株の大損を取り返す3つの手法|相場のリスク|御法度トレードに注意

この記事は約4分で読めます。

大損を取り返せるかも知れない危険なトレード方法。

代表的な3種のやり方をご紹介します。

リスク満載ですが大きな利益を得られる可能性。

気軽に手を出せる手法ではありませんが頭に入れておいて損はありません。

知っておくだけなら有用であり十分な用心があれば良いのです。


スポンサーリンク



1.ストップ高張り付け狙い

ストップ高に張り付く銘柄は、毎日数銘柄は必ずあります。

それらの銘柄の翌日の寄り付き価格を調べると、ギャップアップして寄り付く銘柄も少なくありません。

もしストップ高に張り付く銘柄を事前に察知できれば、大儲け出来るかも知れません。

株を始めてしばらくしたら、誰もが考える方法の1つです。

しかし、大事なのは、リスクを十分理解することです。

2.上場廃止銘柄でデイトレード

上場廃止銘柄は、とんでもなく値動きが大きくなることがあります。

平気で10%や20%、場合によっては30%くらい動くケースもあり得ます。

30%も値幅が取れれば、30万円の投入金額に対し10万円近くの利益を出すことも不可能ではありません。。

それが上場廃止株。

しかし廃止銘柄には、たとえデイトレードであっても、究極のリスクがあります。

買った途端に特別売り気配

そのまま1円張付き

廃止日までそのまま売買出来ず

最悪の場合、こうなる可能性もないとは言えません。

とてもではありませんが、普通の銘柄と同じようにトレードするのは難しいです。

3.レバレッジ・信用全力二階建て

株の場合には、信用取引で資金の概ね3倍まで玉を建てることができます。

30万暴威が2000円の利益しか出ない場合でも、3倍の利益、すなわち6000円となります。

これを繰り返していくと(そんなことが可能であればの話ですが)、雪だるま式に資金を増やすことも理論上は可能です。

誰しも最初はそんなことを夢見ます。

しかし、これもリスク満載の危ない手法。

けっしておすすめはできません。

信用取引のレバレッジについては、信用全力二階建てをするのではなく、適切なポジションサイジングを取る際の助けとするべきです。

食らってしまったら、時すでに遅し。

一発退場です。

充分にご注意ください。


広告


株式投資の理論と実践

何をやるにしても、理論だけでは役に立ちません。

実験を繰り返した結果、どうもこうらしいと言う仮説を打ち立て、証明したものが理論です。

最初にあるものは実験。

確かにすでに確立された理論なら、それを学んだ上で実践に役立つこともあるでしょう。

しかし、こと株式投資に関しては、確立された教科書に載るような理論は公開されていません。

ザラバで試行錯誤を繰り返し、自分で重要な何かを得なければなりません。

株式投資で必要最小限の知識とは

投資とは立派な経済活動。

全く知識がない状態で、経験則だけで動いて上手く行くかと言うと、それも疑問です。

株式投資において、必要最小限の知識とは何でしょうか。

テクニカルの知識でしょうか。

それともファンダメンタル?

少なくとも短期売買において、ファンダメンタルの情報はあまり必要ありません。

しかし、テクニカルの情報に詳しいからと言って、利益を積み重ねることはできるのでしょうか?

その答えは“NO” です。

少なくとも私に限って言えば、株のツールにおいてあらゆるテクニカル指標を使ってみた結果、はかばかしい効果があったとは言いにくい状態です。

大損を取り戻す方法を探す日々が続きます。

1月25日のトレード結果

デイトレード資金30万円割れのため、信用枠がなくなっている本日。

ノートレのまま終わろうかと思っていましたが、現物取引で思わず手が出て薄利。

実質、開店休業状態。

2019年、年初から何とも冴えない状況ですが、損をしなかっただけでもマシ。

【デイトレード売買銘柄】
(買建)9424日本通信
(売建)なし

デイトレード新規建売買代金(買建)概算27万円(現物)
デイトレード新規建売買代金(売建)なし
デイトレード損益+0.2万円
スイングトレード損益なし
本日のトータル結果+0.2万円
今月の損益-9.5万円
持越ポジション(新規買建)なし
持越ポジション(新規売建)なし
含み益なし
225オプションなし

広告