下げ相場で的を射る

この記事は約3分で読めます。

爆下げで何を買うか。

その答えは、確実かつ継続的に上げる銘柄です。

しかし、これはあくまで理想であり、実現するのは難しい。

多くを望まず、とは言え相場に勝たなければならないのであります。

そんな当方の思い、それはとりあえず以下のようなものであります。

スポンサーリンク

リバ期待はどの銘柄か

下げ相場においては、ズルンと行った時に買う。

これをやっていれば、まあ大体勝てます。

ですから、相場がズルンと行くタイミングを待つ。

それさえできれば、どの銘柄を買っても、まあ大体大丈夫と言えます。

問題は、タイミングが上手くつかめない、と言うことです。

そろそろ頃合いなのか、それとも、まだズルンと行くのか。

すなわち、底当てクイズにおいては、確実性を担保することが難しい。

ズルンと行ったと思いながら、全然ズルン行っていない。

大底と思ったのにそれは序の口だった、などと言う場合が多いのであります。

であるならば、どうすべきか?

確実性のありか

確実性はどこにあるのか。

これを求めて長らく経ちます。

相場において、もっとも確実なものは何か。

それは、不確実なものが連続した時に発生します。

どっちに転ぶかわからない、それが不確実性。

しかしそれが当面続いた時、そろそろ来るだろうと。

もういい加減、リバるだろうと。

これが確実性であります。

相場においては、もっとも弱く不確実で、値動きの冴えない銘柄が、ある程度の確実性をもってリバってくる。

もっとも弱いモノこそ、確実に来るのではないでしょうか。

実際の話、相場が大底を打つ・打たないに関わらず、ダメ銘柄が率先してリバウンドをしてくる、なんてことがあるのであります。

しかし、そんな銘柄で、さささっと値幅を取ったところで、大勝ちすることはできません。

なぜなら、値動きに継続性がないからです。

本当に勝つためには、値上がりが継続しなければならないのであります。

継続性のありか

では、利益をちょっと出してすぐ終わり、ではなく、継続的に値幅を取る。

上がり続ける値動きに寄り添い続ける。

これはどんな銘柄で可能となるのでしょうか。

たいていの銘柄は、リバウンドが来ても一過性のものであります。

すぐにリバがヘタってしまう。

なぜでしょうか。

その銘柄が弱いからです。

弱いものに確実性、しかるにそれ狙いで入ったところ、弱さゆえ継続しない。

相場の難しさはここにあります。

狙いを絞れば絞るほど、欲しいものが手に入らない、なんてことになり兼ねないのであります。

相場において、確実性と継続性の包含関係は、以下のようになります。

確実性⊃継続性

確実だと思ったものは通常、長続きはしません。

相場の一寸先は闇だからです。

しかし、ある時、継続性をもってリバが来ることがあります。

確実性かつ継続性、これが最も狙いたいセクションではあります。

しかし、面積の小さい部分を狙うことになります。

難易度高し。

難易度が低いのは、面積の大きい部分となります。

大きな的を狙う

大きな的、それは、下図の青色の部分です。

この部分なら、的を射ることができそう。

まずは確実性を取り、運が良ければ継続性も取る。

弱い銘柄に的を絞りつつ、偶然に強さをつかめたら、そこに乗っかる、と言うことであります。

いろいろ采配が難しくて、大変ですな。

さて、本日のトレードは、スイング負け。

欧米があれだけ下げれば無理。

円安で相対強しの日本株も、米国様の前ではお手上げであります。

弱い銘柄が増えてきましたので、チャンスはあるかと思いますが。

チャンス待ちの今月マイナス。

涙目で確実に来そうな銘柄、いくつか買い持ち。