私の単純な株式投資のやり方|相場判定法とシンプルなトレード手法

秋相場のアノマリー

単純な考え方と手順で株式投資を行う私の方法をご紹介します。

これで全体相場の雰囲気については大まかに捉えることができます。

その先は各自の工夫と研究次第。

あくまで個人投資家は自分のやり方で自己責任のもと相場を張る、それが基本となります。

ご健闘を祈ります。


スポンサーリンク



全体相場を3分で判断する方法

日経平均の雰囲気を3分で判断するには、代表的な銘柄の日足チャートについて50銘柄程度を見れば良いです。

本日ザラバの日本株はあやしい動き。

「あやしい」と判断するのに3分。

毎回やる作業。

代表的銘柄の日足チャートを一周まわって見るだけなら、3分間。

代表的銘柄の例については、以下の記事にまとめてあります。

日経平均チャート|トレンドの読み方|リアルタイム主力大型トリオ株

問題は連休。

月曜は祝日で東証は休みと言うパターンはとても多いです。

日本株のポジションが凍結された状態。

その夜、米国市場ではそれを見越したかのように、思いもよらない方向に相場が動くと言う訳です。

閑散相場を把握する

通常、連休の直前ともなると売買代金は下がり、いわゆる閑散相場の様相を呈することが多いです。

例えば、クリスマスの日(12月25日)は、米国市場が休場。

日本市場・米国市場のカレンダー

日本市場 米国市場
12月24日(月) 休場
12月25日(火) 休場
12月26日(水)

日本、米国ともに休場を控えているのに、本日の日経平均日足では、売買代金が増えました。

確かに下げ相場的な日足チャートで、25日移動平均からの乖離率で言えば、比較的下限に近い位置にも見えます。

ただし、これで底を打ったとか、セリング・クライマックスだと断言できる状況でもありません。

はっきりしているのは、以下の3点。

  • 日経平均の日足において、売買代金が増えた。
  • 3連休直前。
  • 日本の3連休の直後、米国市場が休場。

日本と米国のマーケットが交互に休場とはコレいかに。

閑散相場の筈なのに、売買代金が減らないとは、何かあるのかなと思いましたが…。

相場の偶然性にルールを作る

結構、相場と言うものは意味がなくて、偶然そうなることも多いです。

それを後づけで「こういうことだった」と新聞に載ったりする訳です。

後出しじゃんけん。

後出しではなくて、先回りをする方法、探し続けています。

私の株手法

  • 売買代金が上がる
  • 参加者が増えている
  • 自分も参加する

このような単純すぎる考え方で相場に追随する、それが私のやり方。

なぜなら…。

  • わからないものはわからない。
  • 一つの事象に対し一つの行動を機械的に取る。

そういうやり方です。

毎度、以下のように単純に…。

株の出来高、売買代金は活況か?ランキング上位100銘柄と日経平均

AIに立ち向かう方法

結局、単純な方法を繰り返しながら、チマチマと経験則を蓄積して10年。

のんびりやるなら、株を覚えるのにそのくらいの期間は見ておいたほうが良いかも知れません。

少額でゆったり構えつつ、以下の記事のように…。

少額投資で失敗10年可|株専業成功の基礎は知識|デイトレーダー生活

少なくとも私の場合、株を始めてからもっと時間が経ちますが、どうも相場を自分のモノにできていません。

考えてもデータを集めても結論が出ないので、あきらめて単純なルールで買いを入れる感じ。

「もう考えるのがつらいので、ロボットになりたい…。

売買マシーンにオレはなる!」的な…。

ロスカット!株に失敗した時の心理|売買マシーンになり切れるか?

そのくらいしかやり方が思いつかない訳です。

能力の限界。

複雑な手法の誘惑

にも関わらず、日本、米国と、飛び石で休場が続くことがわかっている状況ですので、思わず複雑なポジションを取りたくなります。

空売りで両建てにして、オプションも付け加えるとか…。

しかし、経験上それで儲かっていないので、単純な投資方法に回帰せざるを得なくなりました。

一番初心者な知識にもとづく、もっとも単純な一対一の対応。

例えば、チャートの足で言えば、「ヒゲで買う」と決めてかたくなにそのルールを守る、など。

株セミナーで勉強する最初は底値下ひげ!5つの注意点|逆張り参戦?

