全仏オープンテニス 2019 錦織圭 大坂なおみ【ハイライト動画】

運動場に上手く描けた白線のトラック

2019年5月26日(日)~6月9日(日)に開催されたフレンチオープンテニス。

錦織圭選手と大坂なおみ選手のハイライト動画まとめ。

2018年ハイライトシーンも追記しました。

優勝する可能性は十分ありましたが両名ともに涙を飲みました。

続く全英(ウィンブルドン)に期待しましょう。


スポンサーリンク


【最新情報】2019 全仏オープン・ハイライト

錦織圭ハイライト

第1回戦

【ユーチューブ動画】第1回戦 【錦織圭 VS Quentin Halys】ハイライト 6-2 6-3 6-4

初戦の錦織選手はなんなく順当勝ち。

格の違いを見せつけました。

第2回戦

【ユーチューブ動画】第2回戦 【錦織圭 VS Jo-Wilfried Tsonga】ハイライト 4-6 6-4 6-4 6-4

第3回戦

錦織圭 VS Laslo Djere
6-4 6-7 6-3 4-6 7-6

第3回戦は錦織選手が薄氷の勝利。

フルセットの末のタイプレークで、やっとのことでつかんだ勝ちです。

男子は5セットマッチと長丁場。

(女子は3セットマッチ。)

