微損と微益の評価表

この記事は約3分で読めます。

相場においては、トレードを評価することが大事になってきます。

これを軽視して、うまくいく相場はありません。

儲かったらそれでよいとか、損したからだめだった、と言うような短絡的な評価がまずいのであります。

トレードの評価について、当方の思う所は以下となります。

スポンサーリンク

微損は勝ち

微損は勝ちであります。

なぜか?

負けるが勝ちとは、おかしいじゃないか、そんな声が聞こえないこともありません。

当方の相場観によれば、含み損は負け、微益は負け。

しかし、微損は勝ちなのであります。

含み及び確定後の損益の評価をまとめますと、当方の場合、下表となります。

含みの状態確定後
微益勝ち負け
微損負け勝ち

評価は、含みであるか、確定後かによって変わります。

含みの状態であれば、含み損が小さくとも、それは負けであります。

そして、全てのトレードを微損で降りる場合、これはそれほど恐れるに足りません。

大きな値幅を一撃取れれば、回復できるからであります。

しかし、含み損を耐え、大きく負けてしまっては、その理屈も成り立たなくなります。

上表にはそんな意味が込められています。

微益は負け

微益をコツコツと積み立てていく。

これは堅実なようでいて、評価としてはあまり高くありません。

なぜなら、へそくり益で相場は成らず。

微益に終わったトレードなど、負けたに等しい。

従って、なかったものとして、計算の外に置くべきであります。

そんなものはある時、相場の悪魔によって、強引に持っていかれてしまいます。

にもかかわらず、これを大事に思い、慈しむ心が間違っているのであります。

相場の悪魔は、まずエサをまき、浮き足立たせておいて、こちらを丸呑みにしようという魂胆であります。

以下を見れば明らかでしょう。

すなわち、微益に釣られる烏合の衆、これが最も相場に食われる可能性が高いのであります。

次のチャンスは先にある

そもそも、次のチャンスはたいていの場合、先にあるものであります。

これを、当方の用語で、月2のチャンスと呼びます。

月に2回じゃ、そりゃぁ、なかなか出会えないよ、と。

月間営業日は20~23日程度ありますので、おおよそ20分の2のチャンスであります。

すなわち、10回に1回、大きく勝つ。

これを嫌がり、楽をしようとしても、そうそう上手くはいかないものであります。

焦って小物のエサに食いつき、大物に息の根を止められないように。

これが相場のテーマであり、生き残りのすべであります。

大儲けこそ守れ

そして、月2のチャンスを待ち、値幅をしっかりゲットした場合。

大きく勝った時こそ、守りに入るべきであります。

爆益後に気が大きくなって、無駄な手を打ってはなりません。

大儲けを死守するのであります。

なぜこれが大事かと言いますと、相場とは、つわものどもが夢の跡。

バブル崩壊、諸行無常に関するお話であります。

大儲けしたのに、多くの人は身ぐるみ剥がされてしまう。

それどころか、借金まみれになる者も少なくありません。

大儲けが守れなかったのであります。

大きく勝ったならば、どんな犠牲を払っても、それを守るべきであります。

微損は勝ち、したがって、臆することなく降りる。

次なるチャンスを待つために。

さて、本日のトレードは、例によってスイング負け。

頑張ればプラスにはできた、しかし含み損では頑張らない、この精神。

とりあえず微損でカットしておきました。

微損なので、評価としては勝ちであります。

ええ、そうですとも。

豪語しつつ、顔面がぴくぴくしとる。

「いつ勝てるんだよ?」、それ言っちゃだめ。

適当買い持ち。