スキャでいくらやっても勝てない理由

この記事は約4分で読めます。

いやーまいったまいった。

なぜ参ったか。

以下にしたためます。

スキャでぱやぱや。

スポンサーリンク

時間は味方につかない

将来にもし値が戻るとしても持ち続けない。

すぐカットして次の銘柄に行く。

これが超短期売買。

当然ながら時間を味方につけることはできません。

時間ではなく、回数を味方につけるトレードです。

時間的な効率を上げるために、コスパを上げるために、手早く降りるのがスキャルピング。

時間をかけてじっと持っていたら、スキャじゃありませんので。

値動きが大きいところに入る

値動きがない銘柄で利益を出そうとするほど効率の悪いことはありません。

じーっと値が上がるのを待ってなきゃいけないじゃないですか。

延々モニターとにらめっこするのは超短期売買とは言い難い。

どちらかと言うとスイングトレードと言うか、むしろそのニラメッコのつら構え、完全に長期投資です。

もっとも本当の長期投資の人は普段、モニターなど見ていませんが。

結局、超短期売買では値動きが大きそうな銘柄にインすることになります。

値動きが大きければ大きいほど、時間的コスパに優れるわけです。

そしてこの手法、致命的な欠点があります。

儲かる時は簡単に儲かるけど、損する時も簡単に損できる。

これがスキャであり、なぜだか損のほうが大きくなってしまう傾向があります。

想定通りに利確・損切りができない

誰だって利を伸ばして損を小さくしたい。

しかし、世の中そんなに甘くありません。

それが簡単にできるなら、誰でもお金持ちになれます。

スキャルパーなのに目標株価まで上がるのをジーッと待っているなんてこと、あるでしょうか。

それ、スキャじゃありません。

上がったらすぐ売るのがスキャルパーです。

従って、必然的に利が狭くなってしまいます。

利を狭くした時点で、トータルでは損が大きくなっています。

いつもちょっとずつ利幅が狭くなっているので、相対的に損失幅が広がっている勘定になるのです。

スキャの時点で、利幅と損失幅の比率において、相対的・自動的に損切り幅が増えます。

誤発注

短時間で矢継ぎ早に発注や損切りをしていく必要がありますので、誤発注は起こりやすくなります。

チャンスは平均的に分散し、広がりを持って存在しているのではなく、どこかに偏在して固まって落ちていることが多いのです。

そうでなかったら、ビルゲイツみたいな突出したお金持ちの人が出て来るわけもありません。

チャンスの近くにいて、そのことに早く気づいて、しかもそれをつかみ取ることができた人が上手く行きます。

それはトレードも同じです。

ですから、慌ててインし、慌てて利益確定する傾向が高くなります。

するとどうでしょう、誤発注が起こるというわけです。

ワンショット金額が揃わない

トレードにおいてワンショットの金額を揃えるためには、値がさ株と低位株で発注株数が全然違ってくることになります。

10,000円の株価の銘柄の最小単位は100株で、ワンショット100万円になります。

100円の株価の場合は100株で1万円。

ワンショット100万円と1万円では利益も損切り額も桁違いになります。

ですから、低位株の株数を増やしてワンショットを100万円に揃える。

そんなデイトレーダーは多いでしょう。

1回当たりの発注金額をある程度揃えないと、少額トレードの意味がなくなってしまいます。

このため、小額でスキャるためには低位専門のトレードをする必要があるかも知れません。

しかし、値動きの良い、売買高の集まっている銘柄は値がさ株であることのほうが多いです。

低位株専門も悪くはないかもしれませんが、一年中チャンスを探す身からすると、チャンスに目をつぶる機会が増えてしまいます。

結局のところ値がさ株にも手を出すデイトレーダーがほとんどでしょう。

IPO株も多くは値がさ株ですし。

そうなるとどうしてもワンショット金額が揃わない結果となり、ワンショット金額が大きい時に損をすると、取り返すのが大変になります。

また、値がさ株はナンピンしにくいと言うのもあります。

超短期売買ではナンピン買いはせず、カットするべきと言うセオリーがあります。

しかし、現実的には上で買って下で買い、少し戻ったところで逃げることもよくあります。

値がさ株でナンピンして底抜けたらおしまい。

いやあ、本日はいろいろな方面で値がさ株でやられてしまいました。

上で書いたこと、全部やってしまった感じ。

オワタ!!