投資失敗の包含関係|3つのトレードコントロールで勝ちまくる方法論

この記事は約4分で読めます。

投資におけるトレードコントロール問題をまとめました。

大損と損切りの包含関係は普段あまり意識しないことです。

人間は機械のように冷徹に行動することはできません。

徐々に感情に流される売買をしがちです。

それが失敗に結びつきます。

相場を切り抜ける方法論はどこにあるのでしょうか。

スポンサーリンク

投資失敗の包含関係|トレードコントロールの論理

損切りと大損の包含関係
勝つためには、上図で言うと少なくともマークの包含関係に持ち込む必要があります。

×マークがもっとも陥りがちなパターンであり、私自身が長年、不本意ながら実践してきました。

大損と損切りが分離している包含関係

図中、上部の包含関係ですと、大損と損切りが明確に分離しています。

この場合は、大損の頻度をゼロに近づけることが目標になります。

損切りの中に大損が含まれる包含関係

図中、左下の包含関係ですと、大損した場合のトレードは全て損切りしたつもりで決済したことになります。

損切りのつもりなのに、大損。

これはトレードが下手な場合の典型的症状であり、もっともありがちなパターンです。

大損の中に損切りが含まれる包含関係

図中、右下の包含関係です。

損切りしたつもりのトレードが全て大損。

「全て」ですから、着実に退場する運命です。

大損と損切りを不一致にするトレードの重要性

大損と損切りを不一致にするためには、全ての損切りにおいて同値降りするか、あるいは微損で済ます必要があります。

これがトレードで生き残る1つの道です。

資金をどんどんふやせる人は、自然とこのやり方を取っています。

逆に言うと、トレードで上手くいかない大半の人は、図中の下2つの状態になっています。

ただし、そのような株のトレード・コントロールとは無縁にもかかわらず、大きく儲けている人も存在します。

以下に述べるケースなどがその一例です。

リーマンショックの時に株を仕込み長期投資に持ち込んだ人

結局のところ、2008年の株価の底でガッチリ買い持ちして放置。

ただそれだけで、相場は大勝利です。

冒頭のトレード・コントロール問題などは度外視できます。

リーマンショックの時、あるいはその直後には、異様にボラティリティが上がりました。

下がった時に限って、株を買ったまま我慢をすることが難しい、そんな激しい相場でした。

あれから10年。

チャンスに長期投資の体制に持ち込むことが出来なければ、短期投資にいそしむしかありません。

トレード・コントロールの包含関係に頭を悩ませ続けることになります。

スポンサーリンク

当面は資金30万円のスキャルピング?

中長期の相場勘がないなら、やはり短期売買をするしかないです。

日経平均株価が27年来の新高値をつけた2018年10月。

インする銘柄を絞る

最近、気をつけているのは、インする銘柄を絞ることです。

後場に入ってからは少しでも出来高の少ない株はパス。

フィルターを厳しくし、手数を減らしました。

前場で儲けていながら、後場の損切りで全て不意にした経験、数知れず。

誰かの買い、それがデイトレーダーの救い

やはりデイトレードは、他の人の買いが入らなければ難しいです。

板状況を見て、ポンポン買いが入って来ないと苦しいばかり。

いくらトレードが上手くても、他の人の買いが入らなければ上で売れません。

買った途端に板状況が一切微動だにしなくなり、全く買いが入らなくなる銘柄があります。

そうなったらすぐ降りるべきだし、そもそも最初からそういう銘柄でデイトレードするべきではありません。

インする時点から負け戦。

これは避けなければなりません。

本日の相場雑感

本日の後場は日経平均が弱含み、新興株は相変わらず冴えない雰囲気。

新興株のうち売買代金10億円以上の銘柄も、本日は頭打ち感が出ていました。

これがどんどん、有無を言わさず増えていくようになってくれないと、活況相場とは言えません。

最近は仮想通貨やFX、その他のデリバティブ、米国株と個人が手掛ける投資先も多様化。

資金が分散してしまい、売買代金がどんどん集まると言う訳にはいかないのかも知れません。

何らかの燃料が投下され、活況となる相場を期待したいところです。

【デイ新規建売買代金合計】(買建)概算280万円
(売建)なし
【デイ売買銘柄】(買建)1447ITbookホールディングス、2162nmsホールディングス、2321ソフトフロントホールディングス、3854アイル、4399くふうカンパニー、4667アイサンテクノロジー、6624田淵電機、6629テクノホライゾン・ホールディングス、7771日本精密、8358スルガ銀行
(売建)なし
【デイトレード損益】+1.0万円
【スイングトレード損益】なし
【本日のトータル結果】+1.0万円
【今月の損益】-0.8万円
【持越ポジション】新規買建なし
新規売建なし
【含み益】なし
【225オプション】ポジションなし