュースを時系列で追い、何とか心を落ち着けたいところです。

神奈川の80代女性が亡くなる【2020年2月13日】

新型コロナウイルスに感染していたこの方、目下のところ感染経路は不明。

感染者が亡くなったケースは日本国内初です。

コロナウィルスに感染したバスの運転手が退院【2020年2月8日】

報道によりますと、当初話題となったバスの運転手の方の状況は快復傾向にありました。

この男性は60代。

コロナウィルスに感染した日本で最初の患者は、武漢からのツアー客とバスに同乗していました。

この男性、車内でマスクはしていたと言う話。

その後入院し治療を受けていましたが、退院されたとのことです。

警告の医師が新型肺炎で【2020年2月7日】

ネット上で警告を発した中国の医師が武漢の病院で亡くなりました。

噂を流したとして拘束された医師は30代。

ご冥福をお祈りします。

ネット民の反応

  • 闇を感じた。
  • 彼は本当の医者だ。
  • 笑えない状況になった。
  • あいかわらずマスクが足りない。
  • いち早く気づいた方が気の毒だ

日本での感染はどのくらい広まっているか

新型コロナウィルスのリアルタイム発生マップ

感染者数と犠牲者の数を示す赤丸がどんどん膨張しています。

ジョンズホプキンス大学が公開しているサイトで、確認されているトータルの状況(世界全体)は以下。

  • 感染者数:24,505人
  • 亡くなった方:493人
  • 快復された方:902人

(2020年2月5日13時現在)

  • 感染者数:31,485人
  • 亡くなった方:638人
  • 快復された方:1604人

(2020年2月7日16時現在)

  • 感染者数:43,141人
  • 亡くなった方:1018人
  • 快復された方:4340人

(2020年2月12日0時現在)

注意すべきはこれらの数はあくまで「確認された」とする数です。

潜在的な感染者がこの背景に多数存在するであろうことは想像に難くありません。

気になる日本の状況は?

同様にこのマップによりますと、日本の状況は

  • 感染者数:22人
  • 亡くなった方:0人
  • 快復した方:1人

(2020年2月5日13時現在)

  • 感染者数:25人
  • 亡くなった方:0人
  • 快復された方:1人

(2020年2月7日16時現在)

  • 感染者数:26人
  • 亡くなった方:0人
  • 快復された方:9人

(2020年2月12日0時現在)

まだ人数は少ないものの、予断を許さない状況です。

クルーズ船の感染者61人【2020年2月7日】

驚くべき感染力?

日本国内の感染者が一気に増えました。

クルーズ船内の患者数は

  • 感染者数:61人
  • 亡くなった方:0人
  • 快復された方:0人

(2020年2月7日16時現在)

  • 感染者数:135人
  • 亡くなった方:0人
  • 快復された方:0人

(2020年2月12日0時現在)

となっています。

発覚していない分の感染者を含めたら一体どのくらいの数になるのでしょうか。

思いのほか感染拡大は早いです。

1人は重症

今後の感染者の状況が不安です。

豪華客船で船旅を楽しむはずが、一転病気に感染とはお気の毒としか言いようがありません。

この騒動は一体いつおさまるのでしょうか。

気候が暖かくなったら終息するのでしょうか。

ジェット風船自粛のお触れ発動【2020年2月7日】

ジェット風船とは

しばしばプロ野球観戦において観客により飛ばされる風船。

風船の空気が噴出されることにより、推進力を得て飛んでいく仕組み。

なぜジェット風船の使用を自粛?

吹き込んだ息が放出されることによって、飛沫感染するおそれがあります。

従来よりインフルエンザの流行に伴い自粛が行われて来ました。

今回も新型コロナウィルスの発生により、ジェット風船の使用を自粛する動きが出ています。

パニック注意

人の集まる場所ではマスクが必須?

