株おすすめの買い方?握力を鍛え押し目でイン|パンツを忘れた結果は

押し目で握力勝負して負けたトレード

握力の維持には限度があります。

無駄なインは極力避け、握力を支える気合いを維持したいところ。

そして押し目でのタイミング見極め。

その正確性が気合いの維持にも寄与します。

インする前から勝負は始まっています。

適当な売買で株式投資の精神力を削がないよう注意が必要です。



握力こそ株の必勝法?

下記、第一段階は、そもそもインするべきかどうかの可否判断。

次に第二段階として、インするタイミングの判断があります。

第一段階でインしないほうが良いと思ったら、何もしないままスルーする必要があります。

何かに釣られてインすると言うのが、経験上、一番“事故る” 可能性が高いです。

握力の第一段階

確かに握力がなければ勝てません。

しかし、買ってから上がる株を買えなければ、いくら握力を鍛えても意味がありません。

努力の方向性が間違えている訳です。

下がる株なら握力など使わないほうが助かります。

遭難して右往左往し消耗するくらいなら、じっとしていた方が良いです。

右往左往と消耗を天秤にかけて、どちらが助かる確率が高いか、判断できる必要があります。

経験が足りなくてわからない、あるいは何らかの能力不足で判断がつかないのであれば、やはり余計な行動はつつしまなければなりません。

何もしないほうがマシですから。

と言うより、株自体、やらなければ損することはあり得ません。

握力の第二段階

たとえインするべきだと判断できた場合でも、インのタイミングを間違えるとエライ目に合います。

焦っていたり何かに気を取られていると、インのタイミングが甘くなります。

もうちょっと時間を置いてからインすれば良いものを、ついつい早とちりしたり、あるいは遅すぎたり。

自動車で脇道から大通りに合流するタイミングに似ています。

左右を見て上手く流れに合わせる必要があります。

タイミングが早くても遅くてもダメ、しかもアクセルの踏み加減にも慣れが必要。

経験則と多少の運動神経ですかね。

ジャストのタイミング+スピードで入らないと危険。

タイミング・スピードを十分気をつけたつもりでも、急に猛スピードの車が出現した場合はアウトですし。

同じ失敗をつかむ間違えた握力

考えてみれば、デイトレードと言うのは、インした後に勝ち負けが確定します。

勝ち負けと言う二択の結果待ち。

その繰り返しの中でいかに利益を出し続けられるかです。

(同値降りは勝ちの範疇です。損していないのですから。)

そして、繰り返せば繰り返すほど、経験則で売買が上手になる筈ですが、実際は必ずしもそうなるとは限りません。

何度注意されても同じ失敗を繰り返すタイプの人っているじゃないですか。

パンツを忘れた少年

子供の頃、学校で教室の扉を閉めるルールがあったとして、何度注意されても閉め忘れる生徒。

あるいは、修学旅行で脱衣所に忘れ物をしないようにと何度も言われているのに、必ず忘れていく生徒。

たまにいます。

その昔、中学の修学旅行先で不思議に思ったものです。

「自分のパンツ忘れたら恥ずかしいだろう?何で忘れるんだ?」と。

教師が「これ忘れたヤツ誰だー?」とパンツを掲げて怒鳴っていたのを覚えています。

(言っておきますが、忘れたのは私ではありません。)

