ロットを上げられない理由

この記事は約7分で読めます。

今後、デイトレードにおいて、ロットを上げていきたい。

そのために散々、苦労をしています。

嫌と言うほど、痛い目にあって来たのであります。

すなわち、大損を食らっているのであります。

そんな中、ロットを上げるための条件とは何か?

当方なりの考え方をご紹介いたします。

ド素人の意見であります。

したがって、あくまで参考非推奨。

ザラバ体験感想文。

ご承知おきください。

スポンサーリンク

結論

ロットを上げられない理由は、確率の低さです。

たぶん上がる。

でも、上がらなかったら切らねばならない。

含み損になったら嫌だから、小ロット。

つまり、ある程度勝てる確率があるものの、信頼度が低い。

信頼度が低いとは、すなわち確率そのものが低いことに他ならないのであります。

ですから、試行回数を増やし、取引を分散させる。

何回にもトレードを小分けにし、できれば小手先のテクニックで対処したい。

損切りを上手くこなしたい。

真向からの勝負でのぞみ、思い切りノックダウンを食らうのは嫌だ。

最終ラウンドまで逃げ回って、判定で勝てばいいのさ。

高効率とは

最初から確率が高いとわかっていれば、全力で勝負できます。

判定勝ちではなく、ノックダウンを狙う。

そして、勝てるとわかっているからこそ、資金全力でイケる。

その結果、1回当たりの利益が格段に増加します。

高効率のトレードが達成できるのであります。

この場合、運悪く損切りになると、ヤラレが大きくなります。

しかし、次に勝てるとわかっているとすれば、どうでしょう?

