廃止懸念株でトレードする方法

この記事は約4分で読めます。

当方、悪材料の株でトレードすることが少なくありません。

なぜなら、そこにチャンスがあるからです。

好材料の株もグイグイ上がる場合がありますが、かえって難しい。

なぜなら、その材料を知った時には、時すでに遅し。

上がり切っている場合が多いのです。

ところが、悪材料の株はそうではありません。

突然火柱を上げることもあるのであります。

すなわち、値動きの爆発力。

こっちが爆破されてしまう場合もありますが。

廃止懸念株について、当方なりの相場感想文をまとめました。

スポンサーリンク

廃止懸念で真っ青

当方、廃止懸念の銘柄で真っ青になったことが何度もあります。

たいていはスイングで、厚めに持ち越してしまった場合です。

上場廃止の懸念がある株は、値動きが大きくなる場合が少なくありません。

やり方次第ではトレードが可能であります。

廃止の懸念が出て、爆下げをした後、リバウンドを狙うのであります。

しかし、利益欲しさについついワンショットが大きくなってしまう。

これでとんでもない目にあうことがあるのです。

廃止が決定され、整理ポストに入ってからも、たいていの場合には約1ケ月間、トレードをすることができます。

そんな株、1円に向かってまっしぐらではないか、と思いきや。

思いのほか上下動がある場合が少なくありません。

1ケ月の間、ずっと値をつける場合も多いのです。

そればかりか、時折りグイグイ値が上がる場合があります。

1円を取りに行く

低位株の1円は大きい。

某大手航空株が上場廃止となった際には、超低位株となった価格帯において、1円を抜くべく頑張ったことがあります。

7円から8円の1円をゲットしたような。

7円のうちの1円は、14.2%ですから、なかなか大きい。

しかし、そんな銘柄に限って、損をする場合も大きくやられます。

リスクは高い。

いきなり特売りが来て、そのままドボンなんてことも有り得ます。

すなわち、1円を取りに行くトレードは、決して楽ではないのです。

にも関わらず、短期売買は目の敵にされることが多いと来ています。

悪材料でなぜ寄るか

上場廃止が懸念される株が、なぜザラバで寄る、すなわち値段をつけるのか。

その理由は、短期で売買してくれる人がいるからです。

でなければ、特別売り気配となったまま、1円まで寄り付かない筈です。

理屈としては、明らか。

ぶん投げ売りの人しかおらず、買う人なし。

そのような銘柄に買いを入れるのは、デイトレーダーであります。

あるいは短期のスイングトレーダー。

空売りの買戻しだけでは、一瞬寄ってもあっという間に特売りに戻ってしまうでしょう。

寄るんだから、そこまで悪く言わないでよ、と思うのですが。

悪材料が主戦場

実は当方、悪材料の出た株が主戦場と言っても良いのであります。

上場廃止が決定された株を売ることができずに、そのままドボンしたケースもあります。

廃止後に封筒が一通届きました。

今でもその企業の株はホールドしていることになっている筈です。

その後、何年も経ちますが、一切音沙汰無し。

情報がないので、倒産したのかどうかもわかりません。

もう企業名も忘れてしまいました。

損したなあ。

こんなことばかりやっている気がします。

短期トレーダーの悲哀であります。

すなわち、廃止株でトレードする際には、決して玉を大きくしてはなりません。

廃止株の値動き

廃止株の値動きは、謎に満ちています。

なぜなら、廃止株の値動きは消えて無くなるのです。

後からチャートを見ることができません。

証券会社のツールは、上場している株の値動きのみ、閲覧可能になっているからです。

また、分足チャートについては、一週間以上経ってしまうと、見られない場合がほとんどです。

過去の分足データについては、おカネと手間をかければ調べることも不可能ではありません。

しかし、歩み値から自分でチャートを復元しなければならないなど、なかなかの困難を伴います。

ですから、上場廃止株の値動きについては、データを保存しておいて損はありません。

データの洪水で、頭が痛くなりますが。

さて、本日の結果はデイ負け、スイング勝ち。

デイ、勝てまへん。

スイングに徹しろと言うことか。

スイングも爆勝ち出来ている訳ではなし。

デイは効率良く負けられる。

やってられん。

相場も上か下か、はっきりしない。

アレな株持ち越し。