大損?ストップ高銘柄で取り返すしかないよね?その手法に至る思考法

急騰後急落する1分足チャートの拡大イメージ図

大損こいたら取り返すしかありません。

できるだけ早期に。

そのリベンジとして代表格の手法。

ストップ高狙い。

何度食らってもまたここに戻ってきます。

それがデイトレーダーの常。

退場の恐怖と戦いつつその手練手管を探るしか生き残りの方策はないのかも知れません。


スポンサーリンク



デイトレーダーに迫りくる大損

たしかにイケると思えば“ぶっこま” なければならない、それが株の短期売買。

イケると思ったタイミングが若干遅かったのかも知れません。

それが命取り。

とある銘柄に資金を目いっぱいブッコんだところで、いきなり直線的な爆下げ。

損切りを躊躇しているうちに、さらに傷口を広げました。

「終わった。退場だ。」

損失を取り返そうとあがいたら…

こんなことを何万回と繰り返しています。

しかもここ一年はデイトレード克服と言う目標達成のため、やたらとデイトレに“リキ” を入れている状態。

「もうやめた。データ集めなどクソくらえだ。」

そう思いつつ、呆然とモニターを見つめていました。

後場になると、するすると上がり続ける銘柄が…。

気づくと今度はそっちの銘柄に手が出ました。

「損失を取り返すにはストップ高狙いしかない…。」

とんでもなく痛い記憶はどこへやら

ストップ高の銘柄では、少し前に、とんでもなく痛い目に合っています。

また天井掴みの二の舞になるかもしれません。

やめておけば良いのに…。

思わず手が出た銘柄、今度は簡単に含み益が出ました。

「これイケるんじゃね?

