株初心者におすすめしない投資法|日に3度”行って来い”のトレードとは

この記事は約3分で読めます。

スキャルピングのつもりが瞬時に含み損、儲けるつもりが”行って来い”。

株のトレードは常に思惑とは裏腹になりがち。

初心者でも株歴長くとも忍耐で相場に対抗してしまいがちです。

運を味方につけ、無駄なトレード減らすこと。

その重要性を再認識せざるを得ません。



エーザイ株で瞬間移動スキャルピング

夏枯れ相場を念頭にデイトレは手を引いておこう、そう思いつつもそこはやはり株中毒。

寄り付きギャップダウンのエーザイ株。

昨日のS高張り付きでやっと買い持ちした銘柄です。

買い板に90億円も残す引け味でいてギャップダウン。

相場の非情さには慣れっことは言うものの、寄りから損失が出るのは、何度体験しても納得がいきません。

エーザイ株の寄り付き直後は、例によって見えない超速スピードで点滅する瞬間移動状態。

ジリ下げする分足に空売りで1000円ずつ取り返していきましたが、かなり気を使います。

デイトレードで教わることなど何もありません。

自分独自のやり方がベストで、それがない限りはどうにもなりません。

もちろん私はそれができなくて、苦労している訳です。

主力大型医薬品株でスキャ

こういう東証一部の大型株が動意づくと、一旦動き出した方向にしばらくは動くことも多いのですが、突然切り返して瞬時に含み損になることも多い。

それで手数はかなり少なかったのですが、ワンショット100万円ですので、トータルの売買代金は本日、結構伸びました。

寄りの損失を半分取り返したところで一旦デイは停止。

早目、早目に停止を心がけました。

しかし、結局は前場中、空売りの行って来い、買いの行って来いの2回、エライ含み損に耐えると言う“いつものアレ”をやりました。

進歩がありません。

行って来いを日に3度耐える日々

謎の買いボタンクリックと同時の下落

特に11時頃の買いでは、そーっと目立たないように買いを入れたつもりなのですが、勝った途端に急落を食らいました。

文字通り、買ったその瞬間に急落です。

そのまま2時間以上耐えて“やれやれ売り”。

本当にこういうのが多い。

2時間以上含み損に耐えている間も、そのままさらに急落する可能性もあったので、毎度のことですがストレスが半端ありません。

もう株をやめたいと思いました。

(いつもこんなことを言っていますが…。)

1日時間を取られてトータル損益マイナスで終える

やれやれ売りで降りた後も、何となく上がる気がして、何度も買いを入れそうになりました。

買っていたら確実に損するか、再度行って来いを食らっていましたので危なかったです。

時間を見て、危ない時間帯だと自分に言い聞かせて、必死に手を止めました。

読みなど全く当たっていなくて、たまたま大損をしていないだけ。

本日トータルの損益もマイナスですし。

本日は医薬品大型株でデイと言う普段はめったにないトレードをやりましたが、つくづく相場の“中の人”の意図は読めないものだと実感しました。


広告

本日のトレード結果

【デイ新規建代金合計】(買建)概算100万円
(売建)概算750万円
【デイ売買銘柄】(買建)4523エーザイ
(売建)4523エーザイ
【デイ損益合計】+0.6万
【持越決済】-0.9万円
【本日のトータル結果】-0.3万円
【今月の損益】+10.6万円
【持越ポジション】買建1銘柄(新興株)
【含み益】なし
【225オプション】ポジションなし


広告