損切りの頻度

この記事は約3分で読めます。

損切りは少なければ少ないほど良い。

株を始めた当初、そう思いました。

しかし、損切りをある程度上手く、かつ、しょっちゅう行わないと勝てない。

そんな意見も多く耳にします。

本当のところはどうなのでしょうか。

迷いつつ、長年試行錯誤した末、当方なりの一つの結論に至りました。

スポンサーリンク

手数が多いか少ないか

相場でもそうですし、スポーツでもその他の分野でも、手数が多いほうが良いのか、少ないほうが良いのか?

これは避けて通ることのできない問題です。

ボクシングの解説者は「手を出せ、手数が少ない」などと言います。

手数が多いほうが有利なのでしょうか?

全盛期の名ボクサー、マイク・タイソンは、あっと言う間に相手を倒してしまうので、結果、手数は少なかった計算になります。

つまり、本当に飛びぬけた能力があれば、的確かつ効率良く立ち回ることになるので、トータルでの手数は少ない計算になります。

それを真似しろと言われても難しいですが。

確率の問題

手数は確率の問題でもあります。

一発で相手を倒せれば、手数は極小。

出すパンチが全て当たれば、当然にトータルの手数が少なくなります。

そのうち相手は倒れますから。

問題は「当たらねえんだよ」と。

繰り出したパンチが当たらない問題。

確率が低いのであります。

空振りは体力の無駄遣いであり、時間の無駄遣いと言えましょう。

トレードの場合、空振りとは損切りに相当します。

そう考えれば、損切りは少なければ少ないほど良いのであります。

損切り頻度と効率

損切り頻度が高いと言うことは、余計なトレードが多いと言うことです。

余計な手出しをした上で、損切りで難を逃れている状態。

全てが読み切れていれば、そんな無駄打ちはしないのであります。

損切りが多すぎると、そのうち追いつめられ、負けることになります。

窮地に追い詰められてから一発逆転を狙うとか、効率が悪すぎるじゃないですか。

マイク・タイソンのように圧倒的有利さのまま、あっという間に追い込んで、押し切る。

それがどう考えてもベストな戦略です。

効率を上げるためには、損切り頻度を減らしたい、それが最近思うところです。

勝ちを犠牲にする

トレードの場合、利益が出ていれば、次のトレードであえて損切りをすることもできます。

早降りをして、相場を早退するのです。

コーヒーでも飲もうかな、と。

勝てると思うからこそ、その勝負を譲れます。

その次で勝てば良いだけですから。

逆に、負けが込んできますと、次の損切りも躊躇せざるを得ません。

すみやかに損切りができず、ナンピン。

こうなると最悪のパターンです。

一発やらかしたら退場。

それが相場の恐ろしさなのであります。

ワンパンKOが最強

試合開始と同時にワンパンKO。

それがベストの戦略であります。

ただし、それを実現するのは難しい。

せめてパンチの数を減らし、的確に当てる。

そう考えて、当方、お地蔵さんのように突っ立っていたこともあります。

相場が開いている時間、ずっとザラバを監視しているのです。

これも効率が悪い。

手数は出しつつ、的確に当てる。

これを実践したいところです。

本日は運が良かったのか、手数は少なく、利益を出すことができました。

これがいつまで続くのか?

悩ましい日々ではあります。

デイ、損益+19,000円。

新規買建代金総額365万円。

玉は前営業日よりさらに増やし、ワンショット120万円。

トレード銘柄数は3、買い約定回数3、損切り0。

手数は少ない。

しかし、上記のような考え方で、良しと致します。

勝てるのなら玉を増やしたいのであります。

勝ってるうちが花。

そんなところかも知れません。