IPOの天井を買えるか

この記事は約3分で読めます。

IPO株をどこで買うべきか。

この答えは実に難しい。

なぜなら、このハイボラチャート。

IPOを攻略できれば、相場は手中に入ったも同然であります。

IPO株は市場において、もっとも値動きが大きい部類のものです。

すなわち、もっとも高効率で利益が上げられます。

しかし、その逆もまた真なり。

最高効率の負けもあるのであります。

そびえたつIPO株の壁をどのように攻略するか。

当方の心は以下のようなものであります。

スポンサーリンク

天井こそ上げる

相場において、どこで一番上げて来るのかと言えば、それは一般的に、天井圏であります。

多くの人は、天井圏においては下げて来る、と考えます。

しかし、相場の青天井と言う言葉。

値上がり率は、位置が上であればあるほど、上がる傾向にあるのです。

そして、公募・売り出し価格から見れば、IPO株は相当上の位置にあると言って良い場合が多い。

隠れた天井圏であります。

IPOの上値は、いわば鬼の天井圏であるとも言え、さらなる爆上げ狙いが可能となります。

すなわち、IPOを制すれば相場を制すことができる。

数日で倍もあるよ、と言う訳であります。

ここで一つ、注意しなければいけないのは、逆もまた真なりと言う現象。

天井こそ下げる

天井こそ上げる、しかし同時に、天井こそ下げる、この相場の二重性。

一旦下げ始まったら、天井圏の下げは速い。

下り最速と呼ばれるゆえんであります。

数日で半値もあるよ、と。

すなわち、天井圏の上げは、下り最速との境界に、静かにたたずんでいる。

IPO株であればなおさらです。

そんな頂上、崖っぷちのIPO株において、さらなる一歩が踏み出せるか。

おっそろしい相場の極致であります。

危険な二者択一を余儀なくさせる、それがIPOの天井圏に他なりません。

どっちなのか

上がるのか下がるのか、一体どっちなんだい?

直近IPO、素っ高値の銘柄群では、常にこの問題を突きつけられるのであります。

そもそも直近IPO株は、通常、空売りができません。

原則、買いのみの勝負。

すなわち、上げ・下げを当てに行く、これなくしてIPOの素っ高値は成らず。

少なくとも勝つ確率を上げる必要があります。

どうすれば上げ・下げの二択で勝てるのか?

この問題に長らく付き合わされて来ました。

何度もエライ目に合わされてきました。

身ぐるみ剥がされ、丸焦げにされてきたのです。

そして、得られた一つの思い。

相場の核となっているか

該当銘柄が、相場の核となり得るか。

これが直後に上がるか否かの試金石であります。

注目度において、日本市場ナンバーワンであるか否か。

これを全市場銘柄のうちから見て行くのであります。

選別と言ってよろしい。

他にもっといい株があった場合、そっちが上がり、こっちは下がる、なんて具合であります。

相場は人気投票、そんな言葉が頭をよぎった、そんなせつな。

本日の結果はスイング負け。

あれれ?

確かに、ポジション極小により被害は少なく済みました。

しかし、負けは負け、何とも相場は恨めしい。

今月残すは明日1営業日。

何とか収支はプラスですが。

利益を出して来月につなげたい。

IPOいくつか買い持ち。