グイグイ来る銘柄を探す方法

この記事は約5分で読めます。

相場と言うもの、一番「きている」銘柄を買えれば、そこそこイケるものです。

逆に言えば、「きていない」銘柄に入ることほど、効率の悪いものはありません。

きている銘柄が見つからない日は、じっとしているに限る。

そんなグイグイ銘柄を探す方法について、当方の思いは以下のようなものです。

スポンサーリンク

値上がり率上位

値上がり率上位と言っても、銘柄は数多い。

しかるに、的を絞る必要が出てきます。

どのようにして的を絞るべきか。

「きているか」「きていないか」、これを主眼にするのがやりやすいのであります。

その判断基準は、当方の場合、

  • 値動き
  • 出来高
  • 売買代金

であります。

値動きがきているか・きていないか、この区別は、分足・日足のチャートによるもの。

イメージで選ぶに十分ですが、具体的には値動きの範囲。

幅が広い銘柄が勝ちであります。

そして出来高・売買代金はその急増率・絶対金額によるものであります。

結局のところ、「きている」銘柄と言うものは、その全ての項目において、グイグイきている場合が多いのであります。

値下がり率上位

値下がり率上位についても同様です。

あくまで目立った銘柄を抽出する。

これは手続き上、必要欠くべからざる手順です。

なぜなら、そうでもしなければ、いつまでたっても銘柄が絞り込めません。

同じ手順・判断基準で日々銘柄を抽出し、継続的に監視すること。

これによって相場の目星をつける。

しかし、相場が上がり始めますと、下落銘柄は減ります。

逆に相場が下がりますと、値下がり率上位のきている銘柄が増え、値上がり率上位のきている銘柄が減ります。

すなわち、値上がり・値下がり銘柄は、バランスの産物。

バランスが平衡状態となる時、グイグイ来る銘柄がスッと消えてしまう場合もあります。

そんな時には、別角度から探すことが必要となります。

売買代金上位

もれなく「きている」銘柄を探すためには、相場の隅々まで目を通す必要があります。

そのための視野の限界、それが売買代金による選別です。

当方、売買代金が1日当たり6億円以上の銘柄はたいてい監視下においております。

ただし、6億円以上で区切ってしまうと、特に有名どころの銘柄、東証プライムの銘柄群が数多く該当し過ぎてしまいます。

あくまで売買代金上位の銘柄群については、新興市場、低位、IPOに限って監視する。

これが効率の良い銘柄監視法であります。

しかし、この方法によると、有名どころ、主力株の監視が手薄となります。

そこで、新値をつけた銘柄に目をつけると言うことになります。

新値

新高値、新安値をつけた銘柄は、たいてい、グイグイきています。

当方の感覚では、見逃してはならない筆頭です。

この新高値・新安値も、相場の上昇・下降にともない、バランスしています。

相場が中途半端なところにありますと、双方の銘柄が増え、監視の範囲が広くなりすぎることがあります。

目的はあくまで「きている」銘柄を探すことです。

となりますと、相場はグイグイ上がってくれるか、下がってくれる方がやり易い。

その方が的が絞り易くなる場合が多いのであります。

さらに、監視漏れの防止策としては、ストップ銘柄。

ストップ銘柄

ストップ高・ストップ安。

これら銘柄群のグイグイさ加減は、相場の両極端を極めるものでありあす。

張り付き状態になってしまいますと、なかなかに手掛けることは難しくなりますが、目を離してはなりません。

ストップを見逃して相場は成らず。

これは当方独自の相場格言であります。

ストップ張り付け後の値動きも、監視必須としています。

そして最後にIPOと低位。

IPO

当方、新規上場の日から当面の間は、監視必須銘柄群として、IPOを日々チェックしております。

IPOは昨日まで眠っていたのに、ある日突然、吹き上げる場合があります。

上場後半年くらいの銘柄でも、そういうことがあります。

ですから、ここは見逃せない分野であります。

実は当方、念には念を入れて、上場後2年くらいの銘柄は全て監視しております。

監視と言っても、急に動き出していないかの確認だけですが。

同様のセクターとしては、低位銘柄群があります。

低位

何をもって低位となすか。

当方、勝手に300円以下の銘柄をそう呼んでおります。

この低位株銘柄群も、ある日突然動意づく場合が少なくありません。

動意に理屈などないのであります。

ある時むくむくときて、気づいたらグイグイ来ている。

理由なき上昇。

この低位をもって、監視の漏れを失くす行為はやっと打ち止めとなります。

相場の監視は実にわずらわしい。

そして、おまけの大事なコンセプト。

わからなければ休んでおく

休むも相場、すなわち、わからないうちは手を出さぬが花であります。

一番まずいのは、中途半端な誘惑に負けること。

半端銘柄こそ、こちらの息の根を止めて来る場合が少なくありません。

当方にとしては、あくまでグイグイきている銘柄が生命線であり、主戦場であります。

さて、本日の結果は、デイなし。

米国株の弱さに比べ、日本株はなんなんだと。

おそらく欧米の不安定さから、無難な日本市場に資金が逃げている。

資金が来ていると言うことは、吹き上げる銘柄が出ると言うことに他なりません。

そんな期待でひたすら待つ。

思わず手が出て、低位株買い持ち。