相場の魔力に取りつかれたら握力勝負で食らいつき逆に聞いてみる手法

この記事は約3分で読めます。

株を始めた当初、意味もわからず大型株でデイトレをしたこともあります。

今では気づくと、売買代金の膨らんだ値動きの大きい銘柄に吸い寄せられています。

そこで“鉄の握力” で耐える訳です。

狼狽しそうになっても“トレードの機械” になり切り、耐えると言うことです。

相場の魔力

値動きが大きいのはわかっています。

そこが狙い。

売買代金が異常に上がって、異常に騰勢を強めている銘柄。

ここで勝てないとデイトレーダーはのし上がることが出来ない。

そんなネットによくある噂。

株を始めた当初、初心者の私はもちろん信じていませんでした。

それが今では、取りつかれたようにその種の銘柄に吸い寄せられていきます。

信じる、信じないではなくて、勝手に吸い寄せられていってしまいます。

トレードが乱れる原因

ここ数日は9424日本通信の分足をずっと見ていましたが、チャンスを逃していました。

目を離したり、うとうとした隙にタイミングを逸します。

本日も寄り付き直後からずっと日本通信の分足を見ていました。

インのタイミングをずっと探して…。

資金80万円、極小ロットを常とする私が入るポイント…。

(追記:2018年7月頃から資金30万円に…)

握力勝負で勝つ

個人ブログの主がどうしようと関係ない、そうおっしゃらないでください。

私には一大事のデイトレードです。

デイトレでいつも苦労している。

やらなければいいのに、いつも。

たまには勝たせてください。

「鉄の握力」が最近の私の口癖なのに、一度も「握力」で成功したことがありません。

一度でいい。

鉄の握力の成功体験をしてみたい。

そして、その結果をブログで堂々、載せてみたい。

ツイッターでつぶやきたい。

握力勝負はつらい

買った途端に含み損。

買った途端に損切りの準備。

何なんだコレは。

握力も何も、つかんだ瞬間に振り落とされる寸前。

前場11時過ぎに買い、含み損2万円弱で忍耐に忍耐を重ねて、戻ったと思ったら、また下。

常時含み損2万円弱。

上がったと思ったら下がる。

含み損が解消する瞬間は、ほんのわずかしかありませんでした。

相場の事は誰に聞く?

資金に0が1個、あるいは2個多い人が同じ事をやったら、ストレスは半端ないです。

あるいは、才能あふれるデイトレーダーなら何ともないのかも知れません。

上がって下がるのを何度か繰り返して、「もう嫌だ、もうどうでも良い、引け成りナンピン買戻しで明日まで持越そう。」

そう思ったのが14時。

鉄の握力の結果|ありがちな分足チャート

こんな手法、ありでしょうか。

こんなやり方やっているの、私だけでしょうか。

本日、つくづくそれを聞きたいと思いました。

一体、どこの誰に聞くのか?

相場は相場に聞け、そういうことでありましょう。

引け間際にやっとのことで損切り。

思い切り底でカット。

途方に暮れた挙句に、大引けで引け成り発注、日本通信。

なんと、明日へ向け持越しました。

“To Be Continued”