日経平均、ダウ平均、半導体指数日足の株価の森で遭難寸前何コレこわい

NYダウ、半導体指数、日経平均を見て相場の森を闇雲に歩きまわる

経済新聞を読んで相場の森を歩き回ったかのような勘違いをしていた時期がありました。

今では、日経平均の日足や各国の指数を注視し、“相場のことは相場に聞く” と言う態度を大切にするようにしていますが、やはり油断は禁物。

本日も一瞬の隙に機会損失が発生しました。



NYダウ、半導体指数、日経平均の日足で“相場の森”を判断

NYダウ、S&P500、半導体指数、日経平均の日足を見て機械的に判断する、それによれば相場はそこそこ強いです。

細かい分析なんてあてにはしません。

それでリーマンショックを予測できた人はいませんでした。

正確に言うと、予測できる人がいたとしても、大多数の意見にかき消されてしまいます。

新聞冒頭の特集記事で一斉にたくさんの専門家(?)が全体相場の上げ予想。

2008年の新年、私は丹念に某経済新聞の解説を読んでいました。

もちろん、それで相場を当てようとか、何かを得ようと言うのではなくて、面白いから読んでいただけです。

株をやっていたら、経済新聞が面白くて仕方なくなります。

これはほめられたことではなく、逆に危険なことです。

自分が有益な知識を得たと勘違いする場合があるからです。

実態は、競馬好きな人が競馬新聞を読んでいるのとさほど大差はありません。

そして、その興味本位で読んでいただけの経済新聞ですが、相場の下げにつながる何かをそこに見出すことはできませんでした。

当人の能力に原因があるとは思いますが…。

相場と言う名の森を闇雲に歩く

自分の能力の限界。

ただ盲目的に新聞記事を読んでいるだけ。

以前に比べると新聞よりもネット情報のウェイトが高まったことが10年前との違い。

原則的には結局、五里霧中。

ただ相場と言う森の中を、太陽の位置、方位磁石を当てにして闇雲に歩き回っているだけです。

本日はそのような状況のもと、主力株に買いが入っているのを横目に9424日本通信の分足をずっと見ていました。

結局、見ているばかりで、ほとんど手が出ませんでしたが。

柱となる銘柄?目を離した隙に…

11時過ぎに日本通信の値動きが少なくなってから以降、多少の膠着感があり、もうデイでインすることもないなと思ってからは、気づいたらウトウトしていました。

柱となる売買代金が強力に上がる銘柄は、必ずしも毎日存在する訳ではありません。

ですから、このような銘柄のチャンスを逃すと言うことは、痛い機会損失となります。

地合いの中の核となる銘柄に注力すると言う態度は、機械損失を防ぐ大切な方法です。

関連記事:
デイトレの損しない地合いの見方は?決算データから確率計算する?

案の定、日本通信はちょっと目を離したすきにストップ高に張付いています。

わかっているなら買っておけよ、と。

本当にこういうのが多い。

結局、握力もなければ相場を見通す神通力もない。

目を離した隙に勝利の女神にも逃げられてしまいます。

相場と言う名の森で生き残る方法

昨日からの持越株2銘柄はいずれも微妙に下で寄り付いて、すぐ切りましたが、本日も仕方なく同じような銘柄を2銘柄持越しました。

ノーポジで置いて行かれるのが困ると言う、実に消極的なポジションです。

デイトレに手を出すことは、今日もかなり控えました。

さすがの私も、確率の低い自分の行動パターンに気づいたのか…。

今はただ、明日以降、全体相場がアクティブに動いてくれることを祈るしかありません。


広告

本日のトレード結果

【デイ新規建代金合計】買建40万円(概算)
【デイ売買銘柄】(買建):9424日本通信(売建):なし
【デイ損益合計】+0.2万円
【持越決済】-0.2万円
【本日のトータル結果】0万円
【今月の損益】+0.8万円
【持越ポジション】買建2銘柄(東証1部×2)
【含み益】0万円
【225オプション】ポジションなし


広告

勝てない仕組みと理由を研究

  1. 米国株チャートを見上げデイトレード停止!持越株薄利で堅調相場に涙目

  2. 相場の森と言う名の生態系

    株初心者の基礎|3分でマスター心構え5選|相場の森がヤバすぎる

  3. 膠着ベア相場の意味とは?ゴルディロックス3匹の熊と目が合うまでのお伽噺

  4. 4本目の足が下落しているチャート

    仮想通貨2000兆円?耳を疑った“兆る男”の0円買い?夢の売買の行方

  5. 8月上旬~中旬のトヨタ株のイメージ図

    地合いとは?チャートで判断する?私の全体相場判定法と空売りのやり方

  6. 11本目の足まで作成終了のチャート

    株初心者におすすめできないデイトレ銘柄の買い方|ストレス卵めし手法

  7. 2本の陽線上昇のチャート

    デイトレーダー株誤発注で飲まず食わずの来月が近づきとんでもない目に

  8. 2本の陽線上昇のチャート

    株で大損しない全体相場“地合い”の見方|決算データから確率計算?

  9. 3本の陽線上昇のチャート

    株式相場見通しは“閑散に買いなし”|出来高なしのノーポジ投資法!

  10. 6本の足の作成が完了したチャート

    日経平均チャート|トレンドの読み方|リアルタイム主力大型トリオ株

  11. 日経平均月足チャート30年分

    令和のReiwa簡単計算法と元号・西暦変換300年早見表|これ新時代の常識

  12. スケボーのトラックとベアリング、ウィール

    消費増税延期の可否は?相場の方向性どうなる?2019年前半の大問題

  13. ローソク足(陽線)の始値・高値・安値・終値

    ツイッターメッセージに地合い悪化|両建てポジで澄まし顔が変すぎる

  14. 4本目の足が下落しているチャート

    日経平均チャート10年|長期の記憶をさかのぼり傍観?スイング持越なし

  15. 急騰する1分足チャートの拡大イメージ図

    株の仕組みと日経平均の見方|20年たったら儲かる?10代なら楽勝かよ?

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. 価格上昇の不確実性

    2019年7月第3週|日々のトレード結果|日常茶飯事誤発注で血の気引く

  2. グラウンドストローカーがコートカバーをする範囲

    東京の公営ジム139選|一覧表で3分決定 格安トレーニングスポット

  3. デイトレーダーが望む上下動を繰り返す値動き

    2019年7月第2週|日々のトレード結果|有限利確と無限損切りの戦い

  4. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年7月第1週|日々のトレード結果|ワンショット増量にかける男

  5. 某新興株の3営業日連続ストップ安の日足チャート

    ストップ安 致命傷さける為の2つの方法|2019年6月月間損益結果

  6. テンキーの文字配列

    2019年6月第5週|日々のトレード結果|月末ふっ飛ばしたら退場マジ?

  7. 前日のローソク足とピボット値

    株の値動きを分析する方法|私の3つの考え方|これで丸裸になりま…

  8. 値動きがないまま下げる値動き

    デイトレしやすい分足の研究|私の超短期売買|これで文無しになり…

  9. 2019年6月第4週|日々のトレード結果|スタートからドボンする男

  10. 孤独に傘をさす男のシルエット画像

    2019年6月第3週|日々のトレード結果|雨の中相場の幸運を待つ男

広告
広告