サラリーマンが株を始める前に頭に入れておくべき事|長期投資の本質

この記事は約4分で読めます。

誰しもスタート時点では似たようなもの。

ところが行き着く先は究極の2択。

未来は誰にもわかりません。

株式投資の罠と遠くにかすむ夢の場所。

相場の恐さを頭に入れ、株の罠にはまらないやり方を実践したいところ。

サラリーマンが株を始める際の注意点をまとめました。

スポンサーリンク

長期投資の本質

誰しも株の入り口で悩むことは同じ。

「長期投資で含み損になったら嫌だ。」

それで、デイトレードや短期のスイングトレードに心がひかれることになります。

多くの人の出発点です。

そして、それが間違いの元になることも少なくありません。

長期投資とは、時間の長さを味方につける方法で、本来10年、20年、30年、あるいはそれ以上。

それだけの期間を経て、初めて効果を発するやり方。

含み損になって当たり前の方法です。

短期投資の罠

かくしてこの私も会社員でありながら、株の短期トレードにハマった者の1人です。

最初は調子が良かったです。

一日で会社の給料の何倍も儲けたこともありました。

しかし、良いことは長くは続きません。

静かにリーマンショックと言うとんでもない下げ、とんでもない値動きの日々が待っていました。

その想像を絶する異常な相場は、短期トレードの成功も中長期投資の夢も踏みつぶすに十分なパワーでした。

超長期投資の魅力

出来るだけ分散した上での超長期投資。

デイトレードと対極にあるやり方。

投資対象の分散、ポートフォリオの分散だけでなく、インするタイミングも分散し、数年以上に渡って仕込んで行きます。

株を始める時期も重要。

それこそリーマンショックのような爆下げの時。

そこで投資を始めることができればラッキーです。

結局、デイトレードをマスターするのには時間がかかる場合が多いです。

超長期投資で長い期間を経て株を仕込んでも同じ。

スポンサーリンク

短期投資のやり方はどうする?

各種テクニカル指標の意味、使い方を実際の相場の中で覚える必要があります。

もちろんテクニカル指標を使わない方法もあります。

いずれにせよ、自分のやり方を確立しなければなりません。

例えば、フィボナッチ・リトレースメントを使うのであれば、なぜその指標が役に立ち、どのような局面で使えば上手く行くのか…。

フィボナッチ数列やその周辺知識も、ざっと頭に入れておく必要があるかも知れません。

その上で、実際の相場で経験を積み、体感して初めてトレードが上手くいくようになります。

ノイズトレーダーの追い求めるオアシスとは?

時間軸が短くなればなるほど、値動きの細部に渡って相場を追いかけることになります。

なぜなら、細かく値動きを取れば取るほど、効率良く値幅を稼げるからです。

どうでもよい騒音。

微細なノイズまでも拾い上げ、利益として積み上げて行こうとする態度。

それはこの世で最も効率が良く合理的な方法であるとともに、砂漠の中でオアシスを求める行為にも似ています。

あなたが追いかけている先にあるオアシス。

疲労困憊(ひろうこんぱい)でたどり着いた夢の場所。

その場所が、実は蜃気楼(しんきろう)に過ぎなかった、そんなことになったら…。

まずは頭に入れておくべきものがあります。

それは、最も合理的なトレードの影にあるリスクです。

スポンサーリンク

3月26日のトレード結果

本日は昨日の失敗トレードを受け、完全様子見ノートレード。

“見てるだけトレード” をやっていたら、チャンスは4回。

皮算用をすれば、いつも通りの利益程度は出ていました。

しかし、もしそれ以上の回数、無理矢理にインしていたら…。

思い切り大きく損切りせざるを得ない、爆損トレードが待っていました。

やはり、儲けたいからと言って勇み足をしてはダメです。

しゃかりき厳禁。

着実に儲けられそうなタイミングだけ確実に取っていく、それしか方法はないのでしょう。

【デイトレード売買銘柄】
(買建)なし
(売建)なし

デイトレード新規建売買代金(買建)なし
デイトレード新規建売買代金(売建)なし
デイトレード損益なし
スイングトレード損益+0.5万円
本日のトータル結果+0.5万円
今月の損益-2.4万円
持越ポジション(新規買建)1銘柄(新興株)
持越ポジション(新規売建)なし
含み益-0.3万円
225オプションなし