その上、球速の遅い全仏のコートサーフェス(アンツーカー)。

試合が長引き、体力が消耗します。

フルセットに付き合うのではなく、体力を温存しつつ勝ち進み、勢いが維持できれば優勝も十分可能と見ます。

果たして、悲願のグランドスラム・タイトル奪取はかなうのでしょうか。

第4回戦

【ユーチューブ動画】第4回戦 【錦織圭 VS Benoit Paire】6-2 6-7 6-2(日没による中断後)6-7 7-5

薄氷のフルセット・ブレーク合戦。

2度のタイブレークを奪われ、最終セットも2度のブレークダウンを喫しながら、逆転。

ベスト8に進出しました。

連日のフルセットで蓄積された疲労に上手く対処し、優勝までこぎつけてほしいところです。

準々決勝

【ユーチューブ動画】準々決勝 【錦織圭 VS Rafael Nadal】1-6 1-6 3-6

クレー王者ラファエル・ナダル選手が相手とあって、全く歯が立ちませんでした。

体格・パワーの差についても、いかんともしがたい面があるとは言え、ここまで圧倒されるとは。

準々決勝にして立ちはだかる最大の壁は、半端ではありませんでした。

続く4大タイトル、全英、全米でリベンジ期待です。

大坂なおみハイライト

第1回戦

【ユーチューブ動画】第1回戦 【大坂なおみ VS Anna Schmiedlova】ハイライト 0-6 7-6 6-1

大坂選手、フットワーク、身のこなしは1~2年前を上回っています。

しかし、第1セットを一方的に落としピンチに見舞われました。

第2セットはタイブレークにもつれ込みました。

一歩間違えれば、1回戦負けの番狂わせすらあり得る展開でした。

第2回戦

【ユーチューブ動画】第2回戦 【大坂なおみ vs Victoria Azarenka】ハイライト 4-6 7-5 6-3

2回戦は「これ決勝戦?」と思われるくらいに競りました。

元世界王者のアザレンカ選手が、試合巧者ぶりをいかんなく発揮。

しかし、スロースターターの大坂選手が第3セットで独走態勢に持ち込み、勝利。

若干の不安定さはありますが、優勝できる勢いは十分ありそうに見えました。

第3回戦

【ユーチューブ動画】第3回戦 【大坂なおみ VS Katerina Siniakova】ハイライト 4-6 2-6

大坂選手、ベスト16ならず。

ファーストサーブの入りが悪く、ミスを連発。

相手のブレークポイントでのダブルフォルトもあり、痛恨の3回戦敗退となりました。

球速の遅いコートで、持ち前のパワーが打ち消されてしまったのでしょうか。

まことに残念です。

しかし彼女はまだ若いです。

4大タイトルをつかむチャンスはいくらでもあります。

2019年全仏オープン決勝

男子シングルス決勝

ナダル選手が余裕の貫録勝ち。

ティエム選手が追随できたのは第2セットのみでした。

【ユーチューブ動画】男子シングルス決勝 【Rafael Nadal vs Dominic Thiem】ハイライト 6-3 5-7 6-1 6-1

女子シングルス決勝

バーティ選手が4大大会初優勝。

19歳の新星ボンドロウソバに難なく勝利しました。

【ユーチューブ動画】女子シングルス決勝 【Ashleigh Barty vs Marketa Vondrousova】ハイライト 6-1 6-3


広告

フレンチオープンでの戦い方

フレンチオープンと言うと、テニスの4大大会の1つ。

毎年5月末から開催され、ローランギャロス・スタジアムの赤土コートが特徴。

アンツーカーと言うサーフェス(表面の材質)で、レンガの粉を用いた特殊なクレーコート(土のコート)です。

このコートでは球速が遅く、バウンドが高くなる傾向があるため、コート後方からの打ち合いが有利になります。

不用意にネットに出たのでは、簡単にパッシングショットを決められてしまいます。

従って、全仏では全仏の戦い方をしなければならず、それが4大大会全てを制覇すること(グランドスラム達成)の難しさにつながっています。

コートの特性

コートサーフェスによる4大大会の特徴をまとめると、以下のようになります。

4大大会のコートサーフェス

サーフェス 球速 バウンド
全英 やや速い 低い
全米 ハード 速い 高い
全仏 クレー 遅い 高い
全豪 ハード やや速い 高い

表中の「やや速い」については、人間が感じることですので諸説あります。

例えば、全英の芝(グラスコート)では、大会初日には芝が新しく、ボールが滑るため球速が速くなります。

しかし、最終日に近づくにつれ土が露出し、球速は遅くなります。

全仏については、球速が遅いことについて異論がある人はいません。

コートサーフェスによる影響は、これ以外にもいろいろあります。

全仏オープンの特徴

試合時間

球速が遅い特性により、不用意にネットに出ることはできません。

ボレーをしてもバウンドが遅く高いのですから、簡単にパッシングショットで抜かれてしまいます。

パワーだけで打ち負かすことも難しいです。

戦略としてはコート後方で粘り強く打ち合い、チャンスを待つ必要があります。

このため、試合時間は長引く傾向があります。

足が滑る

ハードコートに比べ足が滑るので、ストップが効きません。

足を滑らせながら、スライディング状態でボールを打つ場合も多いです。

試合時間が長引いてくると、この足が滑る状況が微妙に選手の体力を奪っていきます。

フレンチオープンにはフレンチオープンのフットワークがあり、上手く対処する必要があると言う事です。

天候の影響

アンツーカーと言うコートサーフェスは、雨が降ると水を吸い込みます。

その場合、球速はさらに遅くなり、バウンドは若干低くなります。

もともと遅い球速がさらに遅くなるなどと言う事は、ハードコートや室内コートではあり得ないことです。

風が強い日には赤土が舞い上がることもあります。

状況に合わせて柔軟に対応できる能力が必要となってきます。

審判のコールはフランス語だけ

フランスと言う国は、とても言語を大切にする国です。

数百年前の文法を、そのまま現在に踏襲する施策を取っているのだそうです。

当然ながら、審判のコールは全てフランス語です。

たまに英語で審判に食って掛かる選手がいますが、相手にされません。

クレームを言うなら、フランス語が話せなければなりません。

まことにプライドの高い国、フランスです。

プレースタイルによる有利・不利

プレースタイルとしては、コート後方で打ち合うグラウンドストローカーが有利になります。

ただし、守りに入って打ち合いに徹すれば良いかと言うと、そうではありません。

そんなことをしていては、相手のミス待ちになってしまい、体力を奪われてしまいます。

20~30年くらい前までは、その方法を取っている選手も少なくありませんでした。

しかし、誰しもおそらくは試合時間が長引くことがわかっていますので、消耗戦は避けたいと言う事情があります。

仕掛けるべきところでは果敢に攻める必要があると言うことです。

錦織圭・大坂なおみのプレースタイルは?

