ライバル不在のマーケットを占有する男|デイトレードでそれはねーよ

湘南の混雑する地域

ライバルのいないマーケット

どんな分野でも、ライバルがいなければ、確かに勝ち残りやすいです。

しかし、参加者が少ししかいない運動会で勝っても、あまりうれしくはありません。

やはりたくさんの参加者がいて、競争があってこその勝ち負けですから。

ポロ・ラルフローレンの男、あらわる

学生の頃、とあるスポーツに誘われたことがあります。

「ポロをやらないか?」と…。

いきなり唐突に何なのかと思いました。

最初から断ろうとしたら、その同級生、やたらと熱心です。

「ポロは、やっている人がほとんどいないので、競争が薄い。

簡単に勝てて、オリンピックにも出られるかもしれない。」

付け加えて彼はこう言いました。

「どうだい?夢があるだろう?」

ポロラルフローレンの男にかかる費用

私はどうやって断ろうか、考えあぐねていました。

するとその友人、ポロについて私にプッシュしまくった挙句、こう言いました。

「ポロの道具で30万円、ユニフォームで10万円、遠征費用その他で年間100万円以上かかる。

払えるかい?」

「ちょ、ちょっと待てよ。

年間140万円以上?

オレら学生だぞ?」

そう言って私は口ごもってしまいました。

「オレらどこの貴族なんだよ?」

ポロ・ラルフローレンの男の今

実はその同級生、その後、ポロでオリンピックに出ることはありませんでした。

一緒にポロをやる仲間が集まらなかったためです。

しかし、別のマイナーなスポーツ(のようなもの)で有名になりました。

そのスポーツ(のようなもの)が何かは、ここでは明らかにできません。

一発で彼が誰かバレてしまいますから。

彼は、とにかく競争の薄いところに行って一番乗りになれば、自分が専門家になれると考えていたようです。

そして実際にそれをやってのけました。

何をもって専門家と言うのかは諸説ありますが、とにかくその分野について彼は詳しく、そこそこ名前も知られているらしいです。

自分の趣味ですから、それはそれで良いのだろうと思います。

(趣味なのか、そうでないのかは良く知りませんが…。)

費用は自腹で願いたい

同じような考え方は、学者の専門分野などでも言えます。

誰もやっていない研究分野を選べば、自分が一番乗りになって第一人者になれます。

しかし、少子化の今にあって、その考え方はいかがなものでしょう。

そんな大学の先生、本当に必要でしょうか。

学者は食べるのがまず先決なので、どうでも良い(とまでは言いませんが、あまり人気のない)研究分野をみずから作り出し、自分が第一人者になろうとする人もいると…。

「だって夢があるだろう?」

その問いにはこう答えたいです。

「夢の費用は自腹でまかなってくれよ」と…。

マイナー過ぎる研究に税金からおカネを出すべきか?

とにかく形式的にでも結果を出すためには、競争を避けるのがベスト。

しかし、その先にあるのが需要のない分野だと、いろいろと問題が発生します。

もちろん自分1人で勝手に研究するのであれば、誰も止めません。

全て自腹でやってくれれば、何も問題ありませんので…。

そのような分野に進んだ人に対し、税金からもっともらしく費用が捻出されると言うのは、腑に落ちない気もします。

やはり米国のように、新しい研究分野にはベンチャー企業が投資するのが良いのかも知れません。

(文科省ではなく…。)

デイトレードではライバル不在はありえない

立ち返ってデイトレについて言えば、ライバル不在の銘柄など、まったくもってお話になりません。

誰かが買う株は、誰かが売る株。

誰かが売る株は、誰かが買う株です。

相手がいなくてはあり得ない、それが株式投資。

特に短期売買の場合には、出来高が高まっていないとインできません。

どのような分野においても、お金を稼いで食べて行こうと思えば、必然的にライバルだらけになります。

それが需要です。

そして、他のいかなる分野よりも競争が激しいのが株の短期売買。

ライバルをスキップして楽をしたいのは山々です。

しかし食べて行こうと思ったら、ライバルだらけの環境に身を置かざるを得ません。

そして、競争だらけの市場で勝ってこそ、大きな利益を手にすることができます。

それが市場原理だと思うのですがいかがでしょうか。

「で、デイトレで食べていけてるの?」

今回、その質問は勘弁してください。


広告

1月16日のトレード結果

本日はかなり難しいデイトレードの連続でした。

思い切り大損となる寸前でしたが、何とか取り返してこの結果。

例によって前場早々に利益は出ていたものの、全て台無しに…。

ライバルだらけのマーケットは、実に厳しいです。

【デイトレード売買銘柄】
(買建)4588オンコリスバイオファーマ、6047Gunosy、6494NFKホールディングス、7776セルシード
(売建)なし

デイトレード新規建売買代金(買建) 概算360万円
デイトレード新規建売買代金(売建) なし
デイトレード損益 -0.4万円
スイングトレード損益 なし
本日のトータル結果 -0.4万円
今月の損益 +2.0万円
持越ポジション(新規買建) なし
持越ポジション(新規売建) なし
含み益 なし
225オプション なし
注目記事

