腕力で実験する相場

この記事は約4分で読めます。

相場は壮大な実験場であります。

実験を繰り返し結論を得る。

このことによってしか勝ちを手にすることはできない。

そんな当方の感想。

そう思う理由は以下であります。

スポンサーリンク

相場のテスト勉強

相場はテスト勉強の準備ではありません。

例えば、

円の面積=半径×半径×3.14

子供の頃、無理矢理教わり、意味もわからず覚えた公式。

なぜこんな式になるのか。

その理由を考えていては、テスト勉強の準備としては、あまりよくありません。

なぜなら、そんなことをしていては、子供として、遊ぶ時間がなくなってしまうからです。

目先の準備を間に合わせると言う側面だけで言えば、考えるよりも覚える方が先決であります。

しかし、このスタイルで大人になるまで過ごしてしまうと、相場においては困ったことになりかねません。

なぜなら、誰も相場の公式を教えてくれる人はいないからであります。

そもそも公式が存在しない。

公式と相場

公式らしきものは存在します。

しかし、それはあくまで相場の一般論でしかないのです。

他人から聞いたような一般論で儲かるほど、相場は甘くありません。

その意味で、相場は人生より厳しいと言えます。

人生においては、就職がある種のゴールである時代もありました。

良い会社に入りさえすれば、ある程度、人生の安定が保証される。

残念ながら、その時代は過ぎ去りつつあるのであります。

そして、相場においては、そもそもそんなレールの上を歩くシステムは存在しません。

正確に言えば、一部の、最初からおカネ持ちの人が長期投資をするなら、配当を得て、一定収入を確保することができます。

資金と(人生の残りの)時間が余っている人にとっては、相場の上にレールを敷くことも不可能と言えなくもありません。

しかし、そんな人は極めて少数派であります。

聖杯の公式

こと短期売買に至っては、自分で手法を発見し、道を切り開く必要があります。

相場はマネーがうなりを上げる鉄火場であります。

求められるのは公式の暗記ではありません。

円の面積公式など、何の役にも立たないのであります。

なぜなら、多くの人が知っていることだからです。

そうではなくて、誰もがまだ知らない事実。

新たな公式をみずから発見し、利益を出し続けることが求められるのであります。

いわば、紀元前の数学者が一生をかけてまとめ上げた業績。

それと同じことを相場の中で再現し、利益を生み出すことによって、その証明をし続けなければなりません。

利益と言う名の証明であります。

相場の証明

くだんの円の面積公式においては、円をケーキをカットする時のように細かく切り分け、並べ替えて、長方形の面積として計算しているのであります。

しかし、これは子供向けの説明であり、厳密なものではありません。

正確には、微積分の計算が求められ、円周率πがなぜ3.14159265358979…であるのか、その証明から始めなくてはならないのであります。

そんなことをしていては、まさに時間の浪費であります。

限られた人生の時間内において、相場の証明をする。

いわゆる相場の公式、すなわち聖杯を探し出す。

そんなことが、人生と言う名の期限内において、可能であるのか否か?

聖杯の条件

相場の荒野においては、聖杯を探し出したものだけが無から有を生み出し、法外な利益を得ることができるのであります。

聖杯を手にするに必要なものは、腕力であります。

公式の暗記でもなければ、相場の常識や一般論を覚えることでもありません。

アルキメデスやピタゴラスと言った偉人たちのように、粛々と調べ上げ、証明し、法則をまとめ上げる必要があるのであります。

とんでもない。

そんなこと、できるわけがない。

それが当方の最初の感想であります。

相場の荒野で途方に暮れたせつな。

相場の報酬

ある日、ふと気づいたことがあります。

紀元前の偉人たちは、みずから成し遂げた業績によって、莫大な報酬を手にすることができたのか?

その答えはノーであります。

彼らが手にしたものは、後世に名を残すと言う名誉であります。

法外な報酬など、望むべくもなかったのであります。

しかし、現代の相場においては、業績=報酬であります。

相場の公式、すなわち聖杯を手にすれば、おカネ持ちになれる。

相場が報酬を与えてくれる。

そういうことであります。

儲けちゃおうかな。

名誉は残らないかも知れないけれど。

そんな危険な誘惑が駆けめぐった昨今。

さて、本日のトレードは、デイなし、スイング負け。

スイングは、ほぼプラマイゼロに近い感じで、何とか降りることができました。

日経先物が下げ、かなり焦りましたが、1~2銘柄の大幅ギャップアップにより、トータル助かりました。

大損していたかも知れない局面でトントン。

儲かってないのに儲けた気分であります。

デイも自重しノートレ、本日の報酬はなし。

どこが法外な報酬やねん。

どこが相場の公式やねん。

まだリバウンド相場は続くと見て、アレな株いくつか持ち越し。

上がるやろ(適当)。