いずれの選手もグラウンドストローカーであり、コート後方での打ち合いを得意としています。

このため、実は4大大会の中では一番チャンスがあるのが全仏オープンと言っても過言ではありません。

ネットプレーヤーですら、後ろでの打ち合いを余儀なくされるフレンチオープンです。

ただし、グラウンドストロークに優れた選手はとても多いので、競争が激しいことは否めません。

問題は体力やケガ。

当然ながら何かの故障があれば、長い試合時間について行くことはできません。

万全なコンディションで臨めば、おのずと勝機は見えてきます。


広告

2018年の全仏オープン・ハイライト

錦織圭ハイライト

【ユーチューブ動画】第1回戦 【錦織圭 VS Maxime Janvier】7-6 6-4 6-3

【ユーチューブ動画】第2回戦 【錦織圭 VS Benoit Paire】6-3 2-6 4-6 6-2 6-3

【ユーチューブ動画】第3回戦 【錦織圭 VS Gilles Simon】6-3 6-1 6-3

【ユーチューブ動画】第4回戦 【Dominic Thiem VS 錦織圭】6-2 6-0 5-7 6-4

錦織圭 2018ローランギャロス【総集編】

【ユーチューブ動画】錦織圭ハイライト・セレクトトップ5

錦織選手は、2015年と2017年の全仏オープンで準々決勝まで進んでいます。

2018年は4回戦で涙を飲みました。

2019年は全豪でベスト8です。

ここで一発、全仏オープンで優勝をかっさらってほしいところです。

大坂なおみハイライト

【ユーチューブ動画】第1回戦 【大坂なおみ VS Sofia Kenin】6-2 7-5

【ユーチューブ動画】第2回戦 【大坂なおみ VS Zarina Diyas】6-4 7-5

【ユーチューブ動画】第3回戦 【Madison Keys VS 大坂なおみ】1-6 6-7

大坂なおみ 2018ローランギャロス【総集編】

【ユーチューブ動画】大坂なおみハイライト・セレクトトップ5

2018年の全仏オープンでは3回戦で涙を飲みましたが、その後に全米オープンで優勝。

2019年は全豪でも優勝しました。

全仏オープンも優勝を狙うポジションにいます。

しかし、最近の女子テニスはライバルが多いです。

果たしてどこまで勝ち上がれるでしょうか。

のぼり調子の彼女に期待します。

2018年優勝のラファエル・ナダル

2018年、ラファエル・ナダル選手は11度目のローランギャロス優勝。

キング・オブ・クレーの名は揺らぎません。

ナダルと言えば、長きに渡り一戦で活躍してきました。

そろそろ世代交代の時期です。

錦織選手、大坂選手ともに十分優勝を狙えるポジションにいることは間違いありません。

万全なコンディションを期待するとともに、しっかり応援をしていきたいところです。

関連記事

ウィンブルドン選手権2018結果【動画】錦織圭・大坂なおみハイライト

全豪テニス錦織圭速報|レジェンド解説者が真っ向から…何これひどい

全豪2019フェデラー・ナダル・ジョコビッチ【全試合動画】ハイライト

椅子のギシギシ音の直し方!10分解決潤滑油プシュ!オフィスチェア異音

全豪オープンテニス2019錦織圭・大坂なおみ【全試合動画】ハイライト

全米オープンテニス 2019 錦織圭 大坂なおみ【ハイライト動画】


広告

勝てない仕組みと理由を研究

  1. 利き手によるサービスの違い

    大坂なおみ全米オープン優勝【決勝2018動画】セリーナ戦速報がヤバい

  2. 経験則をどう身に付けるか

    大坂なおみの祖父が凄い!60貫の寿司を孫娘がペロリ?根室で微笑む

  3. 利き手によるサービスの違い

    全豪2019フェデラー・ナダル・ジョコビッチ【全試合動画】ハイライト

  4. ネットプレーヤーがコートカバーをする範囲

    大坂なおみ元コーチサーシャバイン結婚は?恋人が美人過ぎる?現在は?

  5. オーストラリア・メルボルンの位置

    全豪テニス錦織圭速報|レジェンド解説者が真っ向から…何これひどい

  6. 秋相場のアノマリー

    大坂なおみに彼氏が出現?国籍どうなる?2020年スター生活の序章

  7. 急騰する1分足チャートの拡大イメージ図

    大坂なおみ2019年2度目のコーチ解任|別件の訴訟まで降って沸く

  8. ネットプレーヤーがコートカバーをする範囲

    テニス錦織速報|フェデラー・ナダル・ジョコビッチに負ける4つの理由

  9. カフェの看板を見上げた空の図

    ウィンブルドン2019速報ハイライト|剛腕の乱で錦織健闘!動画満載

  10. テニスの厚いグリップ・薄いグリップ

    大坂なおみインタビュー2018世界を取る前夜【動画】20歳の準決勝

  11. テニスの厚いグリップ・薄いグリップ

    大坂なおみの日本語は“ガラスの仮面” 製?80年代燃え尽き症候群とは

  12. 4カ所の点を結んで長方形が完成する

    大坂なおみ二重国籍問題の決着は?速報トンデモ論争勃発!こいつはヤバい

  13. ネットプレーヤーがコートカバーをする範囲

    全豪オープンテニス2019大坂なおみ|とんでもない状況が始まりつつある

  14. 3本の陽線上昇のチャート

    シャラポワ日本に現る!ピーチの吐息に身もだえた嘘のような本当の話

  15. グラウンドストローカーがコートカバーをする範囲

    全米オープンテニス 2019 大坂なおみ 錦織圭【ハイライト動画】

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. デイトレに適したボトムスの選び方|崖っぷちのパンツに合理性ありか

  2. 2019年10月第3週|日々のトレード結果|閑散相場つれーつれー

  3. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年9月月間損益|デイトレード年間損益マイナスが見えて来た

  4. コツコツドカンを図示すると…

    2019年10月第2週|日々のトレード結果|退場秒読み御開帳相場

  5. 波間で溺れる人の図

    2019年10月第1週|日々のトレード結果|オレまだやるの相場乙

  6. 同心円を追加した図

    2019年9月第4・5週|日々のトレード結果|月末プラ転お祈り相場

  7. ジリ上げ後に急落するチャート形状

    2019年9月第3週|日々のトレード結果 “女心と秋の空” …

  8. 孤独に傘をさす男のシルエット画像

    2019年9月第2週|日々のトレード結果|台風一過コツドカ急先鋒

  9. トレードの結果の分類図

    2019年9月第1週|日々のトレード結果|閑散相場から脱却への道はい…

  10. デイトレの休日|無の空間から帰還できず涙する 2019年8月月間損益

広告
広告