損切りを同値降りで済ませる私のやり方|超能力投資法に勝機はあるか

この記事は約4分で読めます。

誰しも損切りはしたくない。

カットするなら同値降り。

これデイトレーダーの合言葉。

しかし現実はそれほど甘くない。

気づいたら含み損が膨らんでいます。

どうしたら上手く同値降りできるのでしょうか?

私は常々それを模索しています。

気づいたことをまとめました。

スポンサーリンク

同値で降りるとはどうやるのか

私の場合、同値で降りると言っても、うまく行けば良いほうです。

反対売買の指値を出し、じっと約定するのを待つだけ。

そもそも同値で降りようと思う時点で、利益確定できない水準にある訳です。

含み損で頭を抱えているイメージ。

適切な銘柄に適切なタイミングでインしていれば、「これ、あかん!」と思ってから後でも助かることが多いです。

この1カ月はそのやり方で同値降りしています。

明確な急落に巻き込まれたら…

「これは本当にあかんヤツ!」と言う、厳しい急落に巻き込まれたら、早目に観念するしかありません。

経験上、耐えて助かったことはあまりありません。

こんな感じの分足チャートです。

急騰後急落する1分足チャートの拡大イメージ図

一般的によく言われていることでもありますが、なかなか素直に損切りすることができません。

少しでもこのような急落を食らわないように、インのタイミングを気をつけつつ、食らったら即刻あきらめると言う感じ。

これが得意な人はあまりいないと思います。

「オレ、損切り得意なんだ、まかせて!」と言う人。

「逆境が好きだから、逆境まかせて!」と言う人がいたら、それは特異体質としか思えません。

逆境が好き、苦痛が好き、それは普通はあり得ないことです。

スポンサーリンク

スキャへの集中力と念力

銘柄選びだけしっかりやれば、念力投資法のスキャルピングでいける気がしてきました。

気のせい…?

念力投資法とは

インしてからひたすら上がるように念じると言う、お祈り的投資法の一種。

一歩間違えると、株ノイローゼ。

本日も低位株の同値降りを駆使しつつ、1ティックずつ利幅を取るトレード。

前場までは良かったのですが、途中から売買代金を集めていた某銘柄が急落し、出来高もヘタリ気味になってしまいました。

ちょっと残念、低位株。

急落に巻き込まれなかっただけでもOKか…。

図のa、b、c、d のところで上手く利幅が取れました。

分足チャートのどこで利幅を取るか

昔から同じようなトレードはしていましたが、板情報を凝視し、“念を入れる” 点が最近の新手法。

超能力投資法。
12月5日のトレード結果

大型薬品株でスキャ

ディフェンシブセクターの雄、武田薬品にも試しにスキャでインしてみました。

超大型株で板読みスキャルピングは、ほとんどしたことがありません。

動かない薬品株でも、今回の武田は意味不明の出来高が入って来ていたのでイケるのではないかと…。

異様な食い上がりと言うのでしょうか。

こういう大型の銘柄は空売りの玉もたくさん入っていますから、それの買戻しなのか、はたまた誰かの買い…?

それはわかりませんが、とにかく上がっていく時に板読み的にインしたら利益が出ました。

天井のところで数回イン。

スポンサーリンク

感覚的なものなので…

板読みと言っても、私の場合、論理的なものではありません。

だいたいの感じでイン。

小学生が横断歩道の白いところだけ、踏んで渡る時のステップ的な。

「この白いところだけを踏んで行けば、今日、良いことがあるぞ!」と、子供の頃、やっていたのを思い出しました。

足元ばかり見ていたら、危険なのに…。

AIアルゴに勝てる?

今日の武田は、狭い値幅(4000円台の10円~15円くらい)の間をかなり勢いよく動き回ります。

アルゴなのかどうか、わかりませんが…。

実は億トレーダーのおじさんが必死にマウスを握りしめているのかも知りません。

今回は車にひかれることもなく、無事に横断歩道を脱出できました。

以前、こういう超大型の銘柄で、寄りで爆下げしたところで、買い・空売りメチャクチャにインしてのスキャ、何度かやったことがあります。

板読みとかではなくて、瞬間移動する値動きを見て、つられてやっていただけでしたが…。

たいてい、途中でいきなり大きく動いて負け。

それに懲りてやらないようにしていましたが…。

スポンサーリンク

12月5日のトレード結果

大型株でのスキャができるようになると、強いです。

ある程度勝算があるなら、ロットを上げる余地ができます。

信用全力二階建てスキャ。

デイトレード、うまくなったかと思いきや。

振り返ると今日もトータル損益が…。

引け後の一言。

「なんやねん!」

【デイトレード新規建売買代金合計】
(買建)概算370万円
(売建)なし
【デイトレード売買銘柄】
(買建)4502武田薬品工業、4576デ・ウエスタン・セラピテクス研究所、6736サン電子、7859アルメディオ
(売建)なし
【デイトレード損益】+1.2万円
【スイングトレード損益】-1.6万円
【本日のトータル結果】-0.3万円
【今月の損益】+0.1万円
【持越ポジション】新規買建1銘柄(新興株)
新規売建なし
【含み益】なし
【225オプション】ポジションなし