低位株の値動きに乗ろうとしたら10分間で担がれて振り落されました

この記事は約4分で読めます。

低位株とは一言で言えば、地味に見えてその実、内に秘めた激しさを持つ銘柄です。

普段は淡々とバーコード的なチャート。

しかし、きっかけがあれば、他のどの価格帯の株にも勝る大きな値動きになります。

ある意味、無情なまでのリスクを秘めつつ、爆発的な値上がりが起こり得る株。

簡単に手は出せないだけに、研究の余地がある銘柄群と言えます。


スポンサーリンク



低位株とはどんな銘柄?

株価水準の定義はない

何円以下の株なら低位株であると言う明確な定義はありません。

低位株と言う名称は感覚的なものです。

100円以下の株であれば誰しも低位株と認めるでしょう。

200円以下の株でもたいていの人は低位株と呼びます。

200円台の株は、人によっては低位株と呼ぶ場合もあるし、中位株と呼ぶひともいます。

この区別があいまいな呼称、低位、中位と来て、次に高位が来るのかと思いきや、高位株と言う呼び名は聞いたことがありません。

値がさ株と言う用語はありますが。

低位株の値動き

おおむね短期売買には向かない、重たい値動きをしています。

たとえば160円と161円の間を延々行ったり来たり。

ある瞬間に162円に上がり、今度は162円と163円の間を行ったり来たりします。

通常はこれらの低位株でデイトレードをすることは難しいです。

なぜなら、この行ったり来たりする1円の攻防においては「順番待ち」の恐怖がつきものだからです。

順番待ちの恐怖

1円の上下動で利益を頂けるか

160円と161円の往復の中で、160円で買い161で売るためには順番待ちが避けられません。

たとえ目の前で160円の約定があっても、自分がその価格で買えるとは限らないのです。

既に出ている買い注文の後に並ばなければならないからです。

10万株の買い注文が出ている時、その後に1000株の買い注文を出したとしても、約定するのはいつになることやら。

たいていの場合は何十分も待って、それから買えれば御の字です。

そして、買えた後に反対売買をしようとしても、また同じく順番待ちになります。

ですから、通常はデイトレードはやりにくい場合が多いです。

地味に見えて値動きは大きい

短期売買はやりにくく感じ、地味に見える低位株ですが、実は値動きは大きい特徴があります。

例えば、50円の株が1円値上がりしますと、率にして2%上がったことになります。

500円の株の場合、1円は0.2%ですから10倍も違います。

低位の株であればあるほど、1円当たりの値動きは大きくなります。

結果として、低位株の値動きは中位や値がさ株に比べて大きい傾向が顕著です。


スポンサーリンク


低位株の値動き極大化現象

局所的に盛り上がる低位株

何らかの材料が出たり、あるいは原因不明の出来高急増などのために盛り上がった低位株の値動きは、極めて激しくなります。

このためデイトレーダーは値幅を求めて低位株に群がる場合があります。

ただし、多くの仕手系銘柄と同じく値動きは複雑怪奇であり、利益を出すのは難しいです。

ここで着実に利益が得られるトレーダーは勝ち組であると言えるでしょう。

利益を出し易い銘柄は、損をするのも簡単です。

相場において最も注意すべき売買です。

株価の安さは、多くの場合それなりの理由がある場合も多く、上場廃止すら視野に入っているようなケースもあります。

記憶に新しいのは、某航空株の上場廃止の時の事です。

天下のディフェンシブ銘柄が寄り付き7円

とある航空株の上場廃止の際には、もともと200円台にあった株がどんどん下落しました。

100円台でうろうろした後に上場廃止が決まり、ストップ安を経て、次に寄り付いたのは7円。

航空関連株は景気変動に比較的影響を受けない、ディフェンシブセクターの銘柄です。

ですから、大手航空株の上場廃止が決まった際にはとても驚きました。

株は何があるかわかりません。

この時、前場の寄り付きに7円で寄り付いてから、大引けも7円。

翌日にはリバウンドで10円まで付けました。

率にすれば40%の上昇です。

このように超低位株の値動きは、半端ない大きさになる場合があるのです。

それだけではありません。

値幅制限がとんでもない

実は、100円未満の株は値幅制限が±30円になっています。

例えば、終値10円の株は翌日に40円まで上がる可能性があります。

もしそんな事になれば、株価は4倍です。

ただし、みるみるうちに1円張り付きもあり得ます。

この値動き幅は、どんな価格帯の銘柄よりも激しいと言えます。

最も注意を要する銘柄、それが超低位株です。

私も幾度となくこの低位株に突撃し、あえなく撃沈されています。

あなたもこの低位株でトレードしてみたいと思いますか?


スポンサーリンク