バブル崩壊!株初心者が日経平均の動向を把握する2つの方法|全体相場把握法

経験則をどう身に付けるか

1.景気敏感セクターを注視する

景気敏感セクターと呼ばれる銘柄群はいろいろあります。

なぜ景気に敏感な動きをする銘柄が存在するのでしょうか。

半導体関連セクター

景気敏感セクターの代表格である半導体関連銘柄。

半導体部品と言うのは非常に単価が高いです。

そもそも単価が安い品物は船便で運ぶことが多いです。

農産物もそうですし、服飾品などもそうです。

ところが高価な物は飛行機で運びます。

半導体部品もしかり。

花を贈るバブル紳士

平成のバブルの当時、高価な花が大量に飛行機で輸送されている話を聞きました。

景気が良かった頃は、1本のバラの花が1万円以上で売られていました。

(今でも高価な花はそうでしょうが…。)

バブル時代の高嶺(たかね)の花。

誰が買い、誰の元に渡ったのか、定かではありません。

今は街のスーパーでも花が売られていますが…。

付加価値のある高価な花は、船便で運んでいてはしおれてしまいますので、飛行機で運びます。

付加価値の高いモノが景気敏感になる?

運賃にコストをかけても割りが合う品物、それが景気敏感セクターで扱う商品となります。

半導体のチップも飛行機で運ぶ場合が多いです。

半導体のチップは薄く小さく、場所を取りません。

重量も軽いです。

にも関わらず、一つの部品が5000円とか8000円とか、モノによってはもっと高い値段で売れる訳です。

ですので、飛行機で運んでも十分にペイします。

非鉄金属(銅関連)セクター

非鉄金属部門において、銅関連部品は精密機器に必ず使われる素材であるため、銅を扱う業界は景気敏感セクターに分類されます。

半導体価格や銅価格が上昇傾向にある場合、価格が高い時にどんどん売ることで売り上げも伸びることになりますので、業者はその局面で在庫を全て売ろうとします。

そもそもが精密部品は高価ですから、在庫をたくさん抱えると言うことがそのままリスクになります。

在庫分がそのまま値上がりし続けるとは限りません。

値崩れしたら損をします。

ですから、常に需給を見極め、生産調整、在庫調整をします。

これが景気敏感セクターとなるゆえんです。

銅関連銘柄の動向

誰よりもどこよりも敏感に、生産や在庫の調整をし、常に需給動向を見極めている業態。

それが株価にも現れます。

私が株は始めた当初、意味もわからず三井金属の株で中長期スイングをしていましたが、今では、直接売買することはほとんどなく、一つの指標として三井金属株を監視しています。

最近の銅関連セクターが弱いことは他の記事でも書いています。相場の懸念材料の一つです。

関連記事:
株の売り時|おすすめできる?私の判断方法|相場の買い時は紙一重?

半導体指数と米国株、日経平均のダーツ連続投げ膠着チャートを見よ!

景気敏感セクターの銘柄を監視することは、相場動向を見極める上で有効です。

2.全体相場の指標を見る

新高値・新安値銘柄数

相場が高値圏にある時には、新高値を取る銘柄数が増え、逆に安値圏にある時には新安値を取る銘柄が増えます。

新高値・新安値とは

新高値とは、一定の期間内において最高値を取った銘柄を指します。

通常は年初からの高値、あるいは1年来の高値を意味します。

新安値とは、同様に一定の期間内における最安値を取った銘柄です。

これらの新高値・新安値の銘柄数を数え、時系列の推移をグラフしたデータは、相場概況を知る上で有効な手段となります。

信用評価損益率

評価損益額と信用建玉残高(買建)から割り出した指標で、東証発表のデータをもとに日経新聞が毎週発表しています。

それ以外に、証券会社ごとに独自に発表される信用評価損益率もあります。

関連記事:
日経平均株価予想リアルタイム|マザーズ指数壊滅的下げが意味するもの

デイトレードコツ探しとデータ収集|日経平均と値動き、夢物語の関係

騰落レシオ

一定期間内において、値上り銘柄数と値下がり銘柄数の比率を時系列で追い、指標としたものです。

25日間の騰落レシオが一般的によく利用されます。

通常の騰落レシオ(25日)では、60くらいから150くらいの間を行ったり来たりしており、60付近で安値圏、150付近で高値圏とされます。

信用評価損益率や騰落レシオも、全体相場の判断材料としては良く知られたものであり、便利かつ有効な指標です。

指標確認は事後確認?

