デイトレーダー生活|億りたい?無理無理!一日の必須の最重要項目とは?

デイトレーダーの1日。

株づけの生活がどのようなものかご覧ください。

弱小の個人投資家による株式投資とスーパー億トレーダーとの違い、それは想定外のポカミスをどう上手く処理するかです。

それをまざまざと見せつけられました。

大引け15時00分の恐怖です。



結果的なスキャルピングとは

個人投資家が戻って来る、それを実感しながら本日前場、デイトレ。

私はデイトレでも利幅を広めに取るやり方が主体ですが、それでも終わってみると、実質スキャルピングになっていることが良くあります。

結果的なスキャ。

利益が出ていれば喜ぶべきなのかも知れませんが。

本日も、全て、トレード失敗による結果的なスキャルピングです。

スキャルピング投資法の難しさについては…
スキャルピングは博打?初心者向けコツとは?10分5億円銘柄当て株手法

利食い!リスクリワード比率最適化による勝率計算!9勝1敗=1勝9敗?

スキャは、利幅を狭く取ることで早く降り、着実に利益を出すと言うやり方ですが、反面、相対的に損切りの幅が大きくなると言うデメリットがあります。
スキャルピング投資のつもりが?利食い1損切り10絶望のデッドヒート

利食い3、損切り3で普段トレードをしている人が、利食い1にしたら、相対的に損切り幅が広くなった計算になりますから。

それを繰り返して行けばトータルでどうなるか、分かり切っている話です。

どこかで不利を取り返すような、通常と違うトレードを織り交ぜない限り、ジリ貧です。

スキャルピングにせよ、他のトレード方法にせよ、とにかく利幅を広げる努力をしないことには、結局のところ、それに対比するように損切り幅が広がってしまう、これはトレードのジレンマ。

自ら利食いの幅を狭く、狭くすることは、自分の首を閉めているようなものです。

「オレは息をしなくても、賢く立ち回れるさ。」

それはそれでカッコいいですが、実際の話、分が悪いです。

スキャルピングの反復はクロールの息継ぎ

全力全開のクロールで100mラスト、余力無しの状態で泳いでいる時、1かき1呼吸の予定にも関わらず、たまたま1回呼吸ができなかった時の苦しさ。

子どもの頃、プールでそういう経験、ありました。

すぐ隣でバシャバシャやっている子がいると、波立ってブレスを逃すことが度々ありました。

子供のバシャバシャは解かっていても逃げられないですから。

私が通っていたスイミングプールはコース分けがしてあって、半分はバシャバシャ遊んでいて、半分は個人メドレーでタイムを計っているとか、普通にありましたので。

一回呼吸ができなかったら、次に2倍酸素を取り入れて元に戻す、そんなことは普通の人間には不可能。

悶絶状態で急速にペースが落ちるか、最悪の場合、水を飲んで溺れる状態になります。

そんなことになったら非常に恥ずかしいので、子供の100m個人メドレーのラストは、本人は命がけ。

限界いっぱいいっぱいです。

大人はのんびり見てますけど、まれにそれで意識を失う事故があったらしくて、当時から「息継ぎはあまり我慢するな」とコーチが注意していました。

ペース配分維持がトレードのコツ

問題は最初に予定した呼吸のペースです。

想定外になった時に突然とんでもなく苦しい状況に追い込まれる訳です。

これは相場でも同じですから。

想定外で呼吸が出来なくなるようなマイナスのアクシデントではなくて、間違えて利食い幅が広くなってしまう、そういうプラスの偶然をモノにしないといけない訳です。

そのためには常に利を伸ばす機会をうかがうよう、気を張っている必要があります。

その偶然が多発してくれるのが活況相場です。

今は、トレードの頻度を抑え、やっとたどり着いたお盆休み。

売買代金10億円以上の銘柄数も、東証マザーズ28、ジャスダック11と昨日までの水準を大きく超えました。時系列の銘柄数詳細は昨日の記事をご参照ください。
トヨタの株価と日経平均で株の予想をするデイトレーダーの生活が辛い

