エクセルのフィルターでトレードルールを探す方法|分析はこれが便利

この記事は約4分で読めます。

エクセルのフィルター機能を使ってデータ分析をする方法をご紹介します。

株のデータは気づけば大量にたまります。

それをどのように比較検討するかは株式投資の大事なテーマです。

手書きの表では、並べ替えや抽出作業が困難です。

新たなトレードルールを発見し、株を攻略したいところです。


スポンサーリンク


エクセルの表にフィルターを設定する

エクセルのバージョンによっては、細かい仕様が違う場合があります。

いずれのバージョンにおいても、操作は似通っていますので、以下のやり方を覚えれば応用が効きます。

通常の状態

エクセルの表(通常)
(表中の数値は、架空のものです。)

フィルターボタンをセルに追加する方法

  1. 該当セルをクリック
  2. エクセルのフィルタと言う項目をクリック

フィルターを設定した状態

フィルターを設定したエクセルの表

いずれかの列(縦に並んだ項目)に注目する

例として、「出来高」の列に注目し、

  • 並べ替え
  • 指定条件で抽出

する方法をご説明します。

出来高を昇順に並べ替える方法

  1. 「出来高」セルのフィルターボタンをクリック
  2. 「昇順」をクリック

1.「出来高」セルのフィルターボタンをクリックした状態

条件で抽出するフィルター機能

2.「昇順」をクリックした状態

フィルターで昇順に並べ替える

出来高の少ない順(昇順)に並べ替えができました。

出来高が一定数値(1,234,000株)より大きい銘柄を抽出する方法

1.抽出条件を選択する

  1. 「出来高」のフィルターボタンをクリック
  2. 「数値フィルタ」をクリック
  3. 「指定の値より大きい」をクリック
  4. 「OK」をクリック
「OK」をクリックする直前の状態

数値フィルター指定「指定の値より大きい」

2.一定数値(出来高)を入力する

  1. 「抽出条件の指定 出来高」の空欄に1,234,000と入力
    (具体的数値を入力しなくても候補が表示される)
  2. 「より大きい」を選択
  3. 「OK」をクリック
「OK」をクリックする直前の状態

特定数値より大きいものを選別

抽出結果

特定数値より大きいものを抽出した結果

出来高1,234,000株より大きい銘柄、2銘柄が抽出されました。


広告

ショートカット・キーが便利

エクセルに限らず、あらゆるPCのキーボード操作に言えることですが、ショートカット・キーを使うと時短になります。

特に「戻す」操作は、エクセルにおいて頻繁に使う機会があります。

戻す操作は「Ctrl+Z」

「Ctrl」と「Z」のキーを同時に押すことで、一段階前の状態に戻すことができます。

慣れるとこれが一番早く戻せる方法かも知れません。

反復すれば、どんどん前の状態に戻せます。

大量のデータをあらゆる角度から分析する

データ量が多ければ多いほど分析に意味がある

項目数が多ければ多いほど、分析するための材料は多くなります。

膨大な行数・列数にくじけることなく、多角的に分析することで、新たなトレード・ルールを発見できるかも知れません。

結論はそう簡単に出ない

大量のデータはあっという間にたまって行きますが、結論はそう簡単には出ません。

毎日いろいろな角度からデータを眺め、新しい発見はないか探すしかありません。

続けるうちに操作に慣れ、目の付け所を変えることができるようになります。

トレードの聖杯が見つかるかどうかは、誰にもわかりません。

実験と検証を重ね、株の迷宮を脱出したいところです。

注目記事

トレードルールの作り方|メカニカルトレーダーになる5つの手順とは

テンキーの左手ポジションを覚える方法|入力速度でチャンスをつかむ?

東京オリンピックID登録メールが届かない?チケット実際にやってみた

東京オリンピック日程【チケット購入方法】いつからID登録?3分読了

椅子のギシギシ音の直し方!10分解決潤滑油プシュ!オフィスチェア異音

クレジットカード デビットカードどこが違う?3分理解23項目一覧表

大人の英語勉強法動画8選|論より証拠5つの言語習得をめぐる注意点

関東の花火大会2019【時系列】一覧表で目的地3分決定!準備OK


広告