ぶっこみ投資法とは何か?解説5選いつでも大口トレーダーOKマジ?

急騰する1分足チャートの拡大イメージ図

新興株からメガバンクのような売買代金上位株まで。

それがデイトレード。

資金が増えれば増える程、受け皿の大きい銘柄に対応する必要があります。

出来高の薄い株ばかりでのトレードでは、そんな売買は難しくなるかも?

1ショット数千万円のデイトレを目指したい所です。


スポンサーリンク



“ぶっ込める” トレードの追求

最近考えている最も効果的なデイトレ手法。

それは、たとえデイトレ資金30万円であろうとも、いざと言う時には“ぶっこめる” デイトレード方法の探求です。

“ぶっこめる” とは、たとえ億トレーダーでも参戦できる“厚み” のある銘柄。

値動きを求めて新興市場専門でトレードする限り、そのような“ぶっこめる” 銘柄は普段は数えるほどしかありません。

売買代金がある程度上がっていなければ、板に出ている注文もスカスカで、とても“ぶっこめる” 銘柄とは言えません。

“ぶっ込む” ことの理由

なぜ“ぶっこめる” 銘柄を探すか?

それは未来に渡って、デイトレでの応用が効くだろうと言うもくろみ。

デイトレ資金が30万から60万に増え、100万を越え、500万に達しても“ぶっこめる” 銘柄。

当然、その先のワンショット数千万円の世界まで、全く同じ手法でデイトレードをする、これ、一つの目標であり、夢です。

そもそも出来高の少ない板薄の銘柄に大きな資金を“ぶっこん” だら、自分の発注で値段が動いてしまいます。

出来高がなくて値動きの乏しい中、自分の買いで値が上がり自分の売りで値が下がったら、自動的にトータル大損です。

その上、場合によっては証券会社から電話がかかってくるかも。

1人の発注で値段が動くのはまずいからです。

出来高・売買代金でデイトレード銘柄を絞り込む考え方については、こちらの記事にもまとめました。

デイトレードと出来高・損切りの関係|ブン回してこの結果!何コレ痛い

夢はメガバンク銘柄でデイトレードする男?

スカスカ・板薄の銘柄ばかりでデイトレードしていて、その結果を掲載しているブログもあります。

しかし、私にはどうやっているのか良くわかりませんし、資金極小でしか通用しないトレード方法にはあまり魅力を感じません。

(それでも、やり方を教えてくれるのなら頭を下げて、ぜひ教わりたいですが…。)

新興株でのデイトレードでは、ある程度大きい資金(億単位?)で買いや売りを入れると、自分の発注で値が動いてしまいます。

そう考えると、究極的には東証1部の大型株でデイトレード出来るようになりたいものです。

目指すはメガバンク株のデイトレで勝てる男。

デイトレードの再現性とは?

結局、売買代金の一番厚い銘柄でのトレードは、最も多くの参加者が値動きを凝視している中での売買になります。

AIによる“瞬間トレード” もあるでしょうし、手動で売買する強者(つわもの)も群がっている状態。

そこで勝ち続けることができないと、一番手(売買代金トップ)の銘柄では利益を積み上げることはできません。

「そんなの無理だよ…」と言う感じもしますが…。

しかし、参加者が多ければ多いほど、いろいろな人(機械含む)の目が入った結果の値動きになっている可能性は高いです。

出来高の薄い銘柄よりも、ある意味、再現性のある値動きかも知れません。

巨額資金のトレーダーが再現性を打ち崩す

仮に値動きに再現性があるとしても、巨額の売りが出れば、場合によっては一瞬で特別売り気配になってしまいます。

株に絶対はありません。

1人の巨額資金のトレーダーによって、確率分布は大きく乱れてしまいます。

それが株の難しいところ。

しかし、値動きの再現性に挑戦し、インし続けるのがデイトレーダー。

そんな思いの日々です。

株式投資はどこにも逃げません。

焦らずに時間を味方につけつつ、株式投資に向き合うしかありません。

株式投資における長期目線のヒントを、以下の記事にまとめました。
株の初心者が直感による売買を避ける方法|時間を味方につけて果実を得る

“負けてるブログ” 何を考える?

