株の誤発注でハシゴから真っ逆さまに落下を食らい退場する失敗の考察

この記事は約4分で読めます。

株で損は慣れたもの。

ガッツリやられてさすがの私も凹みました。

原因は、誤発注。

しかもその誤発注に気づいていない。

これ、たまにあります。

投げたと思ったのに一部が残っていてそのままと言う現象。

意味不明のままバックドロップを食らった状況。

スポンサーリンク

寄り付き直後やられるのが日課

昨日に引き続き、急騰銘柄に執拗に食い下がる手法に切り替え、チャンス待ち継続をしていましたが、一転、チャンスが少ない。

おまけに厚めの損切りが2回も出て、寄り付き直後いきなり-1万円以上やられました。

もうデイ、やる意味あるのかよ!と自問の中、要興業、C-OKなど、ちょっとヤバそうな、下手をしたらS安張付けリスクを伴う危険な株ばかりが盛り上がります。

こんな状況でナンピンの上、S安に張付けられたら確実に退場決定になってしまいますので。

それだけは気をつけました。

急騰株を探しプラス圏に浮上

今日、決算発表ってなかったっけ?

実に間の抜けた自問です。

そのくらい調べておけよと。

決算が多いなら急騰株も多くなるでしょ、と思ったんですが…、

その程度です。

そんな程度でデイ収支マイナスの中、しょぼい急騰株で一気にプラスへ到達。

やっぱり急騰株、効果あった!

急騰株だけやっていればいいんじゃないのか?

今まで何やってたんだよ?

デイトレはプラス益が正義。

マイナスでは株をやる意味がない。

S安にハマるなど問題外。

逆張りばかりやっているからS安にハマる訳です。

本日も急騰株を探し続けました。

スポンサーリンク

ワンパンKO致命傷を避ける注意深さ

不思議なことに、本日はS安から戻してきたような、昨日までダメだった株ばかりが急騰します。

要興、OK、森組、ビート。

監視はしていましたが、ほとんど入ることができませんでした。

買ってすぐ退場、ワンパンKOで致命傷を食らうのだけは避けなければなりませんので。

重い腰を上げて、本日の決算発表を調べたら、相模ゴム1件だけ。

それで朝方、藤倉ゴムとか上がってたのか…と妙に納得。

(本当にそのせいかどうかは不明。)

昨日は決算発表が400件弱あったようなので、それで急騰株が多かったんだと。

決算発表が1件じゃ、急騰株なんて出ないんじゃないのか?

不安に襲われました。

それでも前引け時点のデイ収支+4000円、マイナス1万円以上から回復したので一応の納得。

昼休憩のデイトレ準備は

実にデイトレは難しい。

実に毎日が卵かけご飯。

栄養バランスについて言えば、鶏卵と言うのは必須の栄養がほとんど入っているにも関わらず、廉価であると言う不思議な食材。

卵に不足している栄養と言えば、ビタミンCくらいではないですか?

卵かけご飯に、キャベツでもかじっておけば、健康は維持されます。

それ以上食べても意味ないですから。

デイトレーダーにムダ飯は必要なし。

あとは水でも飲んでおけやと、あくまで自分に厳しい私です。

後場こそプラスを伸ばしたい。

その意気込みで水をガブ飲みして12:30を迎えました。

やる気満々。

スポンサーリンク

ボケっとトレード一撃KO

後場寄り直後、損切り、損切りでデイ収支、プラマイ0。

ここまでは良くあるパターン。

その後、来たるべきものが来ました。

セルシードにインして含み損、ナンピン、損切り。

はい、また負けパターン。

しかし、来たるべきものはコレではありません。

もっともっと怖いものです。

次の銘柄を探していました。

しばらくして気づくと「アレ?何だこれは?」嫌な予感がしました。

実に私の時々やらかす得意技、「ボケっとしていた。」

セルシード、まだ持っている。

「え?まだ持ってんの?何で含み損なの?切ったでしょ?」と。

切ってない。

知らないままずっと持ってて、含み損が-4万円以上。

寝てたのかよおい!

気持ちイイ損切りで意識を失う

これ、どうにもなりません。

-4万円以上、改めて目の前真っ暗で損切りました。

昨日からの持越しの利益を全て飛ばし。

\(^o^)/オワタ

13時過ぎ、デイ、打ち止め。

高い高~いの後、バックドロップを食らう。

まずい、まず過ぎる。

こんなこと、あるんですね…。

ええ、度々あります。

損切りあってのデイトレとは言え、そして、こんなことはたまにあるとは言え、キツイです。

とりあえず、以後、デイは止めて、翌日に向けて持越す銘柄を探しました(まだやる気?)。

これでまた持越株でやられたら、今月はアウトです。

今日の今日こそは本当のホントに、頭から血ー出しながら困り果てました。

誤発注で損したとは言え、やはりマザーズ指数が下げ続けている日は警戒すべきでした。

終わった。

わい、終わった。

そうつぶやきながら、本日の大引けを迎えました。

明日以降、どうするか、よくよく考えたいと思います。

今後の身の振り方も含めて。