2019年6月月間損益結果|ストップ安で致命傷を避けるための方法

この記事は約5分で読めます。

ストップ安張り付けを食らわないため、私がやっている2つの方法をご紹介します。

これで万事が解決する訳ではありません。

あくまで私の窮余の策。

S安張り付き → 含み損持越 → 暗黒の週末

この流れを避けるためのマイルールです。

これで本日も難を逃れました。

スポンサーリンク

ストップ安で致命傷を食らわない私の方法

ストップ安張り付けの刑を食らい、大幅含み損のまま持ち越し。

これを避けるためには、以下の知識がそこそこ機能します。

(…と私は勝手に思っています。)

  1. 株価7000円~10000円の銘柄(値がさ株)は警戒する
  2. S安前に「エイヤ!」とブン投げる

これらについて説明します。

1.株価7000円~10000円の銘柄(値がさ株)は警戒する

前日終値からストップ安値までの率を計算すると、株価1000円~1200円台の銘柄が最も「距離がある」ことになります(下表参照)。

他に100円以下の低位株も値幅制限の幅(率)は大きいです。

しかし、低位株のトレードには独特の難しさがありますので、今回は省いてあります。

ストップ安値までの率

前日終値制限値幅騰落率
699円-100円-14.3%
999円-150円-15.0%
1000円-300円-30.0%
1250円-300円-24.0%
1499円-300円-20.0%
1995円-400円-20.0%
4995円-700円-14.0%
6990円-1000円-14.3%
9990円-1500円-15.0%

S安まで-30%と-15% どちらを取る?

値動きの大きい銘柄ですと、5%くらいは1分とかからず動いてしまう場合があります。

特別売り気配を食らったら、もっとやられる場合も。

ですから、値幅制限の「距離」を意識することは大事です。

1000円~1200円台の株であれば、少なくともS安までの距離において、若干の安心感があります。

もちろん、それでも油断は禁物です。

私の場合、

  • 1000円~1200円の株
  • 7000円~10000円の株

においては、後者の場合により警戒するようにしています。

「ストップ安が近いぞ」と。

2.S安前に「エイヤ!」とブン投げる

  • ストップ安張り付けに巻き込まれて持ち越してしまう場合
  • 損失を確定させてブン投げた場合

両者を天びんにかけ、どちらが良いかを考えた場合、いかがでしょうか。

私の経験則ですと、前者が精神衛生上よろしくありません。

特に、週末に大幅な含み損を抱え持ち越しますと、暗黒の土日になってしまいます。

このため原則、ブン投げる。

これを自分のルールにしています。

月末最終日2時50分の恐怖

本日、IPO株が寄ってすぐの特別売り気配!

初値寄り付き3分後、いきなり。

月末最終営業日とあって、しかも引け間際。

IPO初寄り、2時50分の恐怖。

「ここで来るかー?」と思わず声が出ました。

みるみるうちにストップ安張り付き。

これを食らったら、月間利益を全て吹っ飛ばし、涙目持ち越し必至。

脳裏をかけめぐる私のデイトレ史

急転直下、あれよと言う間の呆然2割下げ。

今まで何度これを食らい、必死の形相で週末を過ごして来たでしょうか。

確かに、今回は被弾を食らわずに済みました。

マイルールが「警戒せよ」と教えてくれました。

しかし、爆下げを前に一瞬にして、今までの大損を想起。

走馬燈のように脳裏をかけめぐりました。

これがデイトレードです。

これが私の食らって来た「何この致命傷!」です。

3カ月連続月間プラスに気を良くしていた矢先

デイトレードの調子が良くなってきて、3カ月連続プラス。

デイトレの克服が当ブログのテーマでもありました。

「開眼したぞ!」なんて調子こいていたら、一瞬にして奈落の底に叩きこまれる可能性。

これが株です。

直線的に2割下げる、そんなの値動きの激しい株では度々あること。

しかも、下げの最初で特別売り気配を挟んで来るあたり。

逃げられなくなってナンピンして、S安に張り付けられ、退場一直線もあり得るパターン。

月末にこれが来るとは相場の摩訶不思議。

食らってしまった人には実にお気の毒としか言いようがありません。

2019年6月【月次集計】成績表

空欄はトレードを見送った場合を意味します(単位:万円)。

持越デイ
6月1日(土曜)(土曜)
6月2日(日曜)(日曜)
6月3日0.5
6月4日0.6
6月5日0.7
6月6日0.2
6月7日-0.3
6月8日(土曜)(土曜)
6月9日(日曜)(日曜)
6月10日0.7
6月11日1.2
6月12日0.7
6月13日0.7
6月14日
6月15日(土曜)(土曜)
6月16日(日曜)(日曜)
6月17日0.2-2.1
6月18日0.4
6月19日1.0
6月20日1.2
6月21日0.5
6月22日(土曜)(土曜)
6月23日(日曜)(日曜)
6月24日0.4
6月25日0.50.8
6月26日0.9
6月27日0.41.2
6月28日0.5
6月29日(土曜)(土曜)
6月30日(日曜)(日曜)
合計1.19.8
10.9