損切りできない?対策5ポイントで何とか生き残る私の方法マジきつい!

急騰後急落する1分足チャートの拡大イメージ図

投資ではまず生き残らないと退場。

退場を防げば生き残れる。

この二律背反の葛藤の中で日々神経をすり減らさないための対策。

どのようにその手順を構築すべきなのか?

秘訣は不可逆な時間の進行に対抗すること。

無理なことを可能にする、そこに損切りの難しさがあります。



損切りが難しい理由

上がると思えばホールド。

下がると思えば損切り。

誰しもその行動理由は同じです。

問題は、どんな時にそう思うのか。

その基準は人により違います。

明確な基準を持たず、あくまで自分の感性に頼る人もいます。

それで上手く行けば問題ないのですが、そこは相場の難しさ。

基準を設けてそれに従うほうが、損切り失敗、つまり大損が起こる頻度が抑えられます。

なぜ基準を設けないと損切りに失敗するのか

特にデイトレードにおいては、株価は時系列でどんどん変化します。

「上がるかな」と思ったら、次の瞬間には急落する場合も非常に多いです。

つまり、その瞬間の判断は、次の瞬間には真逆にもなり得ると言うこと。

それを繰り返していくと、切るべきか切らないべきか、迷いが生じてきます。

形あるものは壊れる、そして、時間を追いかけるものは遅れる。

追いかけなければ、少なくとも心理的に判断が遅れることはありません。

不可逆な時間の進行が判断の遅れを生む、そういうことです。

スイングトレードの例ですが、基準の1つとして寄り付きの時刻に判断すると決めておけば、以下のように判断が遅れることはありません。
スイングトレードの損切り目安は?私の超速0コンマ00秒ブン投げ手法