株のデイトレード、成績をアップしているブログはたくさんあります。

でも、なぜだか勝ちまくりのケースが多いです。

負け続けていると、ブログにアップする気持ちも沸いてこなくなりますので。

その結果、勝ちまくりの株ブログしかなくなると言う訳です。

それに対し、異色とも言える当ブログ。

デイトレ試行錯誤の末、負けの連続。

常にブログ継続の危機。

しかし、私も何も考えていない訳ではないと言うお話でした。


広告


1月15日のトレード結果

本日のトレード銘柄は1銘柄。

“ぶっこんで” 降りるのを反復。

あっという間に利益が出ました。

やはり、動意づいた“ぶっこめる” 状態の銘柄は強いと再認識。

気持ち的にはこのツイートの状態だったので、その後は様子見。

やはり後場はコワいです。

明日以降も“ぶっこめ” そうな銘柄でのトレードを検証して行きたいと思います。

【デイトレード売買銘柄】
(買建)2397DNAチップ研究所
(売建)なし

デイトレード新規建売買代金(買建) 概算110万円
デイトレード新規建売買代金(売建) なし
デイトレード損益 +1.6万円
スイングトレード損益 なし
本日のトータル結果 +1.6万円
今月の損益 +2.6万円
持越ポジション(新規買建) なし
持越ポジション(新規売建) なし
含み益 なし
225オプション なし
注目記事

ゴールデンウィーク2019イベント10連休!国内人出ランキング10選【動画】+1

東京オリンピック日程【チケット購入方法】いつからID登録?3分読了

全豪オープンテニス2019大坂なおみ|とんでもない結果に?大丈夫なのかよ

東京マラソン2019コース&応援ポイント11選|ヤバい観戦スポット【動画】

GW2019旅行イベント穴場は?10連休関東でおすすめ4つの快適スポット

ゴールデンウイークに向け、イベントが目白押しの季節がやってきました。

ブログ、デイトレともども勢いに乗りたい2019年です。


広告


勝てない仕組みと理由を研究

  1. BNFの逆張り売買ポイント

    BNFの手法を調べてスイングした結果|5つの恐るべき結論がヤバい

  2. 本日の“相場の大局観”の根拠

    米国株価に追随するスクリーニング投資法|スイングトレードは新興株

  3. 枝分かれの数がフィボナッチ数列になっている例

    フィボナッチリトレースメントと黄金比で株取引のドヤ顔5つのヒント

  4. 株のポジション|分散買いが功を奏す?新手法スイングトレードに希望?

  5. 12本目の足まで完成したチャート

    デイトレード時間帯の最適化|利益集中!コツは登録銘柄更新の反復

  6. 急騰してから下落する分足チャート

    株の大損を取り返す3つの手法【リスクあり】利益・退場どちらを取る?

  7. 株価の連続性を破壊する分足チャート

    後場のデイトレ銘柄を選別する方法5選|これで資産が吹っ飛びました

  8. 枝分かれの数がフィボナッチ数列になっている例

    株に確率は関係ない?相場と格闘するための8選|トンデモ論法現る

  9. 価格差と現実の利益

    デイトレ手法検証|“ぶっこめる” 投資法1年の軌跡|薄利11連勝何これエモい

  10. デイトレ向き適性銘柄ランキング|売買代金によるスクリーニング方法

  11. ティック足チャートの拡大図

    株の危険な次なる戦略|ロットを巡る5つの冒険|3歩進んで50歩下がる?

  12. ギャップアップの日足

    株寄り付きギャップアップ狙いの手法とは?自分独自の“GU”方法論を探す

  13. スイングトレード手法を改善?米国株上昇、日経平均寄り天の試行錯誤

  14. 停滞し動かないチャート形状

    株の上昇トレンド銘柄|注意するべき3つのポイント|KOされないコツ

  15. 空中を逆さで泳ぐ人の図

    株を始めるなら必読|注意点とおすすめのやり方|失敗を糧にする方法

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. 順張りにおけるイン・アウトのポイント

    2019年11月第4週|日々のトレード結果 瞬トレ押ボタン競争開始

  2. 値動きがないまま下げる値動き

    最も危険な手法|12のデイトレまとめ|これで儲からにゃ3日で退場

  3. 900円→1000円の値動きを示すチャート

    2019年11月第3週|日々のトレード結果|損切り連続への忍耐力

  4. 最も合理的な買い・売りポイント

    2019年10月月間損益|デイトレ下手クソ 元の木阿弥すってんてん

  5. 難易度の低い上昇トレンドのチャート形状

    2019年11月第2週|日々のトレード結果|高値更新追っかけたい

  6. ピボット値、高値、安値の関係

    2019年10月第5週~11月第1週|日々のトレード結果|勝つで!

  7. 価格差と現実の利益

    2019年10月第4週|日々のトレード結果|不屈の精神投げ捨て?

  8. 2019年10月第3週|日々のトレード結果|閑散相場つれーつれー

  9. デイトレに適したボトムスの選び方|崖っぷちのパンツに合理性ありか

  10. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年9月月間損益|デイトレード年間損益マイナスが見えて来た

広告
広告