株のデータ分析|値動きの悪魔から逃れる3段階の方法|私の脱出法

分類系統図から要素を消去すると

株のデータをエクセルの表に割り振っていき、怒涛(どとう)の情報量に圧倒され、途方に暮れた経験が何度もあります。

どんなやり方を取るにせよ、株の短期売買では値動きの謎を解明する必要があります。

果たして道は開けるのでしょうか。

私が普段やっている情報整理の考え方をご紹介します。



あらゆるコツは分類方法の手順

捨てる技術、などと言う語をどこかで聞きました。

書物の題名?

一言で言えば分類方法のコツ?

たくさんの情報があると、全てを頭に入れ、総合的に判断することは難しいです。

3次元の世界に生きながら、4次元の立体図を頭に描くことは、ほとんど不可能。

4次元の立方体(サイコロ型)

【ユーチューブ動画】4次元の立方体の中でボールをバウンドさせるとどうなるか

サイコロ型の部屋の中でボールを壁に当て、バウンドさせる。

そんな単純なシュミレーションでも、次元が上がっただけでこのような複雑な動き。

これを頭の中でイメージするのは大変。

そもそも立方体だけが全てではないのですから。

あくまでモノのたとえですが、n次元(n → ∞)の複雑な環境で値動きが錯綜(さくそう)する、それが株の短期売買です。
株の手法検証|3次元空間から脱出する方法|戻れなければ即アウト

値動きの断捨離とは

断捨離と言う語も、近年どこかで聞きました。

やはり書物のタイトルでしょうか。

これも分類法の本?

しかし、分類法とは消去法のことではありません。

消去することによりバランスが変わる

分類系統図から要素を消去すると

分類された要素を単純に取っ払って行くと、そのことにより要素間のバランスが変わります。

シンプル・イズ・ベストは確かにそうなのですが、関連性やバランスを無視した消去は、ただ無理矢理に物事を単純化することにつながります。

ですから、最終的には「捨てる技術」で「断捨離」するにせよ、その前段階として事前の綿密な分類・整理が必要です。

捨てる行為が目的化してしまっては、元の木阿弥(もくあみ)。

株迷宮。

分類するだけで学問が成り立つ

たとえば人体の組織・器官に名前をつけ、それを分類するだけで解剖学と言う学問が成り立ちます。

分類する行為はそれだけ難しく、一筋縄ではいかない代物です。

別にそんな大真面目な研究をやりたいのではありません。

そんな頭脳もありません。

株で利益が出ればいい、その切実な思い。
株の大損・失敗を防ぐやり方|10分の1の勝者への道は涙なくして語れない

値動きの謎を解明する情報分類方法

まずは情報を要素に分解し、項目を分けた表の中に振り分けて行く作業。

私の場合、その作業を何度も繰り返しています。

データの洪水の中で常に新しい表を作り、修正しています。

自前のデイトレ・データ分類表

デイトレードのデータ分類表

実はこの表、ごく一部のみを抜粋しただけで、実際はこの何倍も横幅が長いです。

こんな表を毎日見直しては途方に暮れ、長らく年数を経て来ました。

「どこかにヒントが落ちている筈だ、

どこかに値動きの謎を解明する聖杯がある筈だ。」

その一心で…。
株の練習4つの基本|ポンコツ車でサーキットを周回する男!ダメ絶対!

データの洪水から上手く逃れる法

結局のところ、毎日の銘柄データ(時間単位は分足)を保存していきますと、あっと言うまに大量のデータに埋もれてしまいます。

チャートやテクニカル指標を見る行為は、自動的にそれらの細々としたデータをスキップし、単純化しているに過ぎません。

ロウソク足や、テクニカル指標の表現形態が、そのスキップ方法を勝手に規定しています。

自動的なミニマリスト養成法。

そして、値動きと言う相場の悪魔に操られているにも関わらず、そのことに気づかない。

そんな恐れが無きにしもあらず。

値動きの悪魔から逃れる方法

  1. このデータの洪水を正面から分類・整理し
  2. その後に何らかの結論を得て
  3. 「捨てる技術」による「断捨離」をする

現状、私がトライしているのは、これら3つの手順です。

こう考えてきますと、株取引、特に短期売買は、なかなかにつらい作業です。
順張り・逆張りの勝率をめぐる比較表|8つの視点と結論がヤバ過ぎる


広告

4月15日のトレード結果

本日、ノートレ・ノーポジ。

朝方、昨日からの持越し株を売っただけ。

インしたいタイミングは2度ほど。

でもパスしました。

断捨離です。

インしていたら勝てたので、残念。

それにしても日経が上がり過ぎ。

この調子だと、当面強い動きが続く…?

