株大暴落【要注意】私の買い方|恐怖と迷いの膠着状態を乗り切る方法

この記事は約4分で読めます。

結局のところ株は、いったん買いの手を入れたら耐えるしかありません。

ある程度の確信がなければ買ってはまずいのです。

そのためには相場勘を鍛え常にザラバを意識する必要があります。

握力でリスクコントロールをする、そのためのヒント。

私のやり方をご紹介します。

スポンサーリンク

あえて激しい株の値動きに挑む

ストップ安4連続からの5営業日目の寄り付き。

気配は以前の5分の1の価格。

最小単元である100株のみを買い持ちしていたとしても、5分の1とは打撃が大きいです。

これが株の恐ろしさ。

最も激しい谷底の状態を体感する

寄り付き後、「どこかでリバウンドするだろう」、「どこかで大きく上がるだろう」、そんな思惑を持ってチャンスをうかがっていた本日の前場。

思いの他、1分足での値動きは重いです。

最初の“押し目” でインすることはできましたが、これが爆下げ後の新興株かと思うほどの膠着感。

よっぽど損切りして他の銘柄を探そうかと思ったくらいに…。

毎度のことですが、競争が激し過ぎると膠着しがちになるのかも…。

売買代金はみるみるうちに300億円を超え、前引け時点で600億円越え、全銘柄中トップ。

握力で適度な高値まで耐え、やっとのことで降りましたが、いつものデイトレードより難しいことこの上なし。

売買代金第1位の難解な値動き

やはり、あまりに売買代金が上がると、かえって難しくなる傾向はあります。

入って来る注文が多すぎて、板が詰まる感じでしょうか。

では主力の大型株と比べてどうかと言えば、そこは新興銘柄。

値動きの上下動はしっかりあります。

ただ、その動きが読めない上に、膠着した時間も結構あり、下手をすると損切りになります。

読めないものを読もうとするのですから難しいのです。

スポンサーリンク

なぜ売買代金トップの新興株なのか

短期売買の場合、これだけ値段が下がったと言う事実を重視します。

なぜ値下がりしたかについて考えることは、あまり興味がありません。

(私の場合だけかも知れませんが…。)

逆に言うと、値下がりの理由に拘泥(こうでい)していては、おっかなくて買いを入れられません。

そういう短期筋が大勢いるからこそ、寄り付きで買いが100億円分以上も入る訳です。

恐くて買いを入れられない、つまり短期筋が引っ込んでいる状況であれば、さらにストップ安が続いた可能性すらあります。

つまり、恐くて全く手が出ないか、それとも耐えられる程度の恐さかをどこで判断するか?

めちゃくちゃ恐い、怒っている人がいるとして、その人の怒りがどこで収まるか、それを判断するのは経験則です。

顔色や声、その他もろもろの情報から総合的に判断する、いわば相場観。

相場観を鍛える

なぜその人が怒っているかを考えるのも大事ですが、本質的な解決ができない場合(理由が判らない場合)、それ以外の要素で判断し、手を打つしかありません。

「例えば、この人はもう既に20分間怒りまくっている。

そろそろ収まる頃だろう。

ここで相手が喜ぶことを言ってみようか?」

それも1つのやり方です。

意味もわからず謝り倒すばかりでは、かえって怒りの矛先を収めるに収められなくなる場合もあります。

もちろん私は、そういう駆け引きは苦手です。

相場観はいつも模索中…。

スポンサーリンク

あくまで利益が出たら様子見

後場、ふと見るとこの某銘柄、急騰していました。

高値まで持っていれば良かったのに。

毎度こんなことばかりです。

これが世に言う“タラれば” デイトレード。

リバウンドを10%取る、これはデイトレーダーの目標。

そんなに上手くは行きません。

そうかと思えば今度は打って変わって天井から急落。

下げの速度が異常に速く、危ないことこの上なし。

値動きが読めないのはわかっていますので、利益が出た前場の時点で手出し無用と判断しました。

2月5日のトレード結果

節分の豆をポリポリかじりながら、モニターの監視。

気づいたら値動きに熱中し過ぎて、豆を食べ過ぎました。

昼食メニュー、豆、一品のみ。

本日は例の銘柄を見ているだけで終わりました。

他の銘柄はあまり流行っていない様子で、これでも利益が出ただけマシです。

【デイトレード売買銘柄】
(買建)4592サンバイオ
(売建)なし

デイトレード新規建売買代金(買建)概算24万円
デイトレード新規建売買代金(売建)なし
デイトレード損益+1.0万円
スイングトレード損益なし
本日のトータル結果+1.0万円
今月の損益+0.5万円
持越ポジション(新規買建)1銘柄(新興株)
持越ポジション(新規売建)なし
含み益なし
225オプションなし