全豪オープンテニス2019大坂なおみ|とんでもない結果に?大丈夫なのかよ

東京マラソン2019コース&応援ポイント11選|ヤバい観戦スポット【動画】

ゴールデンウィーク2019イベント10連休!国内人出ランキング10選【動画】+1

東京オリンピック日程【チケット購入方法】いつからID登録?3分読了

GW2019旅行イベント穴場は?10連休関東でおすすめ4つの快適スポット


広告

勝てない仕組みと理由を研究

  1. 枝分かれの数がフィボナッチ数列になっている例

    株に確率は関係ない?相場と格闘するための8選|トンデモ論法現る

  2. 自動車依存度の棒グラフ【高い】

    株の買い方 パスする方法|私の2つの手数省略術|これで大損こきました

  3. 3本の陽線上昇のチャート

    デイトレードコツ探しとデータ収集|日経平均と値動き、夢物語の関係

  4. つなぎ合わせグラフの後、急落の図

    株で儲ける最も確実な方法とは?トンデモ結論と4つの理由これマジか?

  5. 価格差と現実の利益

    デイトレ手法検証|“ぶっこめる” 投資法1年の軌跡|薄利11連勝何これエモい

  6. 波間で溺れる人の図

    スイングトレード株手法|株ブログ1泊2日一か八か株式投資法のコツまとめ

  7. 株の予想と損益の皮算用!デイトレ反省スイング特化型へコワすぎやろ

  8. 11本目の足まで作成中のチャート

    デイトレーダー“ゼロ損切り”、新手法でストップ高利確、調子こき過ぎる

  9. 海で流れから離脱する方法

    株大損ブログ、デイトレ退場も忘れ更新!微益の反省なしトレーダー

  10. 枝分かれの数がフィボナッチ数列になっている例

    フィボナッチリトレースメントと黄金比で株取引のドヤ顔5つのヒント

  11. 分足チャートのどこで利幅を取るか

    株の暴落に耐えうる最低限の知識3選|迷える子羊の黄金の城はいずこ

  12. 11本目の足まで作成終了のチャート

    デイトレーダーとは|株を始める資金は?信用余力マイナス発生どうなる?

  13. 空中を逆さで泳ぐ人の図

    株を始めるなら必読|注意点とおすすめのやり方|失敗を糧にする方法

  14. 平面に閉じ込められた人間が考える立方体

    株の手法検証|3次元空間から脱出する方法|戻れなければ即アウト

  15. スイングトレードスクリーニング銘柄抽出法9選!短期売買絞り込み手法

健太郎 プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. 自動車依存度の棒グラフ【高い】

    株の買い方 パスする方法|私の2つの手数省略術|これで大損こきま…

  2. ローソク足(陽線)の始値・高値・安値・終値

    “夏北海道 冬沖縄生活” を実現する前に聞いてみたい5つの質問が切…

  3. 波間で溺れる人の図

    株のサイト|私が日常的に使っている6選|これだけでデイトレかよ!

  4. つなぎ合わせグラフの後、急落の図

    株で儲ける最も確実な方法とは?トンデモ結論と4つの理由これマジ…

  5. 湘南の混雑する地域

    関東の花火大会2019【時系列】一覧表で目的地3分決定!準備OK

  6. デイトレーダーが望む上下動を繰り返す値動き

    株の短期売買のコツ|値動きをめぐる5つの探求|私には無理でした

  7. ジリ上げ後に急落するチャート形状

    株の本おすすめ|デイトレ対策ポイント6選|千本ノックで倒れない法

  8. 停滞し動かないチャート形状

    デイトレのコツ私見最新版|今さら結論6選|これでお金が減りました

  9. 経験則をどう身に付けるか

    クレジットカード デビットカードどこが違う?3分理解23項目一覧表

  10. 株価の連続性を破壊する分足チャート

    後場のデイトレ銘柄を選別する方法5選|これで資産が吹っ飛びました

広告
広告