株チャート・テクニカル入門!3つの変数で自分独自のやり方を確立する

株の函数

テクニカル分析が役に立たないと思う理由は、相場の“箱”、ケースの表面ばかりに目が行きがちであることです。

“箱” とは、相場の“函数”のことであり、株の初心者が見落としがちな最も大事なカーソルが入口になっています。

まず入口をしっかり認識したいところです。



テクニカル分析が役に立たない?

株を始めた当初、右も左もわからず、ネット情報もあまり熱心には見ていなかった私が、物は試しと言うことで株の本を買って読んでみました。

いろいろな用語も知らず、証券会社の口座も開設したばかりで、知識はほとんどゼロ。

本を数冊読んだところで、株取引の概要は若干わかるようになりましたが、「必勝法」が本に書いてある訳ではないので、何をどうやれば良いか、皆目見当がつかないままでした。

その状態が1~2年くらいは続いたと思います。

その間に株の口座を開き、日々、ツール上でチャートを見るようになり、様々なテクニカル指標をチャートに追加表示していました。

特に思い出深いのはMACDです。

分足、日足のチャートにMACDを表示し、意味もわからず買い。

そして、MACDが底を打ちそうなところでナンピン買いをし、リバウンドしたところで利確。

何度か利益は出たのか、それとも最初から上手くいかなかったのか、今では覚えていません。

覚えているのは、その後にこの方法で見事に大損をし、とんでもない目に合ったと言うことです。

やはりナンピンは危険です。

それが株を始めて、1~2年くらい経った頃のお話です。

株チャートは意味がない、本は役に立たない?

今でもナンピンはたまにやりますが、MACDは表示していませんし、その他のテクニカル指標も見ません。

移動平均だけは一応表示していますが、仕様上勝手に表示されているだけで、これもほとんど当てにしていません。

なぜ当てにしていないかと言うと、何度もそれに頼って損をしているからです。

試したテクニカル指標は全部で5~6種類くらい?

詳しく調べたのはそのくらいですが、それ以外にも調べられ得る限りのテクニカル指標を試してみました。

ですが、どれも上手くいったりいかなかったり。

結果は微妙。

今では株の本も読まなければ、日足チャートですら、あまり熱心には見ません。

(一応、注目している銘柄については毎日、目を通していますが…。)

今後もこの姿勢、変わる予定がありません。

利益を出すための3つの必須知識とは?

結論から先に書きましょう。

あくまで私流の考えに過ぎませんが…。

結論は、損益=f(x,y,z)であると考えています。

f(x)という表記は通常、高校数学でも出てきますが、関数を意味します。

関数とは昭和初期までは函数と書かれたこともありました。

“函” とは箱の意味であり、fと言う名の計算機の“箱” に(Xの代わりに具体的な)数字をぶち込むと、計算されてその結果が出てきます。

その計算結果がf(x)であると言う意味です。

カッコの中の数字は、変数を意味します。

f(x,y,z)とは、fと言う名の計算機に3つの具体的数字をぶち込み、自動的に計算された結果を意味します。

例えば、

F(1,2,3)=256

と書いてあったら、Fという計算機のx,y,zと言うカーソルに1,2,3をぶち込んだら、計算結果は256になりました、と言う意味です。

大学1~2年レベルの多変数関数?

f(x,y,z)のように、変数がx,y,zの3つある場合には、3変数関数と呼ばれます。

高校までの数学では、通常、1変数関数までしか扱ってはいけないことになっています。

文字の数はいくつ含んでいても構わないのですが、“変数” は一つだけに限定しなさいと。

例えば、(a+b)XY+abY+cZ のような式は中学・高校でも出てきますが、あくまでも文字式としての扱いであって、XとYを変数として扱うことは、やるなと…。

XとYを変数として扱うと、2変数関数ということになってしまい、高校数学の範囲から逸脱します。

(文字式内の文字の数と変数を混同している人がいますが…。)

このため、高校でf(x)は見たことがあるけれど、f(x,y)は見たことがないと言う人が多いと思います。

f(x,y)やf(x,y,z)は、大学1~2年で習う範囲の数学だからです。

だから株のx,y,zって何よ?

高校で多変数関数を扱う例外は、物理で出て来る“波の式” です。

f(x,t)などと言う表記が出てくることがあります。

xは位置、tは時刻を意味する2変数関数ですが、高校数学では扱ってはいけない範囲ですので、小さくしか出て来ません。

それで、私流の株の損益計算機である、f(x,y,z)ですが、xは株価、yは出来高、zは時刻。

何だよ、当たり前じゃないか、と言われそうですが…。

数え切れないほどたくさんのテクニカル分析がありますが、その出発点になるのはこの3変数です。

そう考えて以来、私はテクニカル分析を一切見なくなりました。

時系列の株価と出来高、経過時間だけを見ていればそれで済むと。

そして、その3つを見ても何も浮かばないのであれば、テクニカル指標に頼って何かが見えたとしても、それは幻である…と。


広告

大損を防ぐための株の“函”、持ってる?

