誘われ損習慣が板についてしまう事の危険性|株取引の勝てない仕組み

この記事は約3分で読めます。

資生堂の空売りで全勝。

“勝てない勝負はしない” がデイトレ常勝の掟ですが、本日はそれ以外では良いところなし。

勝てない仕組みに見事にはまりつつあります。

日経平均の動向とデイトレで勝てるかどうかは、あまり関係ありません。

こういう時こそ“休むも相場”なのかも…。

スポンサーリンク

上手く行ったのは資生堂の空売りのみ

あかん、全く勝てない。

急に勝てなくなりました。

(急じゃなくて元からか…。)

寄り付き直後、いろいろインしてみたものの、勝率が悪い。

ここのところずっと良くありません。

損切り連発でほとんどあきらめムードになった10時前から、資生堂を空売りしてみたものの、むしろやられなかったほうが不思議。

だいたいこんなチャート空売りするか?と後で思ったんですが、とりあえず資生堂だけ全勝。

運がいいだけ。

意味なしのビビり売り、利益2000円。

出来高急増で動意づいた場合には、医薬品株や今回の資生堂のように小売の大型のような“ディフェンシブ系” の銘柄でスキャルピングが出来る場合があります。

瞬時に数ティック価格帯が動くようになるからです。

しかし、急に思いがけない方向に大きく動く場合もありますので、リスクがない訳ではけっしてありません。

株の勝てない仕組み:ついつい手が出る

その後も監視している銘柄はほとんど膠着状態。

しっかり損させられた後に、やることがなくなる。

上手くできてますね、相場は。

後場、さらにデイで取り返そうとして損の上塗りをしました。

何もしないと言うことができません。

先月、デイで調子が良くなったのは偶然なのか…。

デイは4営業日連続負け。

やっている意味がありません。

浅く広く負け越してしまって、これってデイのやり方自体にやはり問題があるのか。

週明けで寝ぼけているせいなのか不明。

(おそらく両方か…。)

スポンサーリンク

損益マイナスの鎖にがんじがらめ

今月の損益がマイナスに転じ、どうやっても脱出できない状態に陥りました。

まずい、まず過ぎる。

一体どうやって状況を打開すれば良いのでしょうか。

当面、悩ましい状況に閉じ込められそうです。

日経平均がじわじわ上がってきて、何で損をしているのかと。

(違う、日経平均に関係なくいつもそうか…。)

もうデイは自信がなくなったので、持越株で勝負するしかないと、いろいろ銘柄を探しましたが良さそうなのがありません。

仕方ないので、資生堂株を空売ることにしました。

主力の大型だと股裂きリスクを忘れる素人心理

業績が良いのは元々なので、ちょっとくらい良くても関係ないはずだろ、と。

ものすごい勝手なド素人判断ですけど。

全然自信がないので、ついでに適当に新興株を分散して買い持ちしました。

トータルでは買いと売りが半々のポジ。

股裂き食らったら、今月マイナス損益からの脱出が不可能になりそうです。

まあだいたいこう言うポジションの場合には、たいして儲かりません。

儲かった試しがありませんから。

ですから、トントンで降りられたら御の字です。

スポンサーリンク

目標は現状維持、月次損益プラス

もう多くは望みません。

現状を維持しながら、時折儲かればそれでいいのですが…。

現状維持すらできない。

株、難し過ぎます。

それでも株をやめられない。

これってまずい状況です。

とにかく、月次損益プラス。

これが目標と言うしょーもない展開にまたまた突入。

明日以降、何とか回復できることを切に願います。