ブログに関する記事タイトル管理の大事さ|後で苦労するより最初から

この記事は約7分で読めます。

記事を書きためていくと、思った以上に早く記事数が増えていきます。

多くの人が100記事書くのが大変だとか、200記事はまず書こうとか言います。

しかし、ブログをやめなければ記事数は増える一方です。

いずれ300にも500にも1000にも達します。

そうなる前に気をつけるべきポイントを述べました。

最初から意識しないと後々苦労します。

500記事以上のブログを手直しするのは、想像以上に大変です。

スポンサーリンク

記事タイトルは一筋縄ではいかない

作為的サイト構造をもくろむ危うさ

サイト作りにおいては、タイトル・内容について吟味し、サイト構造を上手く作らないとアクセスを期待できないと言う説があります。

その説を私も信じてキーワードプランナーなどを駆使し、タイトルを先に決めてから内容もそれに合わせるやり方を取って来ました。

しかし、このいかにももっともらしい方法論には一抹の危険性があります。

そもそも私たちは文章作成の天才ではありません。

指定されたタイトルをまず与えられ、それに沿って面白い内容を書くと言う行為はあまりにハードルが高いのです。

そんなことは職業的な作家でも楽なことではありません。

いくら気張って何かを書いても「何だこの詰まらない文章は」の一言で終わるのが世の常。

そうなると閲覧者はあっと言う間にそのページを離脱し、その事実をもって「検索上位決定システム」のAIからは即座に「ランク下げ相当」の烙印を押されてしまうかも知れません。

機械判定における運を天に任せる姿勢の重要性

出来もしない事をやれるような素振りで、澄ました顔で押し切る結果、ただ機械に「ランク下げ」を決定されてしまうのでは悲し過ぎます。

私たちには機械に苦情を言うシステムも権利も与えられていません。

仮にクレームを届けたところで、考え直してもらえるのでしょうか?

そんな可能性の低い事を考えるより、AIにたまたま拾ってもらえる確率を上げたほうが賢いです。

機械に拾ってもらえるか否かの鍵、それは私達の側にあるのではなく、彼らの側が握っています。

私に言わせていただければ、「順位判定システム」が全ての運を決定づけるのです。

キーワードの人気度は身分の割り振り制度

人気度による検索割り振りシステム

一般に言われている

  • ビッグワード
  • ミドルワード
  • スモールワード

は検索の人気度による分類で、ビッグワードで上位を取ることができれば膨大なアクセスを集めることができます。

ミドルワードでも相応のアクセスは見込めます。

そう考えた私はミドルワードを記事タイトルに含める事とし、それに合わせて文章を書くべく努めてきました。

私の想定していたミドルワードとは、大まかに言って

  • 2語のキーワードで構成される
  • 月間検索数1000~1万(検索1ページ目のトップで)

と言うものです。

そのような2語のキーワードを各タイトルに含め、記事作成を行いました。

しかしその方法は、冒頭で述べたように思いのほか難易度が高いです。

ビッグワードで上位を狙わない

他人に「面白い」と言ってもらえる文章が絶対に書けると言うのでなければ、あきらめたほうが早いです。

世の中に面白そうな文章がどれだけ落ちていますか?

