材料を買わない理由

この記事は約3分で読めます。

当方、値動きを買う派であります。

材料を買うことはほとんどありません。

その理由は以下。

個人的感想のため、参考にはなりません。

あくまで備忘録の一つであります。

スポンサーリンク

すでに上がっている

材料が出ている株は、たいていすでに上がっている。

材料が良ければ良いほど、上がっています。

暴騰している場合も少なくない。

そんな株を買って、はたしてさらに上がり続けるものなのでしょうか。

当方も材料株を買ったことがあります。

しかし、上手く行くこともあれば、そうでもない場合もあり。

むしろ、逆に動かれた時の損が大きい。

上がり切った株が下げ始めたら、とても速いのです。

高値掴みを避けたい。

ただし、高値を買わない訳ではありません。

素っ高値の行き過ぎを狙うことはあります。

すなわち、材料では買わず、値動きを買うのであります。

なぜなら、そのほうがやりやすいからであります。

むしろ、材料がなく、不当に下げ過ぎている銘柄を拾う、そんなことは良くあります。

材料探しの難しさ

材料が無い。

むしろ、悪材料ばかり出て、低迷している。

そんな場合、当然ながら、株価は安い。

泣かず飛ばず。

そんな銘柄にもチャンスはやってきます。

ある日突然、急に買われることがあります。

そして、後から材料がささやかれるのです。

この場合も、材料が出てから買ったのでは遅い。

とんでもなくブチ上げて、何だろうと思ったら、復配ネタが出てきたり。

復配とは、無配株が配当を再開することです。

この場合、配当再開が公表されてからでは遅い。

では、その前に情報をキャッチできるかと言えば、それも難しいのであります。

そんなことできるのはインサイダー。

ファンダメンタルは原石探し

ファンダメンタルについても、同様に考えています。

ファンダ投資の場合、中長期を見越しての買いが求められます。

いくらファンダメンタルが強いからと言って、短期で買っていったのでは上手くいきません。

これ以上ないと言うくらいファンダが良い銘柄は、実際に存在します。

しかし、株価は上がってしまっている場合が多い。

ファンダ投資家が買っているからです。

その状態の銘柄を買うのは、ちょっときつい。

すなわち、ファンダの良い銘柄ではなく、これからファンダが良くなる銘柄を買わなくてはなりません。

今、冴えないけれども、これから冴えてくるものを狙う。

現在、ダメな銘柄を狙うわけですので、それはダイヤの原石探しに等しい。

ダイヤの原石は石ころの中に隠れているのであります。

材料・ファンダの能力

石ころの中にダイヤの原石を見つける。

それが、材料・ファンダメンタルの見極め方法であります。

派手に光るキラキラ銘柄を追うのではありません。

むしろ、目立たず、誰も気づかない物の中から、本物を探す行為であります。

これは地味に見えて、高度な能力が求められます。

知識と経験、そして才能。

当方もそれらを追い求めないわけではありません。

会社四季報、久々に買おうかなと。

さて、本日のトレードですが。

米国株続落を受け、ダダ下がりした日経。

持ち越しのクソ株はとんでも下げ。

寄りでブン投げました。

寄ってから結構リバがあり、ナンピンしていれば助かりましたが、心が折れてそんなことはできません。

自重、自重。

デイも一瞬の迷いでチャンスを逃がしてしまいました。

二番手のショボい銘柄にインしてしまい、微益に終わるなど。

一番手に入っていれば、がっつり勝てたのに。

やっぱり損をしているとだめです。

ビビッてしまいます。

明日はしっかり勇気をもって飛び込みたい。

デイ勝ち・スイング負けのトータル損失で大引け。

涙、涙の、クソ株チャートのいいやつ持ち越し。