順張り・逆張りの勝率をめぐる比較表|8つの視点と結論がヤバ過ぎる

この記事は約5分で読めます。

順張り・逆張りは最も一般的な株用語の1つ。

深く考えずに使っている場合も少なくありません。

これらの語を8つの視点から分解。

相場について行く意味では、順・逆いずれも同じ。

独断と偏見にあふれる筆者の視点で、これらの用語を再考しまとめてみました。

順張り・逆張り比較表

順張り逆張り
1.意味順方向に張る逆方向に張る
2.勝率高くない高い
3.損切り忙しい遅れがち
4.売買中の心理つらいつらくない(?)
5.難易度かなり難しい難しい
6.参戦機会多い多くはない
7.利幅広く取れる広く取りにくい
8.大損ありがちありがち

この表は、あくまで筆者の個人的見解であり、厳密なものではありません。

感覚的なもの。

総合的には、順張り・逆張り、どちらも一長一短。

以下、このように感じた経緯と理由などについて記述いたします。

1.順張り・逆張りの意味

そもそも株の値動きについて、順方向・逆方向をどう判断するべきなのでしょうか。

株価は常に上下動を繰り返しています。

このため、順と逆を決めようにも決められません。

仕方ないので時間を区切って(例えば10分間)、その中で株価がどちら向きに動いてきたか。

その方向を勝手に順方向と決めつけているに過ぎません。

もっと長い時間軸では、逆方向と解されることがあるかも…。

限定時間内を切り取った定義づけ。

順・逆いずれにせよ、マーケットについて行く努力をしていることには変わりありません。

それを忘れ、順張り・逆張り論にもとづく売買をしても、感覚的で曖昧模糊(あいまいもこ)としたトレードになりがちかも…。

もちろん、それで勝てるのなら問題ないですが…。

2.勝率

順張りの勝率は高いとは言えず、逆張りの勝率は高い。

これも感覚的なものですが…。

順張りの勝率が高くない理由

高値で買って、さらに高く売る。

この順張りの場合、買った途端に急落、ワープ下げなんてことも。

株価が高値にある時点で、樹木のテッペンにいる状態。

落ちたら一直線です。

逆張りの勝率が高い理由

安値で買って、戻り値で売る。

耐えれば戻る、その一心。

「薄利でもいい、勝たせてほしい。」

その期待に応えて相場が甘い顔を見せてくれるような…。

しかし、その甘い顔には裏があります。

3.損切り

順張りでは、“ワープ一直線下げ” が度々。

当然、損切りは瞬足でなければ間に合いません。

それに対し逆張りでは、ついつい忍耐力が…。

結果、じわじわ下げて大損なんてことも…。

順張り・逆張りともに損切りは簡単ではありません。

ですが、いくらか逆張りのほうがのんびりできる…?

この“のんびり” が、実は悪魔の誘いなのかも。

4.売買中の心理

早く損切りしないと危ない順張り。

それに対し、ついつい忍耐力をフル活用させてしまう逆張り。

この相反する心理状態のためか、順張りが苦手、逆張りが得意と感じるケースが多いのではないでしょうか。

順張りのほうがつらい。

しかし、逆張りでは、判断を先送りしているだけなのかも…。

何でも先送りにするほうが楽に感じます。

しかし、トレードも人生も似ています。

先送りしたほうが結果がまずくなる場合が多い、そう思いませんか?

5.難易度

順張りと逆張り、どちらが難しいのでしょうか。

  • その答え:どちらも難しい

筆者の印象では、どちらかと言うと、忙しい判断が求められる順張りのほうが難易度高し。

判断の先送りがある程度許される(ような気がする)逆張り。

こちらのほうがいくらかマシな印象。

しかし、これも感覚的なもので、相場の悪魔のささやきに乗っているだけ?

6.参戦機会

順張りできそうな銘柄、逆張りできそうな銘柄。

どちらが多いかと言えば、順張りのような…。

もちろん当人のやり方にもよります。

新興市場を見ている限りでは、毎日必ず急上昇している銘柄があります。

全体相場が爆下げの時でも、爆上げしている銘柄がある場合が多いです。

そういう意味では、チャンスは順張りのほうが多いかも…?

7.利幅

順張りでは、上手くいけば利幅を広めに取ることができます。

買った途端に株価がスーッと伸びることも。

そこでも売らずにストップ高張り付き。

そのままストップ高の連続へ。

とんでもない利幅が取れることも…。

たまにはそういうこともあります。

それが順張りのねらい目。

ですが、そこにぶち当たるまでは、何度も損切りを繰り返す必要があります。

トレードが上手な人はこのパターンが多いかと。

8.大損

ありがち。

まさにありがち。

順張り・逆張りを問わず。

どうやって大損を回避するか?

それがこのブログの一大テーマです。

4月5日のトレード結果

ほとんどノートレ。

新興市場の売買代金はやや下がりました。

相場が活況なんて、たまにしかありません。

トレードなんて、こんなもの。

大損しなかったら、とりあえずOKです。

【デイトレード売買銘柄】
(買建)7061日本ホスピス
(売建)なし

デイトレード新規建売買代金(買建)概算20万円
デイトレード新規建売買代金(売建)なし
デイトレード損益+0.1万円
スイングトレード損益-0.1万円
本日のトータル結果±0万円
今月の損益+0.7万円
持越ポジション(新規買建)2銘柄(新興株)
持越ポジション(新規売建)なし
含み益なし
225オプションなし