このままストップ高張り付けになってくれるかも?」

そんな淡い期待が頭をもたげて来て、利益確定せずにホールド。

何と思惑通りの結果に…。

少し以前に、ストップ高の銘柄でエライ損を出した経験は、以下の記事にまとめてあります。

PTS株価でPTSD?ストップ高張り付け比例配分狙い→引成り10億売りの恐怖

はがれ落ちる絵にかいた餅

少し含み益が出ると、すぐ調子に乗ってしまいます。

ストップ高に張り付いた自分の買いポジ。

しばらく見ていたら残念ながら、はがれ落ちました。

今度はするすると急降下。

すぐ売れば良いのに…。

何と今度はストップ高に戻すことを夢見てホールド。

見る見るうちに含み損。

ストップ高よ、さようなら

耐えられないくらい下げたところで、結局損切り。

チマチマと取り返した利益は全部なくなって、かえって傷口を広げる結果に。

踏んだり蹴ったりです。

損が損を呼ぶ、それが株の短期売買。

上手な人はどんどん利益を上乗せして行き、下手くそな人は転げ落ちるように損を膨らませてしまいます。

途方に暮れたところでモニターを見たら、なんとその銘柄…。

結局のところ、ガッチリストップ高で張り付け状態になっていました。

「何やってんだ、オレは…。」

退場のとびらの前で…

損をしまくりつつも、上がり続ける銘柄の分足チャートを見続けていて、別のやり方が頭に浮かんできました。

ストップ高狙いの誘惑…。

これは悪魔のささやきかも…。

早速カシャカシャとエクセルにデータを入力し始めました。

「こんなことやっていて、意味あるのだろうか…。」

自問自答の先にあるのは、迫りくる退場のとびら。

退場のとびらの前で、ひたすらエクセルに数字を打ち込む男。

短期売買の悪魔がささやいた内容

ストップ高に張り付く銘柄を、ストップ価格直前で買う方法、以前に試してみたことがあります。

ストップ価格のちょっと下あたりで、逆指値の買い注文を入れて置く方法。

まだサラリーマンをしていた頃、ずいぶん以前にやっていました。

昼休みに適当に銘柄を選んでトイレから発注し、逆指値の買いを入れて置くやり方。

しかし、その方法は見事に失敗しました。

当時、場中の時間帯にはモニターを見ることが出来ませんでした。

それで、逆指しの買いが発動したのにも関わらず、ストップ価格の1ティック下で折り返し、そのまま爆下げした銘柄が結構出ました。

トータルでは大損です。

何回か試してみて、そのやり方はお蔵入り。

今後、それと似たようなやり方を再度試してみようかと思います。


広告


1月17日のトレード結果

信用二階建てで資金をぶっこんだ瞬間にやられた本日。

明日以降、ビビッてしまってトレードできるか自信がありません。

最近、デイトレに専念するため、スイングトレードは差し控える傾向になっています。

今後は、全体相場が大きく下げた時だけ持ち越すようになりそうです。

その時まで、退場しないで済むかどうか、あやしいですが…。

【デイトレード売買銘柄】
(買建)3990UUUM、8256プロルート丸光
(売建)なし

デイトレード新規建売買代金(買建) 概算480万円
デイトレード新規建売買代金(売建) なし
デイトレード損益 -6.1万円
スイングトレード損益 なし
本日のトータル結果 -6.1万円
今月の損益 -4.1万円
持越ポジション(新規買建) なし
持越ポジション(新規売建) なし
含み益 なし
225オプション なし
注目記事

全豪オープンテニス2019大坂なおみ|とんでもない結果に?大丈夫なのかよ

GW2019旅行イベント穴場は?10連休関東でおすすめ4つの快適スポット

東京マラソン2019コース&応援ポイント11選|ヤバい観戦スポット【動画】

ゴールデンウィーク2019イベント10連休!国内人出ランキング10選【動画】+1

東京オリンピック日程【チケット購入方法】いつからID登録?3分読了


広告


勝てない仕組みと理由を研究

  1. デイトレ損切りの目安とは?HEROZ大損?損失雨ざらしでスイングに期待

  2. 株暴落vsスキャルピングはルールを守ってリスク回避|自制と撤退

  3. 10本目チャートまで作成したチャート

    日経レバETF空売り|デイトレは狼狽、予想は下|月次損益確定

  4. 損切りと大損の包含関係

    秋相場雑感|休むも相場で不確定的値動きを生き残る方法|何コレやばい

  5. 22時前の日経平均先物動向

    株の売り時・買い時|株価と銘柄紙一重のタイミング|私の判断方法

  6. 某新興株、連続ストップ安4営業日目の日足チャート

    株暴落まとめ|直近40年の代表例5選+αこれで下げ相場も恐くない

  7. 退場のお知らせ

    株芸人ユーチューバーで生き残る方法|デイトレ資金30万割れをしのぐ男

  8. 100円台と800円台における同じ銘柄の値動きの違い

    カルロスゴーンの件でMr. ビーン株急騰|想定外の渋い男マジかコレ

  9. 秋相場のアノマリー

    私の単純な株式投資のやり方|相場判定法とシンプルなトレード手法

  10. 6本の足の作成が完了したチャート

    株のスキャルピングと他のやり方|初心者のための知識5選ヤバすぎ手法

  11. 11本目の足まで作成終了のチャート

    株空売り成功、他は失敗!デイトレの勝てない仕組みは“誘われ損”習慣

  12. 分足チャートのどこで利幅を取るか

    日経レバETF|デイトレブログ想定外のアービトラージに羨望のまなざし

  13. 白目となる表情を見せる著者

    株式情報をネットであさって白目をむく7つの理由|リバ狙いあるある

  14. 株の函数

    短期売買と信用評価損益率|私の見方|一寸先は闇相場“なにこれコワい”

  15. 波間で溺れる人の図

    ストップ安で株シュミレーション|手出し無用の難解値動きコイツはヤバい

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. 900円→1000円の値動きを示すチャート

    2019年11月第3週|日々のトレード結果|損切り連続への忍耐力

  2. 難易度の低い上昇トレンドのチャート形状

    2019年11月第2週|日々のトレード結果|高値更新追っかけたい

  3. ピボット値、高値、安値の関係

    2019年10月第5週~11月第1週|日々のトレード結果|勝つで!

  4. 価格差と現実の利益

    2019年10月第4週|日々のトレード結果|不屈の精神投げ捨て?

  5. 2019年10月第3週|日々のトレード結果|閑散相場つれーつれー

  6. デイトレに適したボトムスの選び方|崖っぷちのパンツに合理性ありか

  7. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年9月月間損益|デイトレード年間損益マイナスが見えて来た

  8. コツコツドカンを図示すると…

    2019年10月第2週|日々のトレード結果|退場秒読み御開帳相場

  9. 波間で溺れる人の図

    2019年10月第1週|日々のトレード結果|オレまだやるの相場乙

  10. 同心円を追加した図

    2019年9月第4・5週|日々のトレード結果|月末プラ転お祈り相場

広告
広告