投資の時間軸による種類と出来高を考えつつデイトレ開眼を待つ1月終了

波間で溺れる人の図

一時的には勝てる、しかしそれを継続することができない、それがデイトレード開眼の壁。

短期売買に入れ込めば入れ込むほど、中長期投資の有利さを理解すると言う皮肉な株式投資。

このまま超短期売買を続けるべきか、はたまた何か別の新たな手法を取り入れるべきか。

常に悩ましいいばらの道。

それがデイトレーダーが向かうところです。



2019年1月【月次集計】成績表

リンク先の各ページと以下の表で数値が一致しないことがありますが、税金計算上の誤差ですのでご了承ください。

日時をクリック → 詳細ページへ(単位:万円)

持越 デイ
1月1日 (祝日) (祝日)
1月2日 (休場) (休場)
1月3日 (休場) (休場)
1月4日 0 0.7
1月5日 (土曜) (土曜)
1月6日 (日曜) (日曜)
1月7日 0 -0.8
1月8日 0 0.4
1月9日 0 0
1月10日 0 0.6
1月11日 0 0.1
1月12日 (土曜) (土曜)
1月13日 (日曜) (日曜)
1月14日 (祝日) (祝日)
1月15日 0 1.4
1月16日 0 -0.4
1月17日 0 -6.1
1月18日 0 1.2
1月19日 (土曜) (土曜)
1月20日 (日曜) (日曜)
1月21日 0.6 0.8
1月22日 0.1 -8.3
1月23日 0 0
1月24日 0 0
1月25日 0 0.2
1月26日 (土曜) (土曜)
1月27日 (日曜) (日曜)
1月28日 0 0.2
1月29日 0 0.2
1月30日 0 0.2
1月31日 0 0.2
合計 0.7 -9.4
-8.7

絵に描いたような“コツコツドカン”

さすがにここまで典型的な“損大利小” は、お恥ずかしいとともに、ここまで下手くそかと言う感慨に浸らざるを得ません。

わずか2日で全ての利益を吹っ飛ばし、月次大幅マイナス。

1日とか2日で全部ダメにする、これが株の短期売買の恐さです。

自分なりに反省し、次回はどのような点に注意すべきか、毎回気をつけてはいますが…。

儲からないデイトレーダーとは、こんなものです。

違うのは、資金が大きいか小さいかだけ。

資金が大きい場合には、この結果にゼロを1つか2つ、場合によっては3つ、付ければ良いだけです。

特に私の場合は、ある程度出来高が上がっている銘柄でしかトレードしていませんので…。

株のブログに現れる実力差

人によってはなぜだか出来高の薄い銘柄でデイトレードし、利益を出している人もいます。

そういうケースは、株のブログの中にも散見されます。

ある程度出来高がある銘柄、売買代金ランキングでも上位に出て来るような銘柄でも、板が薄すぎて「これ、降りられるのか?」と思う時もあります。

分足チャートもスカスカの点のようになっていて、「これヤバイ、これ以上出来高減ったら降りられない」と思うこともしばしば。

出来高が薄い銘柄で、どのようなやり方をすれば上手く行くのかは、よくわかりません。

そのあたりが実力の差なのかも知れませんが…。

デイトレードに悩ましい時間軸の問題

当面はこの“コツコツドカン” の、ドカンのほうを何とか制御しなければなりません。

そのために極小ロットでインするようにしています。

しかし、ロットの大小でリスクコントロールをしている限り、“ぶっこむ” 投資法は使えません。

利益分を全投入し“ゼロを増やす” 、複利厨“夢の手法” は手の届かないまま。

やはりワンショットは大きくせず、あくまで利を伸ばすことに専念するべきなのでしょうか。

そうすると、デイトレードと言うよりは、徐々にスイングトレード的な時間軸の長い手法になっていきます。

“鉄の握力” で利を伸ばす方法です。

握力で利を伸ばすにしても、それはそれである程度の確信がなければ買い持てません。

そこがデイトレードの妙。


広告

デイトレード、やってて意味ある?

