株で稼ぐ方法基礎|見逃せないポイント1点!なめたらアカン鬼ごっこ

日経平均月足チャート60年分

株で勝ち続けるための特殊能力。

誰しもあこがれ、誰しも求める勝負師の能力。

一言で言えば、それは何でしょうか。

マーケットの鬼ごっこでほとんど無傷で逃げ切り、利益を積み上げる秘策。

そのヒントがその能力にあるのかも知れません。



お金を稼ぐ基礎知識

株の短期売買に関しては、特に難しい基礎知識がなくても儲けることは不可能ではありません。

値動きへの洞察。

それさえあれば、難しい知識は必要ないとも言えます。

しかし、そのためには特殊な能力がいります。

経験則としての値動きを、写真を記憶するように全て覚えていなければならないからです。

昨日の何か1銘柄の値動き、全て覚えていますか?

寄り付きの株価はいくら位で、高値までどのくらい上がり、安値までどのくらい下げたか、終値は?

翌日くらいまでは覚えていることも多いですが、時間とともに記憶の遥か彼方へ。

そういう人が多いのではないでしょうか。

インデックスとは

インデックスとは、マーケットの動きを代表する数値を意味します。

たとえば、日本株でしたら日経平均株価や先物、マザーズ指数などです。

個別銘柄はこれらの値動きに追随します。

しかし、銘柄によって、そしてインデックスによってその追随する際の値動きは異なります。

それがインデックスと個別銘柄の間の相関性です。

新興市場について言えば、マザーズ指数が上がってからどの新興銘柄が上がり、どの新興銘柄が動かなかったか?

それらの記憶を経験則として覚えておく必要があります。

それが出来れば、どのタイミングでどの銘柄を買うべきかが判断できるようになります。

相関性を記憶。

このあたり、特殊能力と言わずして、何と呼べば良いのでしょうか。

株の初心者が勝つ方法

株についての知識が乏しい、経済関連に明るくない初心者でも、このような記憶力に優れていればトレードで勝ち続けることは可能です。

ですから、自分がそのような値動きの洞察、数値の視覚的な覚え方について得意だと思えるのであれば、試してみる価値はあるかも知れません。

特に株の短期売買においては、そのような値動きのパターンマッチングがある程度有効であると言えます。

ただし、パターンマッチング的投資法が万能である保証はありません。

相場に絶対はないからです。

ある日、ある瞬間、想定していないとんでもない値動きをすることもある、それが相場です。

その時には躊躇(ちゅうちょ)なく損切りできる必要があります。

特殊な記憶力だけでなく、ブン投げる時はブン投げられる男気(おとこぎ)と言うのでしょうか。

市場とは、常に勝敗をめぐるイタチごっこであると言えるかも知れません。

コツコツ利益を積み重ね、それをドカンと失うかも知れない中で、いかに“ドカン” の被害を少なくするか?