おカネを払ってでも読みたい文章がそれです。

文章ではなくタレントで言えば、いつもテレビに出ているような人。

そんな人間になれる自信がなければ、売れっ子タレントは目指さないほうが賢いです。

同じ事がブログにおいても言えます。

スポンサーリンク

できるだけスモールなキーワードでタイトルを作った方が賢い理由

富士山の裾野に多数の記事を置いておく

キーワードの人気度(一定期間の検索回数)は富士山のような構造になっています。

少数の限られた言葉だけが高頻度に検索されるため、ビッグキーワードは富士山の頂上付近に存在します。

ミドルワードは中腹。

スモールワードはすそ野付近で、広大な敷地に無限とも言える数がばらまかれています。

まずは極めてたくさんあるスモールワードでタイトルを作っておきます。

富士山の広大なすそ野にスモールワードの記事を置いておくのです。

AIがときおり富士山の中腹に引き上げてくれる

検索順位決定にかかわるAIは、富士山の裾野に置かれてあるたくさんの記事の中から、何らかの条件によって時折中腹まで引き上げる記事を選び出します。

中腹まで引っ張り上げられた記事は、その場所で人間の目にさらされることになります。

その時、記事を読む人間の挙動によって、その記事をその場にとどめるか、戻すのか、もう少し上に引き上げるのかが判定されます。

判断の根拠の一つは閲覧者、つまり人間の挙動であり、それ以外にも条件は色々あるでしょう。

とにかくそこで何らかの判断が下され、検索順位の変動が起こるか、もしくはその前段階に達します。

誰かが熱心に読めばさらに上に出してもらえる

まずは最初の読者がどのような挙動で読んでくれるのか?

続く閲覧者はどうか?

おそらく最初の数人の挙動は大事なファクターになります。

機械は人間と違い、ただ一人の人間の挙動も見逃すことはありません。

誰かが熱心に読んでくれればラッキー。

しかし、すぐに離脱されてしまってはアウト。

最初から金メダルを狙うより地域の大会で上位に入る事

各地区の大会でそれなりの成績を出せば出世できる

このシステムはリアルな社会よりも冷徹です。

推測ではありますが、交渉の入り込む余地やコネが効く可能性は少ないです。

(ないとは言いませんが。)

機械を口で説き伏せることはできませんので。

言える事は、各地区の大会(スモールワード)で上位に進出できれば、自動的に次の試合に進めると言う事です。

麓(ふもと)のあっちとこっちでそこそこ勝てた。

ならば中腹の試合にノミネートして見るか?と。

最終的にオリンピックにノミネートされればラッキー

そのような流れが極めて機械的に、冷徹に仕組まれているとするなら。

当初の私はそれを一足飛びに乗り越えようとしていました。

そして、一時期、それは上手く行ったかのように思えていました。

しかし、記事数500を超えてからのち、とんでもないアクセスの激減を食らいました。

怖ろしい。

その恐怖の原因は、思い当たる限り、キーワードに関するものです。

スポンサーリンク

ミドルワードの数には限りがある

記事数300を超えるあたりからミドルワードが重複してしまう

記事数が100や200程度であれば、それほど気にする事ではないかも知れません。

しかし、300~400、あるいは500を超えて来ると、予期せぬ事態が生れてきます。

記事タイトルの重複です。

テーマが絞り込まれているうえ、ミドルワードを各タイトルに含めるのでは尚更の事。

意図せぬうちにタイトルがバッティングしていました。

バッティングと言っても、2語のうち片方だけがぶつかると言うような事も多かったです。

同じ語ではないが似たような語、例えば「ブログ」と「サイト」のようなキーワードによるニアミスはしょっちゅう。

もちろんバッティングしていても読者が引き込まれて読み込むような、面白い記事であれば問題はないでしょう。

そんな素晴らしい記事が量産できるのであれば。

重複してマイナスの判定を食らうくらいならキーワードなど含めない方が良い

記事数が増えれば増えるほど、不慮のバッティングの可能性は上がります。

特化型ブログ(内容が絞り込まれているブログ)の場合には、記事数が増えるにつれ、どうしてもその傾向が出てきます。

そもそも内容が特化していると言う事は、内容も似通った内容になる可能性があります。

記事が増えれば増えるほど、キーワードを含める事よりも重複しないように意識する方が大事になります。

具体的には300記事を超えるより前に、タイトルと内容の管理が必須になります。

300に達してから管理しようとしても遅いです。

最初から意識的に管理するか、それが無理なら常に重複しないよう注意する必要があります。

キーワードをタイトルに含めるのではなく、重ならないようにすること。

その上で、冒頭で申し上げた「運を天に任す」コンセプトなのだと、今さらながら思います。