握力をどこで使うか

この記事は約3分で読めます。

買いが鬼のように入るタイミング。

相場において、それは大方決まっております。

天井素っ高値。

そこでは信じられないくらいにポンポン買いが入る場合があります。

底で我慢するより、天井で我慢せよ。

この当方の、無謀とも思えるルール。

なぜそう考えるのか、以下、ご紹介いたします。

スポンサーリンク

買いが入るタイミング

そもそも買いが入りやすいタイミングとはどこか。

この疑問を長らく考えてきました。

意味のわからない、強引な買い。

これなくしてグイグイ上げはありえません。

異常でしょ、この買い。

そんなタイミングはたいてい天井圏。

何でこんな素っ高値で買いが入るのか。

その理由は当方にもわかりません。

しかし、握力を使うなら素っ高値。

バカげたルールのように思えますが、まんざら的外れでもないのであります。

握力を使うなら

利を伸ばし、損を小さくする。

これを実行するためには、含み益となった玉を何としてでも維持する必要があります。

素っ高値では常にこの戦いが繰り広げられています。

上がっている玉は外してはいけない、放置しろ。

そして下がっている玉を切れ。

この説は相場の本質を捉えています。

利を伸ばす、それが全て。

握力を使うなら、素っ高値です。

利幅を稼ぐのが相場の鉄則なのであります。

利幅を稼ぐ

上がっているなら切ってはいけない。

だとするなら、素っ高値では降りてはいけないと言うことになります。

日足の右肩上がりチャート。

ここで必死に玉を抱えていなければならないのです。

そして、これこそが利幅を稼ぐことの難しさです。

利確したい心を抑え、あくまでホールドし続ける。

素っ高値・天井圏は相場に取り組む以上、易々と降りられない、必死の勝負どころであります。

とは言え、リスクもなかなかにして存在します。

天井圏からの鬼のような特別売り気配。

その可能性もゼロではありません。

どうにもならなくなったら

当然ながら、どうにもならなくなったら損切るしかありません。

思い切り食らったら仕舞い。

そうなる前に降りなければなりません。

と考えますと、やはり安値圏から持ち越すことが大事。

安値で買うほど、高値で我慢することができます。

含み益が少ない、あるいは含み損の状態では、そうそう持ちこたえることはできません。

安く買い、高く売る。

この基本を考えれば、当然のことです。

そして、本日も当方、持ち越し株を素っ高値で売らずに忍耐。

新高値は売らずにホールドせよ。

高値で買い持て。

当方のスイングルールは、実に自分に厳しい。

真夏のあぶら汗であります。

それで、結果はどうだったのか。

デイ微勝ち、スイング微勝ち。

あれれ。

損が取り返せない。

やばい、マジで。