世の中の全ての事象は、それこそf(x1,x2,x3,…xn)と言う複雑怪奇なn変数関数です。

n → ∞ の極限値を求めて、世の中の問題を一挙に解決できれば、どんなにラクなことか。

株の短期売買でこの3変数、株価と出来高と時刻だけしか見ないのは、ファンダメンタルズその他の情報は短期売買には直接関係ないと思っているためです。

とは言え、大学レベル以上の数学を駆使してトレードしている訳でもありません。

そんな必要はないと気づきました。

3つの変数をぶち込む魔法の“函”さえ持っていれば…。

自分独自の“函” を持つこと。

それが株の短期売買に必要なことだと考えています。

その“函” の具体的内容については、またの機会にご紹介させて頂きたいと思います。

関連記事:
寄り付き指値を使った1%利益確定手法が3年で稼げなくなったので公開

握力でデイトレ!値動きに忍耐!売買代金が集中する銘柄で勝負した結果


広告

勝てない仕組みと理由を研究

  1. 日経平均月足チャート60年分

    デイトレの利回りと株で儲かる淡い夢|利益3%で30万暴威が億り人?

  2. X1から等距離の2点を決める

    両建てで稼ぐ株の手法?うねり取り戦略“買2売1”テクニックで儲かる?

  3. 10本目チャートまで作成したチャート

    ロスカット!株に失敗したらどうする?売買マシーン化で機械人間に…

  4. 前日のローソク足とピボット値

    株の値動きを分析する方法|私の3つの考え方|これで丸裸になりました

  5. 同心円を追加した図

    株のピボットとは|仕組みを理解する法|これでスルー力増強しました

  6. 経験則をどう身に付けるか

    100株いくら?安い株を買う分散投資の基本5選【ヤバい裏技あり】

  7. 10本目チャートまで作成したチャート

    イナゴスキャルピング?トレードで生き残る方法、そこまでやるかよ!

  8. 価格下落の不確実性

    株式投資の初心者が心に留めるべき値動きに関する事象|価格ラグとは

  9. 急騰する1分足チャートの拡大イメージ図

    株の掲示板5選|おすすめ使い方まとめ|ツイッター恐るべし情報収集

  10. 株失敗を避けるデイトレ|ルール破りは退場の香り|弾丸よけ生き残る方法

  11. 日経平均月足チャート60年分

    日経平均株価60年の推移を振り返る2018年末|継続疑義注視ブログに

  12. 急騰してから下落する分足チャート

    デイトレードと出来高・損切りの関係|ブン回してこの結果!何コレ痛い

  13. カイジ風の筆者びびり顔

    株の勝ち方|私のデータ洪水5つの脱出法|勝敗2択迫られた顔が凄い

  14. 急騰する1分足チャートの拡大イメージ図

    株の聖杯|デイトレ一日5000円!株退場から必勝法への遥かなる旅路

  15. 株で注意すべき3つの期間

    夏枯れ相場はいつから来る?2019年3つの休暇期間で注意すべきポイント

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年8月第4週|日々のトレード結果|ブランク明けビビり売買発動

  2. グラウンドストローカーがコートカバーをする範囲

    全米オープンテニス 2019 錦織圭 大坂なおみ【ハイライト動画】

  3. 1分足チャートの出来高が薄いパターン

    2019年8月第2週~第3週|日々のトレード結果|損切り2発KO

  4. 分足チャートのどこで利幅を取るか

    2019年8月第1週|日々のトレード結果|つれない相場の女神に頼みたい

  5. 値がそれほど詰まっていない板状況

    株の出来高の見方に注意し大損をのがれた結果 2019年7月月間損益

  6. 難しい上昇トレンドのチャート形状

    2019年7月第5週|日々のトレード結果|夏枯れ相場に様子見益なし?

  7. 同心円を追加した図

    2019年7月第4週|日々のトレード結果|参院選後に相場は動くか?

  8. 価格上昇の不確実性

    2019年7月第3週|日々のトレード結果|日常茶飯事誤発注で血の気引く

  9. グラウンドストローカーがコートカバーをする範囲

    東京の公営ジム139選|一覧表で3分決定 格安トレーニングスポット

  10. デイトレーダーが望む上下動を繰り返す値動き

    2019年7月第2週|日々のトレード結果|有限利確と無限損切りの戦い

広告
広告