株の損切りルール|おそるべき生き残りの手口は地震・火事にヒントが

この記事は約5分で読めます。

損切りするならモニターの前で大声で叫ぶ。

これ、私が発見した株生き残りの方法。

地震で助かり易い人の話から編み出した損失カットのやり方です。

大人しく静かにしているより助かる確率は高いか?

真偽のほどは実際に試す必要あり。

信じる・信じないはあなた次第です。


広告



株の損切り|わめけば助かる?

株のトレード、とりわけ超短期のデイトレードにおいて、何を考えれば良いかと言えば、まずは損切りです。

想定外の値動きに対し、なるべく被害が少ない状態で、上手に離脱。

地震の際の対応に似ています。

大きな地震が起きた場合、「落ちつけ」と考えて避難が遅れる場合が多いです。

避難が遅れれば、それだけ大事に至る可能性も高くなります。

小さい地震にも関わらず大声でわめく迷惑な人。

実際の話、そういう人のほうが助かる可能性は高いのだとか…。

自分の命を守る意味では、正しい行動とも言えます。

地震に限らず、火事などの場合も同じ。

冷静に対処して落ち着いている人ほど、逃げ遅れる可能性が高い。

この説は有力です。

損切り最良の方法?モニターを前にわめく手法

株で損切りをする場合も、悲鳴を上げながら大騒ぎをする人のほうが、助かる確率が高い?

1人でモニターに向かって狂ったように叫んでいたら、ヤバいですが。

たいていの場合、無言で冷や汗を流している、あるいは冷や汗すら流さず、じっとしている人のほうが多いかも知れませんが…。

しかし、被害を少なくするためには、大声でわめいたほうが良いのだと。

(あくまで自己責任ですが…。)

損切りが早くなるかも知れません。

その手法を採用していたら、本日のトレードでは一日中わめき倒すと言う、迷惑きわまりない状態になっていた筈です。

地震と株価の予知・予測とは

地震と言えば予知・予測。

予知・予測は不可能だとする説が有力です。

何をすべきかと言えば、避難訓練であったり、被害を想定した対応策を練ること。

つまり事後対応の準備です。

それは株のトレードでも同じ。

結局のところ、株取引において完全な値動きの予知・予測はできません。

(できる人も稀にはいるのかも知れませんが…。)

すべての銘柄において1ティックも取れない不可思議

本日もスキャルピングで、インする銘柄が次々と下がってしまう、何ともあり得ない状況。

1ティック取れないとは、スキャルピングの意味がありません。

買い値から1ティックも上がらず、逆に下がってしまうとは…。

なぜ負け続けたのか?

実は思い当たる節がないでもありません。

ある銘柄がデイトレ適性度が高いのではと思いつつ、とある理由で手を出さずにいました。

デイトレード用の資金は現在、30万円を超える程度ですから、1単位が100万円以上する値がさ株は原則、買えません。

3906 ALBERTに売買代金が集まり、一日を通して上昇傾向。

インしたくて仕方ありません。

しかし、お金が足りなくて買えない状況が昨日から2営業日連続。

そして、ALBERT以外には、良さそうな銘柄が今一つ見つかりませんでした。

それで、妥協して他の銘柄にインしては負けの連続。

思惑と現実の裏腹

分足チャートを後で見直したら、自分がインしそうなポイントで思惑通りの値動きをしていることが多かったです。

2営業日連続で同じ状況。

売買代金の集まっている値がさ株は、結構値動きが大きくなることが多く、チャンスと言えばチャンスです。

自分のインしたい銘柄に入れず、他の銘柄で売買して負けるとは、納得のいかない負け方です。

それでも爆損しなかっただけマシなのかも知れませんが…。

いちおうALBERTに買いを入れようと、買いボタンを押してみましたが…。

無駄な抵抗。

買えないと言う意味の表示が出て、弾かれました。

地震と不動産投資

地震で言えば、震災直後の福島や千葉の土地が安い、そこに投資できない機会損失とでも言うべきでしょうか。

確かに、未だに福島・茨城・千葉方面では、地震が多い傾向にはあります。

しかし、明らかに土地の値段は下がっているので、値動きだけを考えればチャンスと言えなくもないです。

不動産投資の話はともかく、相場とは値動きに追随して利益を出す方法論です。

チャンスの時に的確にインすることの大事さを感じました。


広告


11月29日のトレード結果

厚めの損切りを取り返す一日でした。

もうこんな思いは嫌と思いつつ、何度でも繰り返してしまいます。

大損しなかっただけマシかも知れません。

ほとほと参りました。

【デイトレード新規建売買代金合計】
(買建)概算450万円
(売建)なし
【デイトレード売買銘柄】
(買建)2427アウトソーシング、2479ジェイテック、2484夢の街創造委員会、3195ジェネレーションパス、3541農業総合研究所、3692FFRI、4287ジャストプランニング、4506大日本住友製薬、6064アクトコール、6569日総工産、9425日本テレホン
(売建)なし
【デイトレード損益】-0.6万円
【スイングトレード損益】なし
【本日のトータル結果】-0.6万円
【今月の損益】-2.2万円
【持越ポジション】新規買建なし
新規売建なし
【含み益】なし
【225オプション】ポジションなし


広告