しかし、いくら新興株の売買代金が多少戻ったからと言って、活況相場と言うには程遠いです。

お休み期間には違いありませんので。

スイングトレード、発注は後場

日経平均も昨日比マイナス。

手数もほどほどに前場中にデイトレードは停止しました。

しかし、想定外のポカミスは、どこからやって来るかわかりません。

予想できないからこそ”想定外”である訳です。

後場、明日へのポジションを作るため、14時頃から銘柄を選び発注を出します。

その時間は集中するため、クーラーの設定温度を低めにし、扇風機も稼働します。

頭を冷やす意味もあって。

発注が終わったら元に戻しますが…。

本日も同じく、予定通りの行動でした。

ところが…。

内心、「今日は相場が下げているし、持ち越しは空売りだろう?」と思いつつ。

主力の大型株がまた一段と微妙な陰線を引き始めています。

14時少し前。

どうも食後に運動しないのはスッキリしない。

頭がボーっとして来ました。

まずいなぁとは思ったのですが。

想定外のバカンスがやってきた

気づくと、次の瞬間目を疑いました。

時計がとんでもない時刻を指しています。

15時00分30秒。

「おいおい、この場に及んで居眠りかよ!」

我に返って、本能的にマウスとテンキーをカチャカチャやりましたが、意味ありません。

こういう時に限って、その後にニューヨークダウも下げ。

チャンスを思い切り逃してしまいました。

身から出た錆とは言え、言葉もありません。

眠気対策として、ちょっとでも眠くなったらヘッドフォンでBGMを聞くと言うのをやっているのですが、最近、もう音楽はイヤだと言う感じになって、無音状態でトレードしていました。

ガムを噛むと言うのも虫歯になるのでやりません。

大昔の治療跡から唾液が浸潤してしまうと。

それから、コーヒーもお茶もあまりにも毎日飲み過ぎで、腎臓に悪いような気がしてやめていました。

言い訳、意味ありません。

「今日と言う時間は戻って来ない、何やってんだ。」自己呵責で大引けをむかえました。

それが私のお盆休み、バカンスです。


広告

本日のトレード結果

【デイ新規建代金合計】(買建)概算100万円
(売建)なし
【デイ売買銘柄】(買建)3925DS、4393バンクオブイノベーション、4563アンジェス
(売建)なし
【デイ損益合計】+0.5万円
【持越決済】+2.5万円
【本日のトータル結果】+3.0万円
【今月の損益】+7.0万円
【持越ポジション】なし
新規売建なし
【含み益】なし
【225オプション】ポジションなし


広告

勝てない仕組みと理由を研究

  1. 急騰してから下落する分足チャート

    デイトレーダーが注意すべき4つの盲点|私のスキャ経験則を明らかに

  2. デイトレード損失の恐怖で“びびり”連発!静かなキレ方がヤバすぎる

  3. ニューヨークダウが-300ドル以上下落の分足

    株のデイトレーダー生活メリット・デメリット8選|ヤバすぎ悲鳴涙の日々

  4. 4本目の足が下落しているチャート

    スキャルピングの手法|初心者向けコツとは?10分5億円銘柄当て株売買

  5. 秋相場のアノマリー

    仮想通貨みたいなリバウンド!楽観バブル、タワー崩壊リスクに薄利降り

  6. 利き手によるサービスの違い

    ティックトックがウザい?じゃ見なきゃいいじゃん(フリックしまくり)

  7. 値がそれほど詰まっていない板状況

    板だけでデイトレード12営業日目|注意すべきであろういくつかの点

  8. 経験則をどう身に付けるか

    株で1日1000円稼ぐ実況|デイトレ ネガティブ連鎖の闇を打ち破れ

  9. 川で流れから離脱する方法

    株の損切りルール|おそるべき生き残りの手口は地震・火事にヒントが

  10. ホコリは下からは侵入しにくい

    米国株でデイトレのメリット|24時間株?手数料下げのチャンスを狙う

  11. 相場の森と言う名の生態系

    デイトレードと狩猟の共通点|木の枝わしづかみで助かる木こりの方法

  12. 特別売り気配と資金拘束の時間

    低位株のデイトレで一撃退場を食らわない方法|40分特売りがコワい

  13. 4本目の足が下落しているチャート

    デイトレ銘柄の株売買データを30万資金で取る|下手なら実践あるのみ

  14. 売り・買い交換ボタンシステム

    株と欲とツイッターの日々|思わず手が出てブログ絶筆!何コレ恐い

  15. デイトレードのスタート・ゴールと分かれ道

    PTSでスキャルピングどうよ?わいらの行着く先は株式投資熱中症か

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. 順張りにおけるイン・アウトのポイント

    2019年11月第4週|日々のトレード結果 瞬トレ押ボタン競争開始

  2. 値動きがないまま下げる値動き

    最も危険な手法|12のデイトレまとめ|これで儲からにゃ3日で退場

  3. 900円→1000円の値動きを示すチャート

    2019年11月第3週|日々のトレード結果|損切り連続への忍耐力

  4. 最も合理的な買い・売りポイント

    2019年10月月間損益|デイトレ下手クソ 元の木阿弥すってんてん

  5. 難易度の低い上昇トレンドのチャート形状

    2019年11月第2週|日々のトレード結果|高値更新追っかけたい

  6. ピボット値、高値、安値の関係

    2019年10月第5週~11月第1週|日々のトレード結果|勝つで!

  7. 価格差と現実の利益

    2019年10月第4週|日々のトレード結果|不屈の精神投げ捨て?

  8. 2019年10月第3週|日々のトレード結果|閑散相場つれーつれー

  9. デイトレに適したボトムスの選び方|崖っぷちのパンツに合理性ありか

  10. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年9月月間損益|デイトレード年間損益マイナスが見えて来た

広告
広告