株のデータ分析|値動きの悪魔から逃れる3段階の方法|私の脱出法

分類系統図から要素を消去すると

株のデータをエクセルの表に割り振っていき、怒涛(どとう)の情報量に圧倒され、途方に暮れた経験が何度もあります。

どんなやり方を取るにせよ、株の短期売買では値動きの謎を解明する必要があります。

果たして道は開けるのでしょうか。

私が普段やっている情報整理の考え方をご紹介します。



あらゆるコツは分類方法の手順

捨てる技術、などと言う語をどこかで聞きました。

書物の題名?

一言で言えば分類方法のコツ?

たくさんの情報があると、全てを頭に入れ、総合的に判断することは難しいです。

3次元の世界に生きながら、4次元の立体図を頭に描くことは、ほとんど不可能。

4次元の立方体(サイコロ型)

【ユーチューブ動画】4次元の立方体の中でボールをバウンドさせるとどうなるか

サイコロ型の部屋の中でボールを壁に当て、バウンドさせる。

そんな単純なシュミレーションでも、次元が上がっただけでこのような複雑な動き。

これを頭の中でイメージするのは大変。

そもそも立方体だけが全てではないのですから。

あくまでモノのたとえですが、n次元(n → ∞)の複雑な環境で値動きが錯綜(さくそう)する、それが株の短期売買です。
株の手法検証|3次元空間から脱出する方法|戻れなければ即アウト

値動きの断捨離とは

断捨離と言う語も、近年どこかで聞きました。

やはり書物のタイトルでしょうか。

これも分類法の本?

しかし、分類法とは消去法のことではありません。

消去することによりバランスが変わる

分類系統図から要素を消去すると

分類された要素を単純に取っ払って行くと、そのことにより要素間のバランスが変わります。

シンプル・イズ・ベストは確かにそうなのですが、関連性やバランスを無視した消去は、ただ無理矢理に物事を単純化することにつながります。

ですから、最終的には「捨てる技術」で「断捨離」するにせよ、その前段階として事前の綿密な分類・整理が必要です。

捨てる行為が目的化してしまっては、元の木阿弥(もくあみ)。

株迷宮。

分類するだけで学問が成り立つ

たとえば人体の組織・器官に名前をつけ、それを分類するだけで解剖学と言う学問が成り立ちます。

分類する行為はそれだけ難しく、一筋縄ではいかない代物です。

別にそんな大真面目な研究をやりたいのではありません。

そんな頭脳もありません。

株で利益が出ればいい、その切実な思い。
株の大損・失敗を防ぐやり方|10分の1の勝者への道は涙なくして語れない

値動きの謎を解明する情報分類方法

まずは情報を要素に分解し、項目を分けた表の中に振り分けて行く作業。

私の場合、その作業を何度も繰り返しています。

データの洪水の中で常に新しい表を作り、修正しています。

自前のデイトレ・データ分類表

デイトレードのデータ分類表

実はこの表、ごく一部のみを抜粋しただけで、実際はこの何倍も横幅が長いです。

こんな表を毎日見直しては途方に暮れ、長らく年数を経て来ました。

「どこかにヒントが落ちている筈だ、

どこかに値動きの謎を解明する聖杯がある筈だ。」

その一心で…。
株の練習4つの基本|ポンコツ車でサーキットを周回する男!ダメ絶対!

データの洪水から上手く逃れる法

結局のところ、毎日の銘柄データ(時間単位は分足)を保存していきますと、あっと言うまに大量のデータに埋もれてしまいます。

チャートやテクニカル指標を見る行為は、自動的にそれらの細々としたデータをスキップし、単純化しているに過ぎません。

ロウソク足や、テクニカル指標の表現形態が、そのスキップ方法を勝手に規定しています。

自動的なミニマリスト養成法。

そして、値動きと言う相場の悪魔に操られているにも関わらず、そのことに気づかない。

そんな恐れが無きにしもあらず。

値動きの悪魔から逃れる方法

  1. このデータの洪水を正面から分類・整理し
  2. その後に何らかの結論を得て
  3. 「捨てる技術」による「断捨離」をする

現状、私がトライしているのは、これら3つの手順です。

こう考えてきますと、株取引、特に短期売買は、なかなかにつらい作業です。
順張り・逆張りの勝率をめぐる比較表|8つの視点と結論がヤバ過ぎる


広告

4月15日のトレード結果

本日、ノートレ・ノーポジ。

朝方、昨日からの持越し株を売っただけ。

インしたいタイミングは2度ほど。

でもパスしました。

断捨離です。

インしていたら勝てたので、残念。

それにしても日経が上がり過ぎ。

この調子だと、当面強い動きが続く…?

