相場のかわし方

この記事は約4分で読めます。

相場の難しさ、それは負け方にあります。

大きくやられたら仕舞い。

生還できる余力を残さねばならないのです。

そして、負けは必ずやってくる。

全勝はありえないのであります。

したがって、いかに負け、いかに生き残るのか。

これが大事なコンセプトになります。

スポンサーリンク

負けを避ける

全勝を続けることなど、不可能であります。

どこかで負けざるを得ない。

その時、なるべく被害を小さくする。

これが相場で生き残り、最大限に利益を残す方法です。

すなわち、負けを受け入れ、いかに上手く負けるのか。

ところが、負けを取り返そうとして、ついつい悪あがきをしてしまう。

損の上塗り。

負けが負けを呼ぶ。

取り返そうとしてさらに悪あがき。

相場にありがちな事象であります。

すなわち、負けを避けるのではなく、スマートに負けることが求められるのです。

では、どうすれば良いのでしょうか。

負け額を小さく

負け額を小さくするコツは、チャンスのみにインすることであります。

チャンスと言っても、100%ではありません。

必ず負けは発生するのです。

ただし、確率は良い。

この自覚であります。

高確率で勝てるからこそ、次のチャンスを待てるのです。

逆に言えば、「これじゃまずい、取り返さなくては」と思い始めるのがまずい。

取り返そうとして、かえってやられる。

相場の難しさはここにあります。

確率の高さと、その確信。

これにより余計な手出しを慎むこと。

賢い負けの方法

地上最速の動物、チーターが良い例です。

チーターの特徴は、その俊足のみならず、非常に賢い動物であることです。

無駄な争いをしません。

例えば、獲物を手にした、その直後の行動。

サバンナと言う荒野では、しばしば、獲物の匂いを嗅ぎつけてハイエナが寄ってきます。

この時、チーターは獲物を守るために争うことはしません。

そのへんのワンコのように、ガウガウ吠え、周囲を威嚇するようなことは決してしないのであります。

ハイエナが寄って来た時点で、静かにその場を立ち去る。

せっかく手にした貴重な獲物を残して。

なぜなら、チーターは勝負事の本質をよくわかっています。

ハイエナの爪で傷をつけられたら、サバンナでは生きられません。

爪で引っ掛かれた傷は、あとあと化膿し、高熱にうなされるようなことになりかねないのです。

そうなると、獲物を追うことすらままならなくなります。

すなわち、小さな傷がサバンナでは命取りになる。

それを十分知っているのであります。

負けを受け入れるとは、このような行動を意味します。

武器を手にしているとしても、絶対ではない。

それを理解し、行動をコントロールする必要があるのです。

チャンスの絶対性

相場で言えば、チャンスは絶対ではない。

どんなに勝てる確率が高くとも、必勝はありえないのであります。

したがって、負けに拘泥してはなりません。

チーターがみずから獲物をあきらめ、静かに立ち去るように、無駄な勝負を避ける。

そして、次の機会に賭けるのであります。

なぜなら、地上最速の足があるのだから。

ハイエナごときに関わっていては、相場と言う荒野では生き残れないのであります。

でも待てよ、オレ、そんなに足が速かったっけ?

むしろハイエナのほうじゃ…

さて、本日の結果ですが、デイ負け、スイング±0。

地味に痛い。

デイはずっと持っていれば勝てたんですが。

まあしゃあない。

スイングは、もっとたくさんの銘柄を持ち越していれば勝てた。

相変わらずのタラレバであります。

持ち越し株を絞り込み過ぎましたな。

地合いいいんだから、さ。

素直に今回は引き下がります。

チーターのように。

しかし、昨夜買ったPTSで助かりました。

これがなかったらスイングも負けでした。

まあこの地合いですから、上がってるの買っときゃだいじょぶなんじゃないかな。

半導体主力、素っ高値レーザービーム買い。