それが株式投資の一大テーマです。

市場は米国・日本の追いかけっこ

マーケット全体についてもそれが言えます。

市場全体の動きは、常に一国(いっこく)の市場が先行し、他国の市場が追いかけることを繰り返しています。

日本市場で言えば、まず米国株が大きく上がるか下がるかをし、その後に日本株が追いかけます。

あるいは、日本株に大きな売り材料があった場合には、日本市場が下げを主導する場合もあります。

基本的には米国株先行、下げについては大きな材料があれば日本株が先行する場合もある、そう覚えておいても問題はありません。

ですから、日経平均株価、マザーズ、ジャスダック、為替(ドル円)、そしてニューヨークダウ、ナスダック、S&P500の各指数は、株をやる上で必須とも言える指標です。

年間にしておよそ240営業日。

それを何年かやれば、記憶力の良い・悪いは顕著に表れます。

市場の間での追いかけっこの相関性。

それらを、脳内で写真のように記憶できている人がいれば、株取引で優位に立てることは間違いありません。

もちろん、頭の中に全てを記憶しておかなければいけないと言う訳ではありません。

エクセルの表にまとめておいて、逐一参照すると言うのでも問題ありません。

数値が乱数のように羅列された表。

そこから何かを読み取るためには、やはり何らかの記憶力が必要であろうことは払拭(ふっしょく)できませんが…。


広告

2月20日のトレード結果

例によって、3~4回ほどのチャンスを認めつつ、インしたのは2回。

しかもそのうちの1回は損切り。

利益確定の1回も利幅が薄すぎ。

その後はずっと様子見。

本日は、チャンスが少なかった上、新興株の値動きに弱さを感じ、デイトレには向いていないと思える日でした。

デイトレについては、22営業日目にして、久々に負け。

大損をしなくて助かったくらいです。

【デイトレード売買銘柄】
(買建)6777Santec、9425日本テレホン
(売建)なし

デイトレード新規建売買代金(買建) 概算55万円
デイトレード新規建売買代金(売建) なし
デイトレード損益 -0.3万円
スイングトレード損益 +0.7万円
本日のトータル結果 +0.4万円
今月の損益 +2.5万円
持越ポジション(新規買建) なし
持越ポジション(新規売建) なし
含み益 なし
225オプション なし
関連記事

株式投資の初心者が心に留めるべき値動きに関する事象|価格ラグとは

日経平均株価予想|素直に日本経済についていくのが得策?短期売買克服法

米国株価に追随するスクリーニング投資法|スイングトレードは新興株

半導体指数と米国株、日経平均のダーツ連続投げ膠着チャートを見よ!

株の聖杯|デイトレ一日5000円!株退場から必勝法への遥かなる旅路


広告

勝てない仕組みと理由を研究

  1. 同心円を追加した図

    株のピボットとは|仕組みを理解する法|これでスルー力増強しました

  2. 価格下落の不確実性

    株式投資の初心者が心に留めるべき値動きに関する事象|価格ラグとは

  3. エンベロープを表示したチャート

    よくある株の失敗|大損を避ける為の5選|これで顔面蒼白になりました

  4. 夢に出て来る謎の男の顔

    株のアルゴリズムの仕組みと個人の対策|ピコピコが生き馬の目を抜く?

  5. デイトレードと言う名の砂漠

    株情報をツイッターで集める方法5選|私の理想的タイムライン作成法

  6. フィルターを設定したエクセルの表

    エクセルのフィルターでトレードルールを探す方法|分析はこれが便利

  7. 買いで値が上がり売りで値が下がる図

    デイトレードのコツはエントロピー?短期筋0?駆逐で狙う5つの要点

  8. デイトレードと言う名の砂漠

    なぜ空売りは長く持っていられないのか?保有時間とトレードの関係性

  9. 分類系統図から要素を消去すると

    株のデータ分析|値動きの悪魔から逃れる3段階の方法|私の脱出法

  10. 7本目の足を作成中のチャート

    株の値幅はギャップアップ|デイトレ見送り月末わびさびを感じる展開に

  11. 価格上昇の不確実性

    株の失敗を取り返す2つの対策|リアルな退場脱出法|何これヤバイ!

  12. 4カ所の点を結んで長方形が完成する

    直感による株の売買を避ける5つの方法|時間を味方につけ果実を得る

  13. 東証上場市場の区分け(予想)

    東証の上場市場再編のニュース|4→3分野に移行?どうなるわいらの株

  14. 前日のローソク足とピボット値

    株の値動きを分析する方法|私の3つの考え方|これで丸裸になりました

  15. 12本目の足まで完成したチャート

    株の出来高売買代金|ランキング上位100銘柄と日経平均から相場を見る

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. 900円→1000円の値動きを示すチャート

    2019年11月第3週|日々のトレード結果|損切り連続への忍耐力

  2. 難易度の低い上昇トレンドのチャート形状

    2019年11月第2週|日々のトレード結果|高値更新追っかけたい

  3. ピボット値、高値、安値の関係

    2019年10月第5週~11月第1週|日々のトレード結果|勝つで!

  4. 価格差と現実の利益

    2019年10月第4週|日々のトレード結果|不屈の精神投げ捨て?

  5. 2019年10月第3週|日々のトレード結果|閑散相場つれーつれー

  6. デイトレに適したボトムスの選び方|崖っぷちのパンツに合理性ありか

  7. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年9月月間損益|デイトレード年間損益マイナスが見えて来た

  8. コツコツドカンを図示すると…

    2019年10月第2週|日々のトレード結果|退場秒読み御開帳相場

  9. 波間で溺れる人の図

    2019年10月第1週|日々のトレード結果|オレまだやるの相場乙

  10. 同心円を追加した図

    2019年9月第4・5週|日々のトレード結果|月末プラ転お祈り相場

広告
広告