時間軸を伸ばす考え方を拡張していくと、結局はデイトレードよりスイングトレード、スイングトレードより中長期投資と言う結論になってしまいます。

デイトレに意味が見いだせなくなる罠です。

そもそもがデイトレードを始めた理由、それは中長期投資より短時間で済むメリット。

短期売買をやればやるほど、中長期投資、それも時間軸が何十年単位の“超長期株式投資” の有利さに気づきます。

果たして今取り組んでいるデイトレード、続ける意味があるのでしょうか。

そんな自問自答を繰り返しつつ、2月以降の“節分天井彼岸底” 相場に立ち向かいたいと思います。

注目記事

節分天井彼岸底?相場格言、最新株式カレンダー情報は古語研究から

株の失敗を防ぐやり方|気候と錯覚による先送り|手法改善の為の4選

株の買い時|10月に下がる?スイングトレード経験則、魔の相場アノマリー

国際結婚!中谷美紀ショックがおんどれらを襲う!震えあがるアノマリー

株の予想=相場勘?株式投資の極意を求める勉強方法|相場を観察する


広告

勝てない仕組みと理由を研究

  1. 分足チャートのどこで利幅を取るか

    2019年8月第1週|日々のトレード結果|つれない相場の女神に頼みたい

  2. 買いで値が上がり売りで値が下がる図

    利回り計算と株はカオスの香り|2019年4月のトレード結果がヤバい

  3. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年7月第1週|日々のトレード結果|ワンショット増量にかける男

  4. 某新興株の3営業日連続ストップ安の日足チャート

    ストップ安 致命傷さける為の2つの方法|2019年6月月間損益結果

  5. デイトレーダーが望む上下動を繰り返す値動き

    2019年7月第2週|日々のトレード結果|有限利確と無限損切りの戦い

  6. デイトレード株ブログ継続!不完全ながら若干の手法改善!月次集計4月

  7. 滝壺へ落下の曲線グラフ

    緊急警報!“退場狼少年”がガチでヤバい!一日でマイ転、涙の7月過ぎ去る

  8. 孤独に傘をさす男のシルエット画像

    2019年6月第3週|日々のトレード結果|雨の中相場の幸運を待つ男

  9. テンキーの文字配列

    2019年6月第5週|日々のトレード結果|月末ふっ飛ばしたら退場マジ?

  10. トレードの結果の分類図

    2019年9月第1週|日々のトレード結果|閑散相場から脱却への道はいずこ

  11. 孤独に傘をさす男のシルエット画像

    スキャルピングと勝率の長期的な成果とは?2018年11月月間損益

  12. 2019年6月第4週|日々のトレード結果|スタートからドボンする男

  13. 11本目の足まで作成中のチャート

    デイトレ月利5%の5万円?5月の株はやっとプラスの月次集計綱渡り

  14. 値がそれほど詰まっていない板状況

    株の出来高の見方に注意し大損をのがれた結果 2019年7月月間損益

  15. 株の函数

    株赤字連敗後の放心状態がパない【9月月次集計結果】デイトレ存続危機

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. ジリ上げ後に急落するチャート形状

    2019年9月第3週|日々のトレード結果 “女心と秋の空” …

  2. 孤独に傘をさす男のシルエット画像

    2019年9月第2週|日々のトレード結果|台風一過コツドカ急先鋒

  3. トレードの結果の分類図

    2019年9月第1週|日々のトレード結果|閑散相場から脱却への道はい…

  4. デイトレの休日|無の空間から帰還できず涙する 2019年8月月間損益

  5. 2019年8月第5週|日々のトレード結果|S安助けてデイトレつれー!

  6. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年8月第4週|日々のトレード結果|ブランク明けビビり売買発動

  7. グラウンドストローカーがコートカバーをする範囲

    全米オープンテニス 2019 大坂なおみ 錦織圭【ハイライト動画】

  8. 1分足チャートの出来高が薄いパターン

    2019年8月第2週~第3週|日々のトレード結果|損切り2発KO

  9. 分足チャートのどこで利幅を取るか

    2019年8月第1週|日々のトレード結果|つれない相場の女神に頼みたい

  10. 値がそれほど詰まっていない板状況

    株の出来高の見方に注意し大損をのがれた結果 2019年7月月間損益

広告
広告