そして、その結果は一応、エクセルの表にまとめます。

意味があるのかどうか、わかりませんが…。

結局、経験則とは、「どちらかと言えばこうだよな?」と言うパターン。

あいまいなパターンなので、それらを複雑に組み合わせるのは意味がありません。

確率が薄まってしまいますから…。

単独、一対一、ワンパタ手法。

何とも心もとない株式投資マニア、それが私です。


広告


12月21日のトレード結果

デイトレ、やられました。

その後、今一つやり易い銘柄も見つからず、様子見気味で大引け。

一発逆転を狙う訳ではありませんが、新興株をやや買い込みました。

何だか嫌な予感が…。

早く週明け火曜日が来てほしい気がします。

スイングトレードの週末はいつも鬱。

【デイトレード新規建売買代金合計】
(買建)概算300万円
(売建)なし
【デイトレード売買銘柄】
(買建)4427EduLab、4586メドレックス、6232自動制御システム研究所、7046テクノスデータサイエンス・エンジニアリング
(売建)なし
【デイトレード損益】-3.4万円
【スイングトレード損益】-0.1万円
【本日のトータル結果】-3.5万円
【今月の損益】-2.5万円
【持越ポジション】新規買建5銘柄(新興株×5)
新規売建なし
【含み益】なし
【225オプション】ポジションなし


広告


勝てない仕組みと理由を研究

  1. 経験則をどう身に付けるか

    株式投資の資金運用|0を増やし一人前になる法|30万暴威のすすめ

  2. 某新興株、連続ストップ安4営業日目の日足チャート

    株暴落まとめ|直近40年の代表例5選+αこれで下げ相場も恐くない

  3. 11本目の足まで作成終了のチャート

    株空売り成功、他は失敗!デイトレの勝てない仕組みは“誘われ損”習慣

  4. 退場のお知らせ

    株芸人ユーチューバーで生き残る方法|デイトレ資金30万割れをしのぐ男

  5. 6本の足の作成が完了したチャート

    空売りの方法|主力株下げチャートで売り持ち越し、結果はいかに?

  6. 白目となる表情を見せる著者

    株式情報をネットであさって白目をむく7つの理由|リバ狙いあるある

  7. 25日移動平均線上方・下方乖離5%のバンド

    米国株を追いかけ日経平均に投資する私の方法|これで涙があふれました

  8. 12本目の足まで完成したチャート

    株の買い時|悪材料の銘柄は?ダブルのラッキーで難を逃れるもマイ転

  9. 株の函数

    短期売買と信用評価損益率|私の見方|一寸先は闇相場“なにこれコワい”

  10. 休むも相場の本当の意味?

    ストップ安売れない!どうする翌日ガンジガラメ!株取引“退場”張付け刑

  11. 10本目チャートまで作成したチャート

    日経レバETF空売り|デイトレは狼狽、予想は下|月次損益確定

  12. 波間で溺れる人の図

    ストップ安で株シュミレーション|手出し無用の難解値動きコイツはヤバい

  13. スイングトレードでの銘柄選定のためのベン図

    スイングトレード銘柄選定法|私のお決まり手順|これで油汗かきました

  14. 損切りと大損の包含関係

    秋相場雑感|休むも相場で不確定的値動きを生き残る方法|何コレやばい

  15. 直近の日経平均、日足チャート、イメージ図

    米国中間選挙と日経平均株価リバウンドの相関性|4つのアノマリー確認?

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. デイトレに適したボトムスの選び方|崖っぷちのパンツに合理性ありか

  2. 2019年10月第3週|日々のトレード結果|閑散相場つれーつれー

  3. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年9月月間損益|デイトレード年間損益マイナスが見えて来た

  4. コツコツドカンを図示すると…

    2019年10月第2週|日々のトレード結果|退場秒読み御開帳相場

  5. 波間で溺れる人の図

    2019年10月第1週|日々のトレード結果|オレまだやるの相場乙

  6. 同心円を追加した図

    2019年9月第4・5週|日々のトレード結果|月末プラ転お祈り相場

  7. ジリ上げ後に急落するチャート形状

    2019年9月第3週|日々のトレード結果 “女心と秋の空” …

  8. 孤独に傘をさす男のシルエット画像

    2019年9月第2週|日々のトレード結果|台風一過コツドカ急先鋒

  9. トレードの結果の分類図

    2019年9月第1週|日々のトレード結果|閑散相場から脱却への道はい…

  10. デイトレの休日|無の空間から帰還できず涙する 2019年8月月間損益

広告
広告