チャートパターンは頼れるか

この記事は約4分で読めます。

チャートパターンは頼れるか?

頼るのは難しい、そう答えざるを得ません。

もしパターンに頼るとするならば、それはある意味、綱渡りを意味するのであります。

綱渡りに信頼性が持てるか、と問われれば、それは本人の能力と運に依存する、となります。

しかし、能力があっても、運が悪ければ、綱から落ちてしまうのです。

すなわち、パターンを覚えれば全てが解決するほど、相場は簡単ではありません。

そして、信頼できるチャートパターンがあるとすれば、それはどんなものか?

当方の思いは以下のようなものであります。

スポンサーリンク

チャートパターンの特性

チャートパターンには特性があります。

避けることができない、必須の特性。

それは、狙う箇所が限定されている、と言うことです。

例えば、以下のチャートパターンにおいて、買いで狙う箇所は一点であります。

相場の底で入りたい。

少なくとも、上図の黒丸になるべく近い位置で入る必要があるのであります。

すなわち、インで狙う箇所は限定されており、その近傍から離れれば離れるほどに不利になります。

負けのパターン

まず第一に、限定ポイントで的確にインすることができるか。

そして、下図の位置で買いで入ったとして、それが本当に相場の底なのか、否か。

実際には、その答えは、相場の神にしかわかりません。

第二に、そのチャートパターンは盤石なのか、と言う問題。

たしかに、いったん思惑通りに買いでインすることができ、直後は想定通りのパターンに収まった。

にも関わらず、次の瞬間、突如としてチャートが崩れることもあります。

想定を裏切って下げたら、どうなるの?と。

はっきり言いましょう。

そんなもの、負けに決まっているじゃないですか。

チャートパターンの前提

チャートパターンで勝つための前提は、上記のように

  • 限定ポイントにインし
  • その後に想定が崩れない

と言うこと。

これらの前提条件なくして、功を奏することはないのであります。

すなわち、崩れたら負けと言う綱渡りを常にしなければなりません。

相場と言う名の断崖絶壁で。

そんな危険地帯において、決して崩れやしない、信頼できるチャートパターン、それはあり得るのでしょうか。

はなはだ疑問と言わざるを得ない。

綱渡りにおいては、落ちる時は落ちるものであり、こうすれば大丈夫なんてパターンは存在しない。

そういうことであります。

無限通りのパターン

いつ何どき、どこでチャートパターンが崩れるのかわからない。

これが相場の実際です。

確率が大体80%、そう豪語したところで、次の瞬間に大崩れすれば何の意味もありません。

にも関わらず、たくさんあるチャートパターンを覚えるべきなのか。

別の言い方をすれば、いつ何どき崩れるか否か、それが一切わからない。

であるならば、チャートパターンは無限通りあることになってしまうのです。

と言うことで、チャートパターンは20個あります、などはナンセンスの極みであります。

当方の経験則では、とてもではないが、20個のパターンには収まりません。

では、もしチャートパターンに頼るとすれば、何通りのチャートに分類すれば良いのでしょうか。

相場の類型数。

その答えは、当方の経験則によれば、2種類です。

2種類のみのパターン

チャートパターンは、買いで入る場合 買いのチャートパターン

の1種類、そして売りから入る場合に

売りのチャートパターン

の1種類の、合計2種類です。

他にパターンはありません。

そして、このチャートパターンに即して、損を少なく、利を多くするだけであります。

他に儲ける方法など存在しないのであるからして。

実際の話、これ以外のパターンは、ただ図面の上で、図形をこねくり回しているだけ。

こんな相場格言があります。

罫線屋、線を引き引き足を出し。

足を出すとは、予算を超えて赤字となることです。

あくまで当方の感想的なお話ですが。

さて、本日のトレードは、スイング負け。

ロットは小さく、微損ではあったものの、負けは負け。

あの株を持っていれば2倍になったのにと、またもやタラレバをかましてしまいました。

いつもこんなこと、やってるなあ。

相場はチャンスを拾っていくだけです。

それで利益は出るのですから、それ以上を望むべきではないのであります。

ノーポジ。