ギャップダウン飯マズの損失に慣れ静かなお地蔵さん生活に耐える日々

この記事は約3分で読めます。

株と言うゲームでこんな週末。

株は土日はなしですから、こんな灰色の休日は、株をやっていたら度々あることです。

持ち越し株は損切り、デイでも損切り、合わせて思い切り大損と言う、私には良くある静かな週末となりました。

お地蔵さんのように無言で過ごしたいと思います。

スポンサーリンク

損切りブン投げは場慣れのプロ級

「やってもうた」と言いながら、久しく「やってまい」続けているこの株人生。

本日も例に漏れず。

まず最初に、厚く持越した銘柄がギャップダウン。

下げ率的にはよくある程度の下げなのですが、ポジションがいつもより厚めで致命傷。

寄り付き直後に損切りは当然と言えば当然。

さすが、損慣れしている私。

そんな“慣れ”、嫌なのですが…。

とは言え、いきなり10%以上やられるとかではなくて、むしろこのくらいの損で良かったと一安心…。

(安心する場面ではないのですが…。)

手出し無用のデイにまたもや思わず

デイでも、概ねいつもと変わらない薄利程度で降りることができました。

しかし、2440ぐるなびが異様に下げているのを見つけて逆張りで厚めにイン、これがまずかった。

分足を見ると、ほとんど真っ平に見えますが、平に見えるだけでじわじわながら結構下げています。

結局、耐えて耐えて損切り。

ヘタクソ逆張りの典型例です。

やはり厚めに入ったのが間違いです。

ナンピンした挙句、損切り遅れました。

スポンサーリンク

月次損益マイナスに転じ飯マズ

本日の利益を全て飛ばすだけなく、今月マイ転。

今月・来月、飲まず食わず確定となりました。

ぐるなびを後場に見事、底でカットしてから、ショックで食欲もなく、トレードも打ち切りました。

猛烈にまずい。

もはや悠長なことは言っていられない状況です。

その後もAppBankは急落するし、新興株、小型株は結構雰囲気が悪い。

主力株、それも値がさ系のほうに資金が移ってしまったのでしょうか。

東証1部などの小型株で上昇している銘柄も高値で寄り付いて、そのまま動かずに高原状チャートのものが多くて、デイトレはやりにくい印象。

上手な人はどの銘柄でトレードしているのでしょうか。

微益に甘んじてこそ相場で生き残れるのか

その後しぶとく、ぐるなびにインして買いで取ろうとしてみましたが、ほとんど無理。

300円取って撤退。

なんで損切りで何万円もやられて、取り返すのがこの額なんでしょうか。

完全あきらめムードの中、何もすることがなくなりました。

6245ヒラノテクシードが急騰したのをやっと探し微益。

ぐるなびの逆張りさえやらなければ、デイのほうはショボい利益が残ったのに。

たぶん1万円弱くらいは…。

スポンサーリンク

静かな生活お地蔵さん

何かの小説か歌かで、スティル・ライフと言うのがありましたが、まさにそれです。

静かに株で損する生活。

いいところなしで、5月に入ってからはデイでやられまくっています。

4月から試している方法はそこそこ利益が出ているのですが、他に余計な手を出して大きくやられています。

次週以降は手出しを厳しく限定するのが課題。

灰色としか言えない週末がやってきました。

飲まず食わずで一体どうしたら良いでしょうか。

皆さんはこんなこと、ないですよね…。

私のような人間も世の中にはいるのだから余裕です。

週末、私は地蔵のように無言で静かな生活を送ろうと思います。

良い週末をお送りください。