今後どっちに動こうが構わないと言う気楽さ、それがデイトレの優位性。

焦らずチャンスを待ちます。

【デイトレード売買銘柄】
(買建)なし
(売建)なし

デイトレード新規建売買代金(買建) なし
デイトレード新規建売買代金(売建) なし
デイトレード損益 なし
スイングトレード損益 プラスマイナス0
本日のトータル結果 プラスマイナス0
今月の損益 +6.6万円
持越ポジション(新規買建) なし
持越ポジション(新規売建) なし
含み益 なし
225オプション なし

広告

勝てない仕組みと理由を研究

  1. 急騰してから下落する分足チャート

    デイトレードと出来高・損切りの関係|ブン回してこの結果!何コレ痛い

  2. 東証上場市場の区分け(予想)

    東証の上場市場再編のニュース|4→3分野に移行?どうなるわいらの株

  3. 株失敗を避けるデイトレ|ルール破りは退場の香り|弾丸よけ生き残る方法

  4. X1から等距離の2点を決める

    両建てで稼ぐ株の手法?うねり取り戦略“買2売1”テクニックで儲かる?

  5. 歩み値データの例

    歩み値の見方と分足チャート復元2つの鍵!過去データ活用法がヤバい

  6. 1606日本海洋掘削 分足 概略図

    上場廃止株でマネーゲーム?株失敗を取返す?バケツリレーが恐すぎる

  7. 日経平均月足チャート60年分

    株で稼ぐ方法基礎|見逃せないポイント1点!なめたらアカン鬼ごっこ

  8. デイトレーダーが望む上下動を繰り返す値動き

    株の短期売買のコツ|値動きをめぐる5つの探求|私には無理でした

  9. 買いで値が上がり売りで値が下がる図

    デイトレードのコツはエントロピー?短期筋0?駆逐で狙う5つの要点

  10. 7本目の足を作成中のチャート

    株の値幅はギャップアップ|デイトレ見送り月末わびさびを感じる展開に

  11. 急騰する1分足チャートの拡大イメージ図

    株の聖杯|デイトレ一日5000円!株退場から必勝法への遥かなる旅路

  12. 価格上昇の不確実性

    株の失敗を取り返す2つの対策|リアルな退場脱出法|何これヤバイ!

  13. 10本目チャートまで作成したチャート

    ロスカット!株に失敗したらどうする?売買マシーン化で機械人間に…

  14. エンベロープを表示したチャート

    よくある株の失敗|大損を避ける為の5選|これで顔面蒼白になりました

  15. 日経平均月足チャート60年分

    デイトレの利回りと株で儲かる淡い夢|利益3%で30万暴威が億り人?

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. グラウンドストローカーがコートカバーをする範囲

    東京の公営ジム139選|一覧表で3分決定 格安トレーニングスポット

  2. デイトレーダーが望む上下動を繰り返す値動き

    2019年7月第2週|日々のトレード結果|有限利確と無限損切りの戦い

  3. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年7月第1週|日々のトレード結果|ワンショット増量にかける男

  4. 某新興株の3営業日連続ストップ安の日足チャート

    ストップ安 致命傷さける為の2つの方法|2019年6月月間損益結果

  5. テンキーの文字配列

    2019年6月第5週|日々のトレード結果|月末ふっ飛ばしたら退場マジ?

  6. 前日のローソク足とピボット値

    株の値動きを分析する方法|私の3つの考え方|これで丸裸になりま…

  7. 値動きがないまま下げる値動き

    デイトレしやすい分足の研究|私の超短期売買|これで文無しになり…

  8. 2019年6月第4週|日々のトレード結果|スタートからドボンする男

  9. 孤独に傘をさす男のシルエット画像

    2019年6月第3週|日々のトレード結果|雨の中相場の幸運を待つ男

  10. アルゴらしき注文の入った板

    売買ルールの作り方|2つの私の方法|これで株のやまいになりました

広告
広告