上で述べた相場の確認方法について、私もリーマンショック当時の2008年の当時からやっていましたが、売買のやり方もあまり上手ではなかったこともあり、損失続きでした。

結局のところ、指標を見ているだけでは、リーマンショックの下落も見通すことはできませんでした。

ですから、これらの数値は、あくまで事後確認のためのものと考えていたほうが良いです。

事が起きてから、ああやっぱりな、と確認するための数値です。

株を長らくやっていれば、皆さんこのくらいのことは気にしていますので、それだけで儲けるのは難しいかも知れません。

プラスアルファの株必勝法を自分で編み出す必要があります。

自分だけの必勝法が見つかったら、多少儲けることができるようになってきます。(その筈…。)

今後も株式投資、必勝法探索の旅は続きます。


広告

11月12日のトレード結果及びポジション

【デイ新規建売買代金合計】(買建)概算150万円
(売建)なし
【デイ売買銘柄】(買建)2453ジャパンレスキューシステム、4596窪田製薬ホールディングス、6383ダイフク
(売建)なし
【デイトレード損益】+0.4万円
【スイングトレード損益】-0.2万円
【本日のトータル結果】+0.2万円
【今月の損益】-3.6万円
【持越ポジション】新規買建1銘柄(新興株)
新規売建なし
【含み益】+0.1万円
【225オプション】ポジションなし


広告

勝てない仕組みと理由を研究

  1. 6本の足の作成が完了したチャート

    日経平均チャート|トレンドの読み方|リアルタイム主力大型トリオ株

  2. 本日の“相場の大局観”の根拠

    株の予想=相場勘?株式投資の極意を求める勉強方法|相場を観察する

  3. 膠着ベア相場の意味とは?ゴルディロックス3匹の熊と目が合うまでのお伽噺

  4. 4本目の足が下落しているチャート

    日経平均先物リアルタイムチャートを追え!これが世に言う売り仕掛け?

  5. 日経平均月足チャート30年分

    令和のReiwa簡単計算法と元号・西暦変換300年早見表|これ新時代の常識

  6. 11本目の足まで作成終了のチャート

    株初心者におすすめできないデイトレ銘柄の買い方|ストレス卵めし手法

  7. 4本目の足が下落しているチャート

    日経平均チャート10年|長期の記憶をさかのぼり傍観?スイング持越なし

  8. 11本目の足まで作成中のチャート

    株初心者損切りタイミングは寄付?後場リバウンドチャンス逃し阿鼻叫喚

  9. 7本目の足を作成中のチャート

    日経平均推移見通し不透明!仮想通貨見送り、取引も様子見、現在静観中

  10. 2本の陽線上昇のチャート

    株で大損しない全体相場“地合い”の見方|決算データから確率計算?

  11. 正確な長方形の4頂点をどう決めるか

    株用語初心者が知って得する7選|アルファベット3文字全て知ってる?

  12. 秋相場のアノマリー

    株の買い時|10月に下がる?スイングトレード経験則|私の相場アノマリー

  13. 25日移動平均線上方・下方乖離5%のバンド

    日経平均過去チャート30年分の日足を振返り買いポイントを分析してみた

  14. 日経平均株価とトヨタ自動車の20年間のチャート比較

    トヨタの株価と日経平均の長期チャート30年を比較|相場推移見えたぞ

  15. 微妙に高安値が開いて行く保ちあい相場

    株の出来高、儲かる地合い|持ち合い相場でポジション買持ちの理由

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. 価格上昇の不確実性

    2019年7月第3週|日々のトレード結果|日常茶飯事誤発注で血の気引く

  2. グラウンドストローカーがコートカバーをする範囲

    東京の公営ジム139選|一覧表で3分決定 格安トレーニングスポット

  3. デイトレーダーが望む上下動を繰り返す値動き

    2019年7月第2週|日々のトレード結果|有限利確と無限損切りの戦い

  4. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年7月第1週|日々のトレード結果|ワンショット増量にかける男

  5. 某新興株の3営業日連続ストップ安の日足チャート

    ストップ安 致命傷さける為の2つの方法|2019年6月月間損益結果

  6. テンキーの文字配列

    2019年6月第5週|日々のトレード結果|月末ふっ飛ばしたら退場マジ?

  7. 前日のローソク足とピボット値

    株の値動きを分析する方法|私の3つの考え方|これで丸裸になりま…

  8. 値動きがないまま下げる値動き

    デイトレしやすい分足の研究|私の超短期売買|これで文無しになり…

  9. 2019年6月第4週|日々のトレード結果|スタートからドボンする男

  10. 孤独に傘をさす男のシルエット画像

    2019年6月第3週|日々のトレード結果|雨の中相場の幸運を待つ男

広告
広告