低位株のすすめは大嘘

この記事は約3分で読めます。

当方、低位株のトレードをすすめる書籍を買ったことがあります。

15年くらい前の話です。

低位株は下値の目途が知れているので、買い。

そんな内容が書かれていたように記憶します。

しかし、この下値の目途とは、いったい何でしょうか。

出発点からツッコミどころが満載であります。

株の書物にはこのレベルのものが多い。

これについて、当方の思いは、以下のようなものであります。

スポンサーリンク

低位株の下値目途

低位株とは、厳密な定義があるものではありませんが、概ね300円以下の株。

当方はそう理解しています。

この低位株の下値の目途とは何か?

まず、制限値幅の例を挙げますと、以下のようになります。

  • 100円未満 上下30円
  • 200円未満 上下50円
  • 500円未満 上下80円

これによりますと、一見、価格が安ければ安いほど、上下の制限値幅は狭く見えます。

本当にそうなのでしょうか?

低位株の下値目途が知れている、その意味とは、このことなのでしょうか?

低位株のレンジ

例えば、株価30円の銘柄について調べます。

終値が30円であれば、翌日の制限値幅は上下30円となります。

株価は0円をつけることはありえないため、下限は1円、上限は60円となります。

これが翌日の想定レンジです。

終値30円の株は、最悪の場合、翌日に1円をつける場合もある、と言うことです。

仮に1円をつけた時、前日終値30円からの変動率をrとしますと、

r=(1-30)÷30=-0.966666666…

となります。

すなわち、およそ96.7%の下落率と言うことになります。

どこが下値の目途が知れている、やねん?

本当の下値目途

低位株は、その株価が安ければ安いほど、下値目途が深い傾向にあるのであります。

深いどころではありません。

投じた資金を全て失くす可能性があります。

それがこの-96.7%と言う数値です。

そして、上値の目途について言えば、1日で倍もあり得る。

すなわち、ハイリスク・ハイリターンの銘柄と言えます。

とてもではありませんが、相場の初心者にはおすすめできません。

そもそも、下値目途が知れている、は大嘘。

逆に下値目途が大きすぎて、一撃退場もあり得るのであります。

なぜ低位株をやるか

なぜ低位株なのか、その答えは、値動きの大きさです。

終値30円であれば、翌日中に、最大で上下に100%程度動く可能性。

これは値がさ株ではありえない値動きの範囲です。

すなわち、一撃で全てを失う可能性がありながら、少額を投じただけでもそれなりの利益が出る可能性がある、と言うことです。

ここをうまく利用するのがトレードであります。

当方の場合、小額ずつ、上がりそうな低位株に分散することが多い。

小額でも、全て消えてしまったら、ショックですが。

低位株を恐れぬ理由

例えば、すでに30万円の儲けが出ているのなら、低位株に30万円を投じても、それほど怖くはありません。

最悪でも、30万円がなくなるだけだからです。

多くの人にとって、なぜ低位株のトレードが恐くないのかと言えば、このような理由によるものでしょう。

トレードとはそもそも、リスクとベネフィットを天秤にかける行為です。

ベネフィットが恐らくリスクを上回るであろう、そのタイミングで低位株に資金を振り向けるべきであります。

と言うか、一般論で言えば、低位株など軽くすすめられる類いのものではありません。

さて、本日の結果はノートレ。

今一つ値動きのはっきりしない日経平均。

米国株は下値を掘り下げていく感じ。

ノートレ・ノーポジのままでも良かったのですが。

当方の場合、こんな時は低位株くらいしか、買い持てないものです。

当方の相場用語ではこれを、不透明相場の低位株、と呼びます。

低位株買い持ち。