デイトレーダーのブログ生活|負け記事8選“何コレひどい”追体験で損スキップへ

白目となる表情を見せる著者

株必勝法への終わりなき旅路

世の中には10億儲けた、20億儲けた、100億、200億と儲けた方がいらっしゃいまして、デイトレ界隈では有名人であったりする訳です。

「これをこうやったら儲かる」と言ういわゆる株の必勝法。

これはデイトレーダーにとって大事な飯の種ですので、原則、明らかにされることはありません。

ですから、相場については心構え的な、曖昧模糊(あいまいもこ)としたお話が世の中にあふれる結果となります。

有名な相場用語で、「もうはまだなり。まだはもうなり。」と言うのがあります。

意味おわかりになります?

「負けるが勝ち」のような、難しいお言葉です。

株は禅問答ではありません。

一握りの勝者のお言葉を聞く

場合によると、「株の必勝法は存在しない、全て運勝ちを積み重ねたもの。」と言う方もおられます。

あるいは「オレさまは天才だから。天才の真似をしようとしても無駄。」とも…。

実のところ、必勝法が存在しようとも、それを公開した時点で同じやり方をする人が殺到することは目に見えています。

似たようなやり方を全員が取ったらどうなるのでしょう。

株価100円のところに多くの人が殺到したら、100円でその銘柄を買うことはできません。

逆に100円のところで大勢が売ろうとしたら、100円で売ることもできません。

買い値が上がって売り値が下がる、これが同じ行動の結果です。

飛行機から急落下する人の図

その他大勢の負けに学ぶ

損をしている人の行動を研究すれば、おのずとその他大勢の行動がわかります。

つまり、負けに学ぶと言うことです。

相場においては、負けた結果をいくら公開しても、買い値が上がって売り値が下がることはありません。

年初から始めたこの“株ブログ アゲサゲニュース” ですが、ブログ開始後10営業日にして自分に退場宣告。

こんな感じです。
株退場ブログ|デイトレは甘くない!2018年開始早々大損終了まとめ

デイトレの厳しさを痛切に思い知らされた日です。

株の大損は、逆に張っていれば大儲けできたと言う証し。

買いボタンと売りボタンが交換されていれば大成功だった訳です。

その意味でも負けの研究は価値があります。

場中の決算発表直後の乱高下に巻き込まれた負け

乱高下とは、相場のカオスな動きです。

そこで負けるようでは、値動きと言うチャンスを思い切り逃していることになります。

しかし、多くの人はこの乱高下で大負けを喫することが多いです。

このため、大多数の中の、これまた多くの人が、決算発表直後の乱高下は見送ると言います。

それだけ乱高下の中で利益を出すのは難しいと言うことです。

しかし、逆に言えば、そこで利益を出せている人は負けた人の分を総取りで利益に変えているのかも知れません。

急動意した株で負けた反省点について、以下の記事で公開しています。
デイトレブログ|株で生活?投資初心者が退場を防ぐデイトレードとは

空中を逆さで泳ぐ人の図

確信のないトレードは無駄

“負けぐせ” のついたデイトレーダーはたいていの場合、ビビりながら利益確定をするため、利幅が小さいです。

利幅が小さくても、細かく何度も利益を重ねて行けば問題ないのですが、それができないのでさらにビビる一方。

相乗効果でますます早降りに…。

勝ちへの確信のないまま、迷いながらデイトレードを続ける状態。

その他大勢の負け組がおちいりがちな相場心理です。

結論から言うと、確信のない薄利にホッと一息をつくくらいなら、参加しないほうが良いです。

それよりも、相場を良く観察・分析し、勝ちへの確信を得てからトレードをするべきなのでしょう。

腰の引けた勝ちで胸を撫で下ろしているのは時間の無駄。

この記事を読むとそれが実感できます。
株空売り成功、他は失敗!デイトレの勝てない仕組みは“誘われ損”習慣

確信を得るための手順

負けの中で必死にあがいて、勝ちへの確信を得た体験。

これが負けから学ぶと言うことです。

確信とは、予定通り事が運び、予定通りの結果が出ること。

「これはイケる」と思った時だけ参加し、それ以外は見送ると言う判別作業です。

判断の根拠は目の前にある事実しかありません。

感情ではなくて事実。

強い銘柄だけにインしたトレードを以下にまとめました。
株必勝法?デイトレ手法改善!負け教訓から売買手順に注意し薄利を積む

負けトレードを微に入り細を穿って(びにいりさいをうがって)研究

微に入り細を穿つとは、細かく詳細に注意して、と言う意味です。

研究するのであれば、徹底的にやらなければなりません。

まず事実を列挙し、数値として置き換え一覧化したり、グラフ化するなどが必要です。

そのための第一歩として、大負けの日をピックアップし、解析した記事が下記となります。
節約ブログは生活保護寸前|資金30万円で日給-10万円のデイトレーダー

大負けの具体的要因を明らかにしています。

その結果、ついに玄米と沢庵(たくわん)しか食べないような、修行僧のような食生活を紹介しています。

(もちろん私、山寺のお坊さんでも、“そっち系” の人でもありません。)

その他大勢の負け組は、このような失敗を繰り返しています。

失敗を経て勝ちにたどりついた経験

大損、退場宣言、その結果たどりついた結論。

それは、まず第一にポジションを小さくすること。

そして、損切りに至る際に、“あることを” をしないと言うルール。

めずらしくルールを貫徹し、勝てた経験をこちらの記事で公開しています。
株大損ブログ、デイトレ退場も忘れ更新!微益の反省なしトレーダー

結局のところ、失敗から学び手順をルール化し、それを機械的に淡々と実行することが大事なのかも知れません。

株で勝てない人が多数と言うことは、その大勢の人がそもそもトレードに向いていない可能性があります。

(自分自身を含む。)

向いていないと言うことは、自分の“感性” をデイトレに反映させてはまずいことになります。

これが一般的によく言われる、ルールを守ることの重要性に相当します。

波間で溺れる人の図

突然巻き込まれる不慮の事故?