思い切ってカットすることができます。

ちゅうちょする必要がない。

結果、当然のごとく、トータルの利益が増加する。

これが高効率のトレードであります。

そして、ぶっこんでぶっこみ続け、幾何級数的に資金を増加させる。

すなわち、資金増加にもっとも寄与するのが、勝率の高さです。

思い切りの良い勝負こそが、高効率なトレードに結びつくと言うことであります。

コツドカの原因

「この1回は負けられない」などと考え始めますと、切るのが遅れます。

自分の中の下手くそが、さらなる下手くそさを呼ぶのであります。

当方も、1回の損切りでエライ目に合う経験を繰り返して来ました。

しかし、後で考えると、これは損切りとは呼べません。

単なる大損です。

そして、大損は確率の低さゆえの現象であります。

勝率が適度でしかない。

だからこそ切るのをためらい、上手くいかないのであります。

言い換えるなら、コツコツドカンは勝率の低さが原因であると言えます。

けっして損切りが下手なせいではありません。

しかし、世の人々は、それを認めません。

確率が低くとも、1回のトレードでガツンと利益が出れば問題なし。

勝率が3割でも、損切りを頻繁に賢く行い、勝てる時に利幅を伸ばせば良いのだと。

もっともらしい説を教えてくれるのであります。

しかし、この説には明らかな間違いがあります。

利幅と時間

利幅を伸ばすと言うことは、ホールド時間が長くなると言うことです。

デイトレのつもりでインしたのに、途中からスイング、あるいはそれに近い状態に持って行くことになります。

すなわち、前提を崩し、例外的なトレードをすると言うことに他ならない。

不確かさはここにあります。

トレードの前提がデイトレなのか、それともスイングなのか。

途中からいつのまにか、前提を崩していく。

それも自分の都合の良いように。

ここに無理があるのです。

デイトレとは、持ち時間が少ないトレードを指します。

ましてや、スキャだと言い張っているのに、30分あるいは1時間ホールドするなど、あり得ないでしょう。

持ち時間が短いならば、利を伸ばすなんて行為には限界があるのであります。

逆相関のトレード

短期売買における、時間軸と確率の高さの逆相関。

グラフで表すと、以下のようになります。

時間軸が伸びれば伸びるほど、勝率は下がっていく。

逆に時間軸が短ければ短いほど、勝率の高さで勝負しなければなりません。

もちろん、これは仮想的なお話に過ぎません。

実際には、時間軸が短くとも、勝率の低いトレードをどんどんやってしまいます。

逆に、時間をかけて待ったおかげで、勝率が上がってしまうこともあります。

従って、このグラフは現実に即してはいません。

しかし、このグラフのようになっていないと、スキャやデイトレでは痛い目に合います。

勝率が高いからこそ、思い切りの良いトレードを可能にし、高効率たらしめるのであるからして。

例外

上記のグラフの例外は、中長期投資であります。

時間軸が長期であればあるほど、別の因子が効いてきます。

企業の成長や、社会全体の経済成長など。

これが大きく株価に影響します。

その結果、時間が経てば経つほどに、株価が上がると期待できることが少なくないのであります。

それはそれで良いことです。

今回は短期投資のケースですので、この話題は割愛いたします。

たちかわって、スキャルピングの場合はどうか?

スキャの勝率

理想論として、上記のグラフが有効とするならば、スキャの勝率は当然に高くなくてはいけません。

当方の経験則ですと、勝率95%。

スキャの場合、このくらいの確率がないとロットは上げられません。

80%くらいでも一見、十分に高確率に見えます。

しかし、その程度では、カットする方が気になってしまって、ロットなど上げられないのです。

スキャで買って、少しでも下げに輪がかかったなら、切らなければならない。

たとえば、ワンショット5000万の場合を考えるとわかります。

5000万ぶち込んで1%下げたら、もう50万の含み損です。

そこで切らない判断を下すのは、上がる確率が相当高いと思っていないと無理であります。

さらに1%下がったら100万の含み損ですから。

上がる確率がそこそこでしかないのに、含み損50~100万で持ち続けるなど、ナンセンスでしかありません。

ましてや、材料株の値動き。

一瞬にして5%下げもあるよ、と。

5%だと250万。

250の含み損は、もはやスキャの意味をなさない。

何のための短期売買なのでしょうか。

すなわち、スキャルピングにおいては、勝率重視。

勝率が高すぎて困ると言うことは全くなく、むしろそれが全てであります。

モグラとクジラ

モグラ叩きの手さばきで、常に損切りを考えている。

じーっとモニターを見つめ、モグラが出たら買い、引っ込んだら損切りをする。

そして、一日中、モグラを追う。

これではロットなど、上げられる筈もありません。

モグラではなく、クジラを追う。

モグラなんざ、飯の種にならないのであります。

なぜロットが上がらないかと言うと、実は心の奥底で、確率があまり高くないことを知っている。

勝つことの確信が持てないのであります。

モグラをいじめているくらいがちょうど良いのだと。

そうじゃない。

目標はクジラだ、と。

では、クジラと戦うためにはどうすれば良いのでしょうか。

確信への下準備

子供の頃、砂場で山を作り、競い合ったことがあります。

高さを競い合うのです。

当時、当方は、あることに気づきました。

砂を積み上げる前に、まず砂を叩いて広げ、より大きな円を作る。

こうすることで、結果として高い山が作れる。

そして、砂を積み上げて先を急ぐのではなく、まず固める。

固く固めることに力を入れるのだ、と。

多くの子供たちは、砂を高く積むことばかり考えるので、うまく行きません。

途中で崩れてしまうのです。

崩れてしまうと、それ以上、砂を乗せられなくなります。

乗せても乗せても崩れてきてしまうからです。

実際にやってみるとわかります。

そして、当方、その幼稚園の歴史に名を残し、語り継がれる、クジラの山と言うのを作り上げました。

いささか迷惑であります。

いや、言いたいことは以下であります。

一見遠回りに見えても、土台を大きく、しかも固く固めておく。

そして、積みあがるたびに砂を固めていく。

急がば回れ。

これが、後々、功を奏するのであります。

トレードも同じで、闇雲に山を高く積もうとすると、いとも簡単に崩れてしまいます。

すなわち、高効率の取引をするための土台。

それを固めること。

後々、ロットを上げ、高効率で資金急増を達成するための土台を、ガチガチに固める必要がある。

その鍵は、こと時間軸の短いトレードにおいては、勝率の高さにあるだろう。

そんな思いであります。

さて、本日のトレードですが。

デイ勝ち、スイングなし。

デイはこれだけ。

トレード1回。

今月のデイでは、21営業日中18営業日勝ちでした。

来月もこの調子でいきたいです。

クソ株の素っ高値持ち越し。

良い週末をおむかえください。