今後どっちに動こうが構わないと言う気楽さ、それがデイトレの優位性。

焦らずチャンスを待ちます。

【デイトレード売買銘柄】
(買建)なし
(売建)なし

デイトレード新規建売買代金(買建) なし
デイトレード新規建売買代金(売建) なし
デイトレード損益 なし
スイングトレード損益 プラスマイナス0
本日のトータル結果 プラスマイナス0
今月の損益 +6.6万円
持越ポジション(新規買建) なし
持越ポジション(新規売建) なし
含み益 なし
225オプション なし

広告

勝てない仕組みと理由を研究

  1. 6本の足の作成が完了したチャート

    株売買のコツはバケツリレー|デイトレードは運で脱するマジこれすごい

  2. 10本目チャートまで作成したチャート

    イナゴスキャルピング?トレードで生き残る方法、そこまでやるかよ!

  3. 7本目の足を作成中のチャート

    株の値幅はギャップアップ|デイトレ見送り月末わびさびを感じる展開に

  4. 東証上場市場の区分け(予想)

    東証の上場市場再編のニュース|4→3分野に移行?どうなるわいらの株

  5. X1から等距離の2点を決める

    両建てで稼ぐ株の手法?うねり取り戦略“買2売1”テクニックで儲かる?

  6. 日経平均月足チャート60年分

    デイトレの利回りと株で儲かる淡い夢|利益3%で30万暴威が億り人?

  7. 買いで値が上がり売りで値が下がる図

    デイトレードのコツはエントロピー?短期筋0?駆逐で狙う5つの要点

  8. 4カ所の点を結んで長方形が完成する

    株の初心者が直感による売買を避ける方法|時間を味方につけて果実を得る

  9. 値動きとローソク足の比較図

    株ツールのランキング|15年前の情報を調べたらエラい事に気づいた

  10. 歩み値データの例

    歩み値の見方と分足チャート復元2つの鍵!過去データ活用法がヤバい

  11. 7238曙ブレーキ工業 分足概略図

    ポジションサイジングとは?失敗に保険を賭ける|投資向き不向きの恐怖

  12. 価格下落の不確実性

    サラリーマンが株をやる時の注意|行きつく先が2択だったら恐すぎる

  13. エンベロープを表示したチャート

    チャートの見方|私の5つのローソク足手法 “これで相場をやめました”

  14. 2本の陽線上昇のチャート

    株シュミレーションはナンピン買いで素寒貧!こんなにもやられるのかよ…

  15. 11本目の足まで作成終了のチャート

    株の資金運用|資金効率を上げる|米国株・先物徹夜監視でチャンス逃す

健太郎 プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. 自動車依存度の棒グラフ【高い】

    株の買い方 パスする方法|私の2つの手数省略術|これで大損こきま…

  2. ローソク足(陽線)の始値・高値・安値・終値

    “夏北海道 冬沖縄生活” を実現する前に聞いてみたい5つの質問が切…

  3. 波間で溺れる人の図

    株のサイト|私が日常的に使っている6選|これだけでデイトレかよ!

  4. つなぎ合わせグラフの後、急落の図

    株で儲ける最も確実な方法とは?トンデモ結論と4つの理由これマジ…

  5. 湘南の混雑する地域

    関東の花火大会2019【時系列】一覧表で目的地3分決定!準備OK

  6. デイトレーダーが望む上下動を繰り返す値動き

    株の短期売買のコツ|値動きをめぐる5つの探求|私には無理でした

  7. ジリ上げ後に急落するチャート形状

    株の本おすすめ|デイトレ対策ポイント6選|千本ノックで倒れない法

  8. 停滞し動かないチャート形状

    デイトレのコツ私見最新版|今さら結論6選|これでお金が減りました

  9. 経験則をどう身に付けるか

    クレジットカード デビットカードどこが違う?3分理解23項目一覧表

  10. 株価の連続性を破壊する分足チャート

    後場のデイトレ銘柄を選別する方法5選|これで資産が吹っ飛びました

広告
広告