駅、病院、学校など、多数の人が集まる場所ではマスクが必須であるとの一般論。

東京のドラッグストア等では一時、マスクが売切れとなりました。

マスクが足りないとの連想からか、株式市場では関連の銘柄が急騰。

急騰・急落のコロナウィルス関連株【2020年2月6日】

株式市場ではマスク関連に限らず、ウィルス関連とされる銘柄が急騰し3倍あるいは4倍まで上がるものもありました。

しかしその動きは一転、軒並みストップ安となるなど、不安定です。

複雑怪奇な株価の高騰と下落は、予測のつかない新型コロナウィルス騒動そのものです。

今後を占う患者の回復動向

最初の感染者がどうなるかは一つの判断材料

快復した患者は退院し、どのような状態になるのでしょうか。

これらは大事な判断材料となります。

病状がどのように進むのか、完全に治癒して事なきを得るのか?

減圧室内での最新の医療とは

減圧室とは、室内の気圧を下げ外部にウィルスが漏れないようにした部屋。

患者は目下のところ、最新の医療を減圧室内で施されている状況です。

高齢であったり持病がある場合などが危惧されます。

新型コロナウィルスの特効薬は目下のところないとされているのです。

専門家の意見を聞きたい

デマ情報に惑わされてはいけない

私たちに出来ることは怪しい情報に振り回されないようにすること。

確証のあるデータを見る必要があります。

上記のリンク先は厚労省のサイトであり、随時最新の情報が更新されます。

運悪く感染してしまった方々には心よりご快復をお祈りする次第です。

新型肺炎で嵐山も金閣寺も人がいない【2020年2月6日】

京都が大変なことに。

前代未聞の新型コロナウィルス問題噴出で、古都の観光客は激減中。

人っ子一人いない状態らしいです。

ネットの反応

  • 「ドラッグストアは激込みよ」
  • 「すいていて風情が感じられた」
  • 「東京では観光客が全然減っていない」
  • 「京都の大型家電店がガラガラでゆっくり見られた」
  • 「通常に戻っただけ」

人の行く裏に道あり花の山

株の格言によると、人が売る時には買って買う時には売れ、とのこと。

とするなら今、京都の観光地は穴場。

人混みだらけの街中で、おっさんが「ドアッホ!」とクシャミをかましている花粉症の季節。

京都が閑散としているのなら今がチャンス。

「飛沫」を避けてノーストレス。

観光地だけではなく普通の店舗・交通機関もすいている

混んでいる場所は危険?

そんなにウィルスが怖ければ、家でじっとしているしかありません。

買い物は通販。

それが一番安全です。

そうなると経済全体では大打撃。

あらゆるおカネの動きが鈍ります。

日経平均、大丈夫なのでしょうか?

スカスカな京都の画像

京都は今、こんな感じです。

美女による現地レポートはこちら。

新聞社もツイートで嘆く状況です。

おうちでじっとしているのも良いですが、この状況ですと京都の観光地はなかなかよろし。

下手に人混みに出向くよりは。

都会の人ごみの肺炎リスク

リスクを下げるならすいている場所

観光客の少ない京都なら、店員さんも普段にも増して親切です。

大事なお客様ですから。

考えてみれば京都に限らず、観光地は似たり寄ったりの状況かも。

観光地のおいしいレストランを堪能するなら今です。

注意:イベントや行事の人出はそれなりにある

外国人、とりわけ中国からのパックツアーが減ったと言うだけのようです。

本来京都と言う場所は、オフシーズンは閑散。

しかし節分祭などのイベントはこんな様子です。

ですから、本当にすいている場所を狙うならイベントや行事を避ける必要はあります。

桜の季節にはぼちぼち人が集まり始めることになります。

パックツアーの季節は暖かくなり始める春以降です。

本来の日本の姿に戻る?

今や静かな京都を楽しめる状況に戻ったと言うこと。

とあるご老人によると「わしが学生の頃には平日の観光地はこんなもんじゃった」とのこと。

実は、これが本来の日本だったのかも。

八坂神社の厄除けぜんざい、嵐山のお寺で縁側に座りお抹茶もよろしゅうございます。

ここは一つ、京都でまったりしたいところです。