短期売買で勝つ方法

この記事は約4分で読めます。

聖杯のありかをお教えしましょう。

その答えは私たちの目の前にあります。

目の前の広大な砂漠に落ちているのであります。

当方も探しています。

皆さんも探しているのでしょうか。

見つけたらそのありかを教え合いたいですね。

本当に見つかったならば。

スポンサーリンク

1000円の勝ちが10万円に

1分足の陽線1本分で利益1000円をゲットする。

これはたやすい。

デイトレを手がけたことがあれば、誰もがそのように体感します。

問題は、継続できないこと。

1000円の勝ちを継続できれば、すなわちそれが聖杯。

利益は積みあがるし、玉を大きくしていけば1回当たりの利益も増やすことができます。

ワンショットを10倍にすれば、当然ながら1度の利益も10倍。

すなわち短期売買においては、1ヵ所1分足1本分の陽線。

これが継続して取れれば勝ち確定。

明らかであります。

まあ、間違いなくお金持ちになれるのでは?

ところが、この単純明快な勝利は、とてもではありませんが続きはしません。

継続できない根本原因

根本原因はスタート地点にあります。

最初の1000円の勝ち。

この1000円が何なのか?

勝ちが継続できないのであれば、この1000円は運だったのではないか?

私たちの勝利は単なるラッキーに過ぎなかった。

信じたくもありませんが。

たまたま勝てたに過ぎないので、継続できないのであります。

相場において短期トレードを反復する場合、その勝ちが運であるのか必然か。

これが何より重要となってきます。

運ではなく、原因があって結果がある。

勝利が理屈に裏付けられて初めて、継続して勝ち続ける確率を引き上げることができるのです。

次も勝てると思うからこそ、ワンショット金額を増加させることもできます。

ワンショットを増額させたところで大陰線を食らえば、すなわち大負け。

この大負けが全ての根本原因であり、運に支配されているからこそ、食らってしまう。

これが厳然たる事実なのであります。

理屈に裏付けられた勝ちとは

運ではなく、ある程度の確度を持って利益確定をする。

むしろ、絶対勝てるんじゃないか?

そう思えるくらいの確率を持ってインできなくては、理屈に裏付けられた勝ちとは言えません。

でないと、玉をデカくすることもできないのであります。

負けそうであると思いつつ、虎の子の資金を投入するのは愚の骨頂。

やるなら必ず利益確定を得なければなりません。

では、その理屈に裏付けられた勝ちはどこに落ちているのでしょうか。

その場所は、ザラバに違いありません。

ザラ場の分足を逐一確認していくこと。

そこに答えがあります。

であるのに、なぜ見つからないのでしょうか。

分足はいくつあるか

国内上場銘柄数にしておよそ3900。

当日の分足はこの銘柄数分あります。

全ての分足を調べるのは不可能とは言いませんが、相当の手間がかかります。

聖杯を見つけるにはあまりに難所に過ぎます。

多くの人はこの銘柄数の多さに挫折してしまい、やむなく運まかせで短期売買をします。

これが回りまわって大負けの原因となります。

自分なりの理屈を見つけるまで、手を出さないほうが良いのです。

なぜそう言えるのか。

当方の体験を伴った回答がここにあります。

それは、ただ一度の爆損。

たまたま玉を大きくした時に稲妻特売り一本下げを食らってしまい、お涙。

最重要項目とは

最重要項目は、稲妻特売り一本下げを避けること

買いから入る場合ですが。

一分足の特大陰線を食らっただけで、大損をすることが可能です。

これを食らうと、いかに損切りの素早い特殊技能を持っていたとて、対処不能。

程度の差こそあれ、大負け確実であります。

すなわち、この長大陰線の出ない銘柄を何としてでも探し出し、そこにインする必要があります。

デイにおいて、ある程度の勝算のもと、実際にそこそこの勝率を持って勝ち、ワンショットを増やしていき、そこで大負けを喫する。

これが一番まずく、一番多いパターンなのであり、退場となる原因です。

本日、当方のデイでは東証一部超大型銘柄にインし、1分足を凝視する戦法。

東証一部大型なら、大きくは下がらないだろう。

これが当方の目算。

結果、01銘柄×2銘柄にて勝ち。

油汗とともに。

先週からの持ち越し株もギャップアップでほっと一息。

勝てるよな?

今度こそ勝ち続けられるよな?

負けたらグレるで!

そうつぶやきつつ苦い勝利。