戻り相場についていく方法

この記事は約4分で読めます。

相場の中級者と上級者の違いは何か。

そう問われれば、当方、戻り相場についていけるかどうか、と答えます。

相場が下げてから、戻るかどうかはわかりません。

リーマンショックの大底でも、それは読めませんでした。

どんなに安値を取ったとしても、明日戻るかどうかはわからないのです。

しかし、戻る時にはすんなりと戻していく。

後付けで戻した理由が囃されます。

そんな理由、何の役にも立ちません。

大事なのは、あくまで戻りについていけるかどうか。

論より証拠で戻り益を手にした者のみが、相場の上級者であります。

そんな思いを胸に、当方の考える戻り相場の手法をまとめました。

スポンサーリンク

ロットをおさえる

確かにロットをぶちこまなければ、たいした利益は得られません。

しかし、いつも大勝負をしていたのでは命がいくつあっても足りない。

相場はそんなに易々とチャンスをくれる相手ではありません。

本当のホントにチャンスだと思った時以外は、ロットをおさえなければなりません。

ロットが小さくても、利を伸ばせば問題ない筈であります。

なぜロットを大きくしたくなるのか。

その答えは、易々と儲けたいからであります。

そうではなくて、おさえたロットでどこまで伸ばせるか。

これが戻り相場で足元をすくわれない条件の筆頭であります。

下げても逆行する銘柄

買い持った途端、相場の下落に寄り添うがごとく、どんどんやられてしまう。

これが良くある下げ相場の失敗であります。

世の中、下げに同調する株ばかりであるからして。

原則、そんな銘柄を買ってはいけないのです。

下げに逆行する銘柄を探す必要があります。

全体相場が下げるごとに、この下げ逆行銘柄について研究するべきであります。

この銘柄が買えていれば、相場が戻した場合には素直に戻りが取れます。

底割れした場合も何とか微損で済ますことができる。

すなわち、銘柄研究であります。

戻り相場を攻略たらしめる前提は、この準備作業です。

分散する

ロットを下げ、相場に逆行し上げそうな銘柄を買った。

準備は万端であります。

しかし、相場の一寸先は闇。

下げる時は思い切り下げるのです。

この相場の不条理にわずかでも対抗する手法、それが分散する、と言うことです。

よほどチャンスであると判断できた場合以外は、1銘柄に全力投入してはなりません。

分散し、全面負けを防ぐのであります。

土台、ピンポイントで値動きを読むことはほとんど不可能です。

分散により、ストレスも減らせます。

効率も若干落ちますが。

戻り相場に常に追随するには、目的にかなった行為であると言えます。

深追いしない

利を伸ばすのは良いのですが、相場は思い通りになど行きません。

利益がある程度出れば良いのであります。

当方の感覚では、投入資金に対し、利益率が

  • 1~2%で微益
  • 2~3%でそこそこ
  • 3%以上で合格ライン

と目安を決めています。

もちろん常に合格ラインを目指しているものの、なかなか難しい。

微益が取れれば十分であります。

損失率について言えば、

  • 0~1%で微損
  • 1~2%でそこそこやられ
  • 2%以上は不合格ライン

としています。

損切りの方が目安を厳しく設定しています。

その上で、不合格ラインまで深追いすることのないよう、注意しています。

常に次を探す

深追いをしないと言うことは、常に次を探す、と言うこと。

銘柄に拘泥してはならないのです。

当方の場合、前場中にはたいてい仕切っています。

相場が悪ければ、寄りと同時にぶん投げ。

なぜなら、次の銘柄を探すためです。

世の中、次を探した方が上手く行く場合が多い。

準備が万端なのであれば、全て出し尽くしたと言うことで、あきらめもつきます。

まずいのは、踏ん切りがつかなくなり、含み損をやたらと耐えてしまうこと。

たいていの場合、それは準備が不十分であるからです。

上がる銘柄を買えていない、あるいは、その確信が持てていないと言うこと。

だから裏切られた時に、すっぱり切れないのです。

確信があるからこそ、裏切られた時に迷わずカットできる。

相場はそんな心意気。

さて、本日の結果はスイング勝ち。

利幅的には微妙。

がっつりいきたかったのですが、まあこんなものですか。

米株が思ったほど下げない。

こういうのが一番やりにくいですな。

爆下げしたら買って行くだけですから。

しかし、今一つ煮え切らない。

当面ロットをおさえて戻りについてい行く感じ。

やばそうな株いくつか買い持ち。