しかし、デイトレードの場合にはそうは行きません。

いったいどうすればよいのでしょうか。

待つから遅れる、追いかけるから遅れる

遅れることが指摘されている時点で、何かを待っている、何かを追いかけている、何かに合わせようとしている、ある意味受動的な立場を強いられています。

判断の受動性。

これが損切りの失敗に結びつきます。

瞬時に状況が切り替わっていく、他のトレードに比べ展開が速いデイトレードにおいては、この判断の受動性の影響が大きいです。

「あれ?」と思った瞬間に損切り寸前の状況になり、「?」と思った瞬間に元に戻ることも多いです。

そうなると、「もう少し待ったら利益確定できるのではないか?」となってしまいます。

迷いが迷いを生み、より判断が遅れていく。

遅れれば遅れるほど、窮地に押し込められることも…。

損切り基準の設定法

こればかりは人によって違いがあり、また、トレードの巧拙(こうせつ)を決める重要なポイントですので、一概にこうだと言える訳ではありません。

まずは基準を分類する所から始めるのが良いかも知れません。

・株価
・時間
・出来高

これらは一例です。

これ以外にも分類項目はあるかも知れません。

それぞれの項目ごとに基準を決め、また項目ごとの優先順位なども決め、損切りを実行する方法。

しかし、その場合においても、特にデイトレードの場合には、判断を下した次の瞬間には急落している場合も少なくありません(買いの場合)。

これが短期売買の損切りの難しさです。

大損してから損切りしても、それは損切りとは言いづらいです。

一瞬の判断の遅れの為にその状態になりやすい、それがデイトレードの損切りです。

なぜ損切りで大損するのか

デイトレードが得意でない人の多くは、インした銘柄がもともとデイトレに適していない場合も多いです。

ふらふらと値動きのない銘柄。

じわじわ上がりそうになりながら結局下がっていく銘柄。

そのような銘柄では、切ろうと思ったタイミングではすでに株価が下がり切っている場合も多いです(買いの場合)。

薄い損の状態で上手く切るためには、損の薄い株価まで戻ってきてくれないと、切ることはできません。

つまり、インしたタイミング近くまで何度も戻ってくれる銘柄であれば、薄い損で降りられる可能性は上がります。

上がると思って買ったのに一直線に下がられたのでは、どっちにしろ上手く降りることはできません。

つまり、インした時点で、すでにある程度運命が決まっています。

そうなると、銘柄選びの重要性は損切りにも大きくかかわっていると言うことになります。
寄り付き直後の銘柄選び!デイトレ3分銘柄選定法|効率的手順のコツとは


広告

2月28日のトレード結果

月末の最終日、言っているそばからコツコツドカン。

自分で注意喚起しておきながら、自分でどつぼにハマる。

1人ボケ、1人つっこみ。

下手くそなスタンディングコメディの状態に陥りました。

ロットを久しぶりに大きくした瞬間、損切り、思い切り失敗です。

【デイトレード売買銘柄】
(買建)3909ショーケース・ティービー、4563アンジェス、4579ラクオリア製薬、4596窪田製薬ホールディングス
(売建)なし

デイトレード新規建売買代金(買建) 概算350万円
デイトレード新規建売買代金(売建) なし
デイトレード損益 -3.8万円
スイングトレード損益 なし
本日のトータル結果 -3.8万円
今月の損益 -0.4万円
持越ポジション(新規買建) なし
持越ポジション(新規売建) なし
含み益 なし
225オプション なし
関連記事

損切りタイミングの目安|311震災当日全力買い持ちしていた男の体験談

デイトレーダー株大損!直撃被弾損切りが遅い!退場決定さようなら

デイトレードと出来高・損切りの関係|ブン回してこの結果!何コレ痛い

スキャルピング投資のつもりが?利食い1損切り10絶望のデッドヒート

株のギャップアップ狙いで失敗|損切り遅れ見事炸裂!なにコレまずい


広告

勝てない仕組みと理由を研究

  1. 株用語”損切り”のやり方|1日を忍耐で乗り切るリスク調整|連敗回避

  2. 経験則をどう身に付けるか

    投資の勉強を株主優待で大損なく進める5つの方法|合理的に準備OK

  3. 現在の東証上場市場の区分け

    株を土日に注文?15時以後もOK!市場別取引時間帯とその生かし方

  4. 急騰する1分足チャートの拡大イメージ図

    低位株デイトレ100株でコスパを上げる4選|短期売買増強手法?

  5. フィボナッチリトレースメントの例

    サラリーマンの株手法|トイレーダーの発注方法|これやっちゃダメ!

  6. 4本目の足が下落しているチャート

    株日記ブログの書き方参考例|1人で損切る男のあえぎ声がワロえない

  7. 川で流れから離脱する方法

    少額投資でおすすめ|株の損を防ぎ30万円温存系5つの方法何コレ安定

  8. カフェの看板を見上げた空の図

    株初心者が1日でデイトレーダーになるコツ5選がとんでもなさ過ぎる

  9. 11本目の足まで作成中のチャート

    ストップ安後のデイトレ!3度の大波ウェイブで岩礁当たり夢見て海底探索

  10. 10分前値上がりランキングにはここで登場する

    リアルタイム株ランキング6種|初心者もスクリーニングOK|私の方法

  11. 相場の森と言う名の生態系

    損切りタイミングの目安|311震災当日全力買い持ちしていた男の体験談

  12. 2割の計算方法図解

    株シュミレーションにおすすめのやり方5選|1ショット極小脳内ハンター

  13. 株手法探し|スイングトレードの迷宮で息絶える?爆下げ損切り含み損!

  14. X2から等距離の2点を決める

    株損切り0回!会心のデイトレード?勝利の女神への顔色うかがいが凄い

  15. 3本の陽線上昇のチャート

    投資ブログ|株の損切りで1日が終わる男|ナノ秒アルゴを追いかけ

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. デイトレに適したボトムスの選び方|崖っぷちのパンツに合理性ありか

  2. 2019年10月第3週|日々のトレード結果|閑散相場つれーつれー

  3. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年9月月間損益|デイトレード年間損益マイナスが見えて来た

  4. コツコツドカンを図示すると…

    2019年10月第2週|日々のトレード結果|退場秒読み御開帳相場

  5. 波間で溺れる人の図

    2019年10月第1週|日々のトレード結果|オレまだやるの相場乙

  6. 同心円を追加した図

    2019年9月第4・5週|日々のトレード結果|月末プラ転お祈り相場

  7. ジリ上げ後に急落するチャート形状

    2019年9月第3週|日々のトレード結果 “女心と秋の空” …

  8. 孤独に傘をさす男のシルエット画像

    2019年9月第2週|日々のトレード結果|台風一過コツドカ急先鋒

  9. トレードの結果の分類図

    2019年9月第1週|日々のトレード結果|閑散相場から脱却への道はい…

  10. デイトレの休日|無の空間から帰還できず涙する 2019年8月月間損益

広告
広告