最近思うのですが、そういう忘れっぽい人は良く言えば「そそっかしい」、良く言えば忘れっぽい。

それで片付けられていました。

しかし、実はこれ、違うのではないかと。

つまり、そういうタイプの人は、気をつけていても何度でも同じような失敗をやらかします。

本人も周囲も自覚がないままに、何度も同じ状況に巻き込まれる訳です。

本人も周囲も、事が起きてから慌てる訳です。

それって、対策不足じゃないですか。

実は株のトレードも似ているかも知れません。

そうだとすると、ちょっと恐怖です。

同じ失敗で損するタイプの人は、いくらやってもそこから脱出できないかも知れませんので。

パンツを忘れたトレード

前回、薄利のドヤ顔

忍耐のデイトレ、ナンピンで勝つ

忍耐のデイトレ、ナンピンで勝つ

“パンツを忘れた”トレード

本日の握力で負けたトレード

本日の握力で負けたトレード

もういい加減、このパターンは繰り返したくありません。

今まで数千回は繰り返したような気がします。

本日は“第二段階” におけるミスでした。

脇道から大通りにインするタイミング、そこでトチって事故った印象。

実にお恥ずかしい。

押し目買いについては、以下の記事もご参照ください。
検索 押し目買いナンピン2倍買い増し!どつぼにはまるデイトレの日常茶飯事とは

デイトレ押し目買いで相場の女神へ忖度!微益をもぎ取り月次プラスへ

ナンピンの理由|結論先延ばしとトレード|最後尾マラソンランナーの焦り

その「パンツを忘れた少年」の後日談ですが、今では立派なおじさんになっているそうです。

それを風の便りに聞いて、修学旅行でパンツを忘れて恥をかいてもいいから、株のほうで同じ失敗を繰り返さない人間になりたかったと思いました。

そのほうが“儲け力” があります。

大事なのは“儲け力”ですから。

明日以降、これ以上くだらない損のない、恥のない人生を目指したい、そう思いました。


広告

本日のトレード結果

【デイ新規建代金合計】(買建)概算460万円
(売建)なし
【デイ売買銘柄】(買建)3956国際チャート、8750第一生命、9399ビート、9519レノバ
(売建)なし
【デイ損益合計】-1.6万円
【持越決済】-0.2万円
【本日のトータル結果】-1.8万円
【今月の損益】+8.0万円
【持越ポジション】なし
【含み益】なし
【225オプション】ポジションなし


広告

勝てない仕組みと理由を研究

  1. 忍耐のデイトレ、ナンピンで勝つ

    ナンピン計算 押し目買い|2倍買い増しのトンデモ恐怖がわいらを襲う

  2. テンキーの文字配列

    システム障害対策|株式投資のコスパを考えた苦渋の選択がエモ過ぎる

  3. 逝って来いで下げにお付き合い

    株価予想“行って来い”ブログ!利益を伸ばす株のやり方は握力忍耐売買

  4. ローソク足(陽線)の始値・高値・安値・終値

    ローソク足の見方|初心者が思わずハマる3つのリスク|直感ヤバ過ぎ

  5. 値動きが激しい株について行った結果!図解!私のイン・アウトのポイント

  6. 20ヘクタールの広さ

    株をスイングで持ち越すブログ|読めなければ手が出せない3つの理由

  7. 3本の陽線上昇のチャート

    ヤフーリアルタイムの株価に一喜一憂した元リーマンのなれの果てが凄い

  8. 日経平均月足チャート30年分

    株暴落!大損失敗明日は我が身|相場の本質は何が何だかわからない件

  9. 3本の陽線上昇のチャート

    デイトレードはイナゴスキャルピング!王宮の芝に飛び立ったらエライことに

  10. 急騰後急落する1分足チャートの拡大イメージ図

    システム障害で株が売れない!とんでもない恐怖の儀式がこわすぎる!

  11. 11本目の足まで作成終了のチャート

    スイングトレード手法は鉄の握力?S高狙いの安値売り!損切り狼狽売り

  12. ナンピンの意味|結論先延ばしと株式投資|最後尾マラソンランナーの焦り

  13. 行って来いを日に3度耐える日々

    株初心者におすすめしない投資法|日に3度”行って来い”のトレードとは

  14. 含み損がつらい!耐えるコツは“行って来い”デイトレード複合ポジション?

  15. 価格上昇の不確実性

    株暴落時の買い方【要注意】握力で耐える恐怖と迷いのリスクコントロール

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年8月第4週|日々のトレード結果|ブランク明けビビり売買発動

  2. グラウンドストローカーがコートカバーをする範囲

    全米オープンテニス 2019 錦織圭 大坂なおみ【ハイライト動画】

  3. 1分足チャートの出来高が薄いパターン

    2019年8月第2週~第3週|日々のトレード結果|損切り2発KO

  4. 分足チャートのどこで利幅を取るか

    2019年8月第1週|日々のトレード結果|つれない相場の女神に頼みたい

  5. 値がそれほど詰まっていない板状況

    株の出来高の見方に注意し大損をのがれた結果 2019年7月月間損益

  6. 難しい上昇トレンドのチャート形状

    2019年7月第5週|日々のトレード結果|夏枯れ相場に様子見益なし?

  7. 同心円を追加した図

    2019年7月第4週|日々のトレード結果|参院選後に相場は動くか?

  8. 価格上昇の不確実性

    2019年7月第3週|日々のトレード結果|日常茶飯事誤発注で血の気引く

  9. グラウンドストローカーがコートカバーをする範囲

    東京の公営ジム139選|一覧表で3分決定 格安トレーニングスポット

  10. デイトレーダーが望む上下動を繰り返す値動き

    2019年7月第2週|日々のトレード結果|有限利確と無限損切りの戦い

広告
広告