デイトレ終了

この記事は約3分で読めます。

このたび、デイトレをやめようと思います。

別の言い方をするならば、退場でございます。

相場をあきらめ離脱となります。

(またかよ。)

なぜこの結論に至ったのかと言いますと。

さよならの理由は以下であります。

スポンサーリンク

元凶はデイ

デイで削る。

これを繰り返してきました。

利益が出ても、デイで吹っ飛ばす。

損が出た時には、デイで傷を広げる。

元凶はデイなのであります。

本日も損の上塗り。

あろうことか、レバをかけて損切り。

確率90%以上の確信を持って入った銘柄が、泣かず飛ばず。

読みが全然当たっていないのであります。

そして、デイを克服しようとして、かえって足を引っ張る。

これはあきまへん。

デイがあかん理由

デイは利幅が狭い。

利幅を広げようとしますと、半分スイングのようになります。

デイをデイで完結させるためには、すぐ降りなければなりません。

結果、自然と利幅が狭くなるという仕組みであります。

これに対し、損切りの幅はどうか。

損切りの幅は狭くするに、限界があります。

たとえば、微妙に含み損の場合には、戻ると思う訳であります。

これがまずい。

最初に利幅が狭くなっているところへ、損切り幅の拡大作用が発生するのであります。

これに対し、スイングはどうか。

スイングのアレ

スイングも原則はデイと変わりません。

当方の場合、極めて短期のスイングトレードであります。

しかし、一つ、明確に違う点があります。

それは、日をまたぐと言うことであります。

この日をまたぐことによって、利幅が伸びる。

そもそも、上がると思う銘柄しか買いません。

上がらなきゃ、買い持ちしないのであります。

ですから、損切りもそこそこの位置で切れる、と言うシステムであります。

そして利確をする際、ギャップアップが入る分、損切り幅より大きく動いてくれる場合が多い。

結果、トータルではそこそこ上手くいくのであります。

なぜ、デイではそうならないのか。

デイはGUしない

デイでは、きわめて短期で降りるために、GUすると言うことがないのであります。

ギャップアップしない=利幅が狭い、と言うことです。

デイトレの通算回数は、おそらく何千回あるいは何万回やっていることになります。

しかし、ギャップアップ、すなわち特買いになったことなど、そのうち数えるほどしかありません。

デイにギャップアップなし。

このギャップアップが取れないと、効率が悪いのであります。

非効率過ぎる。

その非効率を試行回数で抑えるというか、小分けにして乗り越えると言うのが、できないのであります。

例えば、今朝、複数持ち越していたスイング玉の中には、大きくギャップアップし、1銘柄で他の損失を打ち消すほど値幅が取れたものがありました。

そういう銘柄を持ち越すように、日々努力しているのですから、当たり前と言えば当たり前です。

しかし、デイにはそれがない。

最初からギャップアップ、すなわち厚めの利幅を取ることなど、予定するどころか期待すらしていない。

そういう仕組みになっているのであります。

鬼に金棒問題

確かにデイ・スイング、両方で取れれば、鬼に金棒であります。

資産急増も十分可能。

しかし、であります。

世の中そんなに甘くない。

ここまでやってダメなら、諦めようかと。

挫折にして完結する相場。

これも一つの形であろうと。

退場。

そんな結論に至る。

ギャップアップ手法とは?

本日の結果は、デイ負け、スイング負け。

スイングは上記のような事情により、微損で済みました。

しかし、問題はデイ。

レバをかけて大型株へ入ったところ、動かへん。

じりじり下げて来る。

頑張って忍耐して、じーっと頑張って、最後にぶん投げ。

尾張。

終了。

さようなら。

さよならのついでに、いろいろクソ株持ち越し。