いくら気をつけていても、突如として予想すらしていない事故に巻き込まれることもあります。

その予想すらしていなかった状況を分析してみますと…。

やはり何らかの感情に左右されたトレードや、ルールを逸脱した行動が確認できることが多いです。

自分から崖に足を踏み込み、みずから足を滑らせる男。

PTSで損切り出来ずに天国行きに…。

相場は非情。

油断したらこうなりますのでご注意ください。
PTS株価でPTSD?ストップ高張り付け比例配分狙い→引成り10億売りの恐怖


広告

心をへし折られたらどうなるかの追体験

相場を張っていると、そこまで頑張ってあがいていても、結局のところ負けに終わる日もあります。

その負けが、週末に来ることもあります。

そんなことはしょっちゅうあります。

連休前に、“負けデイトレード” で引けた週末。

灰色の連休になってしまわないよう、気持ちを早目に切り替えることも必要です。

デイトレーダーはストレスに強くなくては、とてもではありませんがやってはいけません。

その状況を以下の記事で追体験してみますか?

それとも、やめておきますか?
株大損、失敗が月末最終営業日に来た!連休前にして心へし折られ退散


広告

勝てない仕組みと理由を研究

  1. 10本目チャートまで作成したチャート

    寄り付き注文、直後の揉み合いで奈落の底|ここまでやられるかよオイ

  2. 12本目の足まで完成したチャート

    株大損デイトレ退場?ブログタイトル変更を検討、トレード後に引けず

  3. 7本目の足を作成中のチャート

    株大損失敗が月末最終営業日に来た!連休前にして心へし折られしぼんぬ

  4. 滝壺へ落下の曲線グラフ

    株売買、失敗の元は信用全力二階建て?絶望の城を出て欲望の沼にハマる

  5. 売り・買い交換ボタンシステム

    株売買ゲーム終了!寄り付きから負け!6営業日で退場の投資ブログ!

  6. 飛行機から急落下する人の図

    PTS株価でPTSD?ストップ高張り付け比例配分狙い→引成り10億売りの恐怖

  7. 3本の陽線上昇のチャート

    投資初心者が大損しがちなトレードとは?逆張りの儲けを後場に帳消し

  8. 10本目チャートまで作成したチャート

    デイトレーダーも株初心者も10時停止を遵守できない?習慣リスクに注意

  9. 売り・買い交換ボタンシステム

    デイトレード手法は買いと売りの交換が必要?株の迷宮、出口はどこ?

  10. カイジ風の筆者びびり顔

    デイトレブログ|株で生活?初心者必見30万暴威のトンデモなく恐い日々

  11. 4本目の足が下落しているチャート

    株損切りスイングトレード分をデイトレで返す|プラスマイナス0ルール

  12. コツコツドカンを図示すると…

    投資ブログ失敗から学ぶ|週明けの負け傾向|ドカンと株成功への必須知識

  13. 7本目の足を作成中のチャート

    株ポジショントレード停止、スイングトレードマイナス、一泊二日に繋ぐ

  14. 2本の陽線上昇のチャート

    株の売買と時間|前場の寄り付き30分、後場手出し無用?大引け前の負け

  15. 急騰してから下落する分足チャート

    株のデイトレーダー生活を始める前に読むべき3分読了トンデモ5選

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. 価格上昇の不確実性

    2019年7月第3週|日々のトレード結果|日常茶飯事誤発注で血の気引く

  2. グラウンドストローカーがコートカバーをする範囲

    東京の公営ジム139選|一覧表で3分決定 格安トレーニングスポット

  3. デイトレーダーが望む上下動を繰り返す値動き

    2019年7月第2週|日々のトレード結果|有限利確と無限損切りの戦い

  4. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年7月第1週|日々のトレード結果|ワンショット増量にかける男

  5. 某新興株の3営業日連続ストップ安の日足チャート

    ストップ安 致命傷さける為の2つの方法|2019年6月月間損益結果

  6. テンキーの文字配列

    2019年6月第5週|日々のトレード結果|月末ふっ飛ばしたら退場マジ?

  7. 前日のローソク足とピボット値

    株の値動きを分析する方法|私の3つの考え方|これで丸裸になりま…

  8. 値動きがないまま下げる値動き

    デイトレしやすい分足の研究|私の超短期売買|これで文無しになり…

  9. 2019年6月第4週|日々のトレード結果|スタートからドボンする男

  10. 孤独に傘をさす男のシルエット画像

    2019年6月第3週|日々のトレード結果|雨の中相